FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
三瓶温泉 亀の湯
191016 三瓶温泉 亀の湯

島根県大田市三瓶町 ロ357-5




一度は行ってみたいと思っていた三瓶温泉。
通りかかりではあるが、こちらの公衆浴場へ。

三瓶亀1

ぱっと見、通り越してしまいそうなほど街になじんでいる。
きっとなくてはならない公衆浴場。

三瓶亀2

入湯料300円を料金箱に入れる。
上に神様がいる。こういうの、本当に大事にされている感じが表れていていいなと思う。

三瓶亀3


男女分かれて、女湯へ。
脱衣室は、脱衣棚(一部鍵付き)が並ぶ。
古さと風情があるが、綺麗に清掃されており、とても清潔。

三瓶亀4


浴室の引き戸を開けると楕円形の浴槽がお目見え。
なんともまあ風情のあること!

三瓶亀5


緑茶がかったお湯は、私の好きな土類系であろうと推測できる湯の色。

浴室のレトロさも、これだけで絵になる。
三瓶亀6


こちらの温泉、本来は夕方からの営業だそうだ。
でもこの日お昼だったが、空いていた。空いてはいるが加温はしてない、ということ。
源泉温度36度。低いため、夕方以降は加温するのだそうだ。

ということは、私の入った時間は加温なしの、文字通り源泉のまま!
36度とのことだが、それよりは少し温かめに感じた。冷たくはない、限りなくぬるいといった感じ。

湯口らしきパイプは、浴槽に届いておらず流されていたけど、
それとは別に湯船の中央に立ち上がった湯口からもお湯が注がれていた。

泉質は土類系かと思いきや「ナトリウム-塩化物温泉」。
金属系のイオンもまずまず入ってはいるが全体的に優しめの温泉。
塩気よりは、ほのかに金属の香りがし、色の割にはクリアな味がした。
かるくつるつるというよりはしっとりした感じのある、気持ちの良い浴感。

三瓶亀7

終始独り占めの入浴だった。
ぬるいのにね、入ってるとぽかぽかしてくるからすごい。

山陰の温泉も楽しいものばかりだ。


(成分表)

三瓶亀

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2019/12/20 00:10] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する