プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
嵐山温泉:嵐電・嵐山駅 駅の足湯
180212 嵐山温泉:嵐電・嵐山駅 駅の足湯

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町




京都の続き。

嵐電の嵐山駅は、以前行った時より、すっかり華やかになっていた。

そんな駅のホームに、足湯を発見。

嵐山足湯1

有料で200円。

寒い中に足湯。
なかなか悪くない。

嵐山足湯2

ちゃんと成分表も掲げられていた。
お宿と同じだったけど。

観光地でこういうのもいいなあ。

(成分表)
渡月亭と同じ


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

嵐山温泉:渡月亭
180212 嵐山温泉:渡月亭




今まで沢山の温泉宿を利用し、ではどこが一番良かった?と聞かれると、実は暫定一位でこちらのお宿だった。
ただ、以前、初めて宿泊したのが、10年前のことで、
それからの方が色々なお宿に泊まってるので、どうだろう?今も一位かしら?などと思ってみる。

ということで、確かめに行ってみようシリーズ。(新たなシリーズだ!)

温泉が良かった印象は全くないのだが(おい)、
お宿の雰囲気と、香りと、料理と、スタッフのホスピタリティーと、都言葉がとってもとっても良かった印象。


くしくも連休の渡月橋。
外国人が多かった・・・。

渡月1

渡月橋を渡って、この渡月亭はある。
嵐山温泉の老舗旅館。

渡月2

玄関を入った瞬間のお香の香りに、「ああ、これこれ・・・」と記憶がよみがえる。

ロビーに通される。

渡月3

素敵・・・。

ウェルカムドリンクは、お抹茶。
京都っぽい・・・!

渡月4

早速ゆのきろく。

先ずは大浴場。

渡月5

誰もいなかったー。(ので写真を撮ります。)
脱衣室は、脱衣棚が並ぶ。
アメニティーも素敵なものが完備。

どこに行っても、香のにおいがするのが、もうね、すごくいい!

浴室は、比較的広々。

渡月6


洗い場は10か所くらい。
これもアメニティー完備。いうことなし。
立ち寄りはできないんじゃないかな・・・(確認はしてません)


この大浴場とは別に、貸切風呂「月読ノ湯」もお借りした。
45分2500円。

入って第一声。

「広っ!」

渡月7

洗い場は二つ。大き目の浴槽があり、湯口の近くは、ごくごく浅い湯舟となっていて、寝湯として使える。
こりゃいい!

泉質は「単純温泉」。

記憶通り、個性豊かな温泉、というわけでは決してない。
多分、湯量も少ないのだと思う。
貸し切り湯ですら、循環の加温。

でも、それでも、来てよかったなーという感じのする旅館だ。

10年前ほどの感激はないとしても、やっぱり良いお宿だった。
次もまた10年後かしら(笑)

(成分表)
渡月


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

ふれあいセンターわくわく川辺

180120 ふれあいセンターわくわく川辺




以前のゆのきろく → ☆☆☆




南薩での仕事帰り、さあ、今日はどこの温泉に入って帰ろうかなと考えられるのは、とても幸せなこと。

すっごく久しぶりの来訪になったが、良い印象だったこちらへ伺う。
温泉ソムリエになる前に行ったきりだからね、成分表を見たかったというのもある(笑)

夕方の時間だったが、まずまずの人。
ちょうど、家族連れが多く帰るところだったので、いい時間だったのかも。

スーパー系の温泉施設ではあるのだが、やっぱり、私ここのお湯好きだと再認識。

わくわく2

以前は、ほんのりと硫黄の卵臭がしたように記憶してるのだが、今回はそれはなかった。
しかしながら、つるっとする気持ちの良いお湯。

成分表をみて、「あら」!と。

泉質は「単純硫黄泉」なんだね!
川辺はつるとろな「単純温泉」が多いので、ずっとそうだと思ってたけど。
ということは、前回硫黄の香りを感じたのは、あながち間違いではなかったんだ。

まあ、成分ほど、硫化水素(硫黄)は感じないが、それでもいいお湯だなと思う。

設備も整ってるしね。
ドライヤーも、ガッツのあるのが無料だし、そういうのはまた行くきっかけに、すごくなる。

露天も独り占めでした^^

わくわく1

いいお湯に入れて満足。

(成分表)
わくわく

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


霧島温泉:いやしの里松苑
180109  霧島温泉:いやしの里松苑

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930




年末年始の疲れが出たころ、ちょいと近場の温泉旅館にお泊りなど。
霧島丸尾温泉街のど真ん中にあるこちらの旅館へ。

松1

この日は、ちらりちらりと雪も降っており、その分、湯気が幻想的で素敵な日だった。

りっぱだけど小さなお宿。
こぢんまちとした和風の旅館が好感が持てる。
本館と離れとあるそうだが、今回は一泊12000円程度の本館へ。

松2

お部屋は2階に5部屋。
THE温泉宿なお部屋。

松3

窓の外からは、新しくできた橋が見事に見え、
温泉の噴気もまたいい感じで見える。

松4

お部屋と同じ階に、貸し切り湯があったので、まずはそちらに。

松5

脱衣所にはタオルが積まれ、使い放題!←その表現はやめなはれ。

化粧水などのアメニティーはないが、浴室にシャンプーなどはある。

松6

露天風呂でっせ。
いい感じ♡

続いて、大浴場へ。

脱衣室には脱衣棚がならび、こちらもタオルが積んである。
トイレと洗面所があり、ドライヤーもあった。

松7

ありがたいことに終始貸し切りの大浴場。
(立ち寄り湯はやってないようです)

松8

洗い場が5つくらいだったかな。

浴槽は、大きな浴槽と、「ぬるゆ」と書かれた小さな浴槽がある。
ぬるゆもそんなにぬるくはなかったけどね。

熱いな!と思い、ではまずは露天に入ろうと、露天風呂へ。

松9

(むっちゃ青っぽく撮れているではないか!)

