FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
原鶴温泉:やぐるま荘
181208 原鶴温泉:やぐるま荘

福岡県朝倉市杷木久喜宮1890




まだね、12月のお話が続きます・・・

福岡原鶴温泉オフ会での宴会&宿泊はこちらのお宿。

やぐるま1


原鶴温泉全体が、だいぶ昭和感があったのだが、こちらも負けず劣らず昭和な感じ。
なんともまったり落ち着いてしまうのは、やはり昭和の人間だからか?・・・(おっと)

宴会会場だから、何気にそこに泊まっただけという感じだったのだが、
宴会料理もとっても美味しく驚いたほどだった。←やや失礼。




さて、ゆのきろく。

浴室は1階の奥の方にある。
なんとも可愛らしく素敵な暖簾。

やぐるま2


数段階段を上がり、脱衣室。
結構広いよ。

脱衣棚が並び、ドライヤーも完備。

やぐるま3


そして、浴室はどーん!!

ひろっ!立派な岩風呂。
これに露天風呂まである。
ジャングル風呂バリにすごい迫力だ。

が。入ってまた驚いた。
これも想像していたよりずっと素晴らしいお湯だった!←だから失礼だって。

やぐるま4


泉質は「単純温泉」。

気持ち熱めに感じるお湯は、私好み。
pH7.9とのことだが、その感覚よりもずっとつるつると感じた。
そして、特記すべきは、その香り。

結構甘めな、でもしっかりとした硫黄の香りがする。
硫化水素イオンは1.7mg。2.0mgで硫黄泉になるから、限りなく硫黄泉だね。

つるとろふわりな温泉は、なかなかどうして唸るほどに気持ちが良い。
料理といい、温泉といい、一緒に行った友人と「あたりだったね!」と言い合った次第。

翌日、界隈の湯めぐりをする予定だったのだが、
ワタクシこの夜の宴会で、正体不明になるまで美味しいお酒もいただき、
おかげで、したたか酔いましてん、翌日は生ける屍と化し、げーげーやってました・・・。
・・・ので、くしくも折角の原鶴温泉、翌日は入浴せず仕舞いっす。

思ったより行きやすい場所なんだな、とも思った。
また行かねば、だ。

(成分表)
やぐるま荘


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する