FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
伊東温泉:東海館 
190223 伊東温泉: 東海館

静岡県伊東市東松原町12-10




伊東温泉を代表する観光施設。
威風堂々、昭和3年築の唐破風の玄関と、特徴的な望楼が美しい建物は、元温泉旅館。
約20年前に廃業した後、伊東市の文化施設(指定文化財)となったそうな。

いいね。川沿いの建物がとても映える。

伊東4

玄関は、やや狭い路地沿いにある。
昔のメイン通りだったのかな、この通りには古い建物が点在していた。

東海館1

東海館2


通常は建物の見学が200円。建物内の温泉入浴が500円。
この日は2月23日で、「富士山の日」だからということで見学料は無料!

建物内は、望楼まで上がることができ、伊東市内を一望できる絶景。
天気が良い日には富士山も見えるのかもしれない。
随所の細かい設えも、凝った意匠が見受けられ、それだけでもほんとに貴重なものが見れる。

東海館3


さて、ゆのきろく。

そんな建物の1階奥は公衆浴場がある。
小さな浴場と大きな浴場があり、時間によって男女交代するそうだ。

東海館4


小さな浴場はせいぜい3名ほどしか入れない広さらしいが、
運良くも、我々が行った時間は、大きな浴場が女湯となっていた。

脱衣室は脱衣棚が並ぶ。ロッカー、アメニティー、ドライヤーはなし。

東海館5


浴室は、円状タイル張りの浴槽が一つ。(湯気もくもくだし)

東海館6

大きな浴場といっても、うーん。10人は入れるかな、というくらい。

洗い場は4つだったかな。

湯口が狛犬・・・いや、唐獅子。結構大きく堂々としている。立派。


東海館7


浴槽全体は改装しているから古さを感じるというほどではないが、
湯口は当時のものらしい。

お湯は、うん。・・・うん。 ←おい。
建物に圧倒されたが、お湯の個性はほとんど感じない。(こら)

泉質は「アルカリ性単純温泉」。
海に近いのに塩泉ではないのね。
源泉温度26.3度なので、本当にぎりぎり温泉といった感じなんだな。
(単純温泉に関しては、基本的に25度からが温泉となる)

無色透明無味無臭。
とはいえ、消毒の香りもするわけではないし、嫌な感じは全くない。
冷えた手足の我々には、気持ちの良い入浴となったけどね。

伊東にて、まずは一湯。
ありがたや、ありがたや。

(成分表)
東海館

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する