黒い目隠しには戸がついており、

松10

開けると景色が見えるのだよ!

寒い日だったせいか、外気温で少し冷まされた露天風呂がとても気持ちよかった。
十分に温まってから、内湯に入ると、これもこれで気持ちよいのよ。

泉質は「単純硫黄泉」。

霧島はこの界隈独特の硫黄泉で(主観です)
甘みのある卵臭というよりは、ちょっと鼻につく酸味のようなえぐみのような香りがするのが特徴。
・・・というか、この香りをかぐと、「ああ、霧島の硫黄泉だなあ」と思う私。

ほんのり白い湯の花がういていて、硫黄のゆで卵臭はほんのりするけども、味は無味、透明。
とろみやつるつるもほとんどないが、床を白く染める析出物がなんともぐっとくる。

ついでに、夕食。
部屋食でした。
(実は、部屋食でないほうが好きです、私は。でも、部屋食しかなかったのですけどね)

松11

おいしかったなー。満足でした。

これまた蛇足ですが、ビールが「西郷どんどん!」

松12

NHK大河ドラマ「西郷どん」も始まり、鹿児島はますます熱いです!
楽しみな一年ですなー。

(成分表)

松

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

ひかりの郷
171227 ひかりの郷

鹿児島県出水市高尾野町大久保 5591




年も開けちゃいました。
このブログ、2012年の1月に始めまして、早6年めに突入しました。

当時、仕事の後輩に

「そんなに毎日温泉行ってるなら、ブログとか書いたらどうです?ゆはなさんのセクシーショット付きで!」

と言われ、そかそか、ブログ、いいかも!と思ったのがきっかけ。
無論、世間のお目汚しになるセクシーショットなどはないけどさ(苦笑)

以降、温泉ソムリエ取ったり色々温泉関係でご縁もいただき、感謝しきりです(なにに?)

どうぞ、本年も、この愚ブログ「ゆのきろく」をどうぞ宜しくお願いいたします。(たまに見てね、くらいで)




さて、そんな新年早々、昨年末に行ったゆのきろく。

出水市高尾野に新しくできた施設。
・・・と行っても、オープンして一年半たつけど(笑)

何回か来訪したのだが、いつものパターンで定休日だったりと、入浴に至ってなかったのだが、
今回、仕事で出水方面来訪の際、寄ったら開いてた♡

DSC_2445.jpg


こちら「ひかりの郷」。福祉施設・・・というか福祉推進施設というのかな、それに併設された温泉が一般開放もされている。
入湯料は390円。
発券機で購入し、受付に渡す。

やや施設の方の説明が、長すぎて煩わしい印象を受けたが(こらこら)、
それくらい施設について丁寧に説明をしてくださる。

福祉関連の施設という印象はあまりなく、広々とした空間に明るい光が差し込む気持ちのよい空間だった。

DSC_2459.jpg

昼食も摂れるとのことで、昼食も。
ワンプレートランチ。すごい量だった・・・。満足。

DSC_2461.jpg


さて、温泉。

一回の入浴人数を制限しているそうで、別棟の浴室へ行く際に履き替えるスリッパの数がその制限人数だそうだ。
とはいえ、30人分くらいあったかな・・・。
浴室の大きさから行っても、さほど気になる人数ではないかも。

スリッパを履き替え、別棟の浴室へ。

DSC_2446.jpg

脱衣室は脱衣棚のみ。
浴室が広い分、やや狭めには感じるけど、ドライヤーもあるし、もう充分。

DSC_2448.jpg

浴室は、サウナがついているものとそうでないものと2つあり、
一ヶ月置きに男女で交代になるそうだ。
この日は、サウナのある方だった。

DSC_2451.jpg


洗い場は10くらい。
アメニティーは完備。


DSC_2456.jpg

浴室の2面は大きなガラス戸でなんとも明るい。

時間が時間だったからね。
私、終始貸し切りの贅沢!

露天風呂もあり、その横にまた別棟でサウナがあった。(猫脚の小さな水風呂もあった)

DSC_2453.jpg


泉質は「単純温泉」。

温度が低いので沸かしてあるようだが、なかなか悪くない浴感だった。
主な成分は重曹になるのかな。
ややつるつるしていて、緑透明に濁っても見えるお湯。

味は殆どしないけど、成分表でみると、カルシウムイオンと鉄イオンが少々多めに感じる。
出水界隈って、白い析出物がつくカルシウム多めの温泉とよく出会うので、
その流れだよなーと思いながら入浴。

いやはや、気持ちよかった。
単純温泉が単純でない所以。

施設がしっかりしている分、ゆっくり入れる印象なので、
この界隈に来たら、また入りたいな。

いいお湯をいただきました。

(成分表)
DSC_2449.jpg


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