FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
栄之尾温泉:緑渓湯苑(霧島いわさきホテル )
171103 栄之尾温泉:緑渓湯苑(霧島いわさきホテル )

鹿児島県霧島市 牧園町高千穂





霧島いわさきホテルが、建物老朽化(耐震補強その他)の為に、あと数日で一時閉館するとのことで、
そういや、私、緑渓湯苑いってないや、ってことで行くの巻。

栄之尾温泉として歴史の古い温泉。
薩摩藩主も利用する湯治場としても栄え、坂本龍馬が訪れたエピソードも有名。
(先の大河「龍馬伝」ではロケ地として使われたのも有名ね)

場所としてはいわさきホテルより数百メートル山手にあるわけだが、今は、いわさきホテルの敷地内。
「緑渓湯苑」として、立ち寄り湯でも入浴できる。

立ち寄り湯だと、いわさきホテル内の温泉とセットで1550円。

緑渓1


大浴場の脱衣所で、緑色の専用の湯浴み着に着替えて、その格好のまま、車で連れてってくれる。
(でもさ、中は裸の湯浴み着のまま、車をロビーで待つのは、落ち着かないものね・・・)

自分で運転するのは遠慮したいような山道を2分位進むとつく。

簡易な建物?テント?の中に脱衣室がある。
ここで帰る前に、渡された浴衣に着替えるところ。

緑渓4


こちら、混浴です。
湯浴み着来てるから、私でもはいれますが。

緑渓3


渓谷沿いに、幾つかの湯船がある。

それぞれ、橋を渡ったりして行かなくてはならないけど。

緑渓2

ちょっとした歴史の案内もあり。

緑渓5

野湯!って感じのロケーション。
甘い硫黄の香りが付近に漂っている。

お湯はどこからか配管でもっていきて注がれている。
しかし、湯船の中は、ぬるいところと、湯口から近いのに熱いところとあったから、
もしかしたら、足元から湧出しているところもあるのかもしれない(未確認)。

緑渓6

なんとも絶妙な湯加減の部分を自分で探す。
葉っぱや虫もいたりして、ひえー!ってときもあったけど。

緑渓7

緑渓8

これは確か「義弘の湯」だったと思う。
ここだけは湯口が白濁していて、印象的だった。

緑渓9

久しぶりの硫黄泉。
いいお湯だなあ。

裸にあと一枚を羽織っての行き来がちょっと、もやもやしたけど、行ってよかった。




さて、霧島いわさきホテル。建物の老朽化に伴い耐震強度が足りずに一時閉館に至ったそうだ。
その再開は未定とのこと。
表からは見えない奥にも、従業員宿舎など様々な建物があるらしい。

個人的には、繁栄期の60年台風意匠の建物外観も見受けられ、
どこまでを残し、どこまでを解体するのかは知る由もないが、少々もったいないなと思う部分もある。
持ち主が、それらを活かして上手に再建されることを切に祈るのみだ。


(成分表)
こちらにはなし。
多分、本館の温泉と同じような感じかと。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

コメント
栄之尾温泉
突然のコメント、失礼します。
明日で、霧島いわさき温泉が休業になりますね。
私も先日、訪泉しましたが、台風の影響でガスが多く、綺麗に写真を撮ることはできませんでしたので、綺麗な写真を撮られてうらやましいですね。
今後も、南九州の温泉情報の参考にさせてもらいますので、よろしくです。
[2017/11/04 20:25] URL | ここん #TT0fzUCU [ 編集 ]

Re: 栄之尾温泉
ここんさん、コメントありがとうございます。
少々寒く、ポツポツと雨が降ったりした日でしたが、それも良かったのかもしれません。
休業は残念ですよね。
[2017/11/07 12:51] URL | ゆはな #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する