FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
湯之谷温泉
190506 湯之谷温泉

宮崎県宮崎市高岡町小山田1392




宮崎ドライブの続き。
行ってみたかったこちらへ行ってみる。

ゆのた1

うーん。いいね。
そそられる風情だ。

ゆのた2

奥に続く受付へ行き、420円払う。

女性の方がいらして、「どこから来たの?なぜここを知ったの?」など問われる。
そのまま一緒に浴室まで行き、一人入ってらっしゃる方に
若い方がいらしたわよー!」と伝える・・・。

いや・・・若くないからね・・・。

ゆのた4

歴史のある冷鉱泉らしい。わくわく。

脱衣室は脱衣棚が並ぶシンプルさ。

ゆのた3

浴室は、浴槽が一つ。
洗い場(シャワー無し)が4か所程度かな。

ゆのた5


ゆのた7

冷鉱泉を沸かしたものとそのままのものとが注がれる蛇口がある。

男湯との隔て部分もレトロで、効能など書かれている。いい感じ。

ゆのた6

先に入ってらした方が、とってもとってもおしゃべりで、楽しい会話ではあったのだが、
私には終始自由がなく、せっかくの冷鉱泉も口に含んだりはできなかった・・・。
いや、でも楽しかったし、堪能したんだけどね。


泉質は「ナトリウム-炭酸水素冷鉱泉」。重曹の冷鉱泉。
炭酸イオンが100mg超えているのも特記すべきことかな。

なかなかつるつるする冷鉱泉で、沸かしたお湯は独特の香りとやや赤茶けた色を放つ。
循環はしていないとのことだが、かけ流しというわけではなく、
大隅半島の冷鉱泉にもある感じの、湯量の多くない冷鉱泉を大事に使っている感じの印象。
必要に応じて蛇口から足す程度と思われる。

浴感のつるとろにも感激したが、早々に汗が出てくるほど温まることに驚いた。
とはいえ、重曹泉なので、浴後のべたつきなどもなくさっぱり。

むむむ。これはいいお湯だ。


今回はおしゃべりなおばちゃんにつかまって、少々消化不良なので、また行ってみたいと思う。
うん。いいところだった。


(成分表)
ゆのた

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する