FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
京町温泉:鶴の湯温泉
171002 京町温泉:鶴の湯温泉

宮崎県えびの市水流39




えびの散策。
以前も行ったことがあり、駐車場に車を止めて色々考えて結局入らずに入ってきた温泉に再訪。

メイン通りから細い坂道を入る感じが好き。
(私の下手くそな運転ではひーひー言いながらだけど)
ちなみに、裏から(?)だと車ではもっと来やすいかも。

鶴の湯1

えびのの京町温泉には、なんともぐっとくるレトロな共同浴場がなんと多いことか。

こちらの共同浴場は、組合が運営しているが、一般の人も200円支払えば入湯できる。

鶴の湯2

可愛らしい料金箱へイン。

ちなみに建物の外で男女別れているが、中に入ると繋がってる(笑)
脱衣所は見えないけどね。(多分・・・(笑))
ちなみに写真のむこうに見えてるのは男湯の入り口・・・(笑)

鶴の湯3

脱衣室は脱衣棚が並ぶ。
ロッカー、ドライヤー等はない。
奥にトイレはあった。

鶴の湯5

でもレトロな体重計はあるよ(笑)

古いけども、とても清掃が行き届いており、とっても清潔で好印象。


この日、ありがたいことに、最初は貸し切りだった。

浴室は、Rを描いた浴槽が一つ。
いい感じ。

鶴の湯6

洗い場は、水道?が2箇所ほどあったが、常連の方々も、浴槽のフチに座って体を洗っておられた。
(常連さんに従います、私は。)

天井も、波板!この感じにキュンキュンきてしまう。

鶴の湯7


あとから常連さん達が、次から次にやってきた。
みんなとても、全てを丁寧に扱い、大声で話をするわけでもなく、なんとなく上品な方が多いなと感じた。

ここで他と違ったのが、常連さんはみんな洗面器を3つづつ持参していたことだ。

1つは、かけ湯などを行うために使い、
あとの2つには、湯口から新鮮な(やや熱めな)お湯を汲み、冷ましておく。

なにに使うのだろうと思ったら、
上がるときに一つの洗面器のお湯を体にかけ、
それからもう一つの洗面器のお湯で手ぬぐい(タオル)を洗って絞り、それで体を拭いてあがっておられた。

まあ、なんと、理にかなったことをされているのだろう!

これは温泉ソムリエセミナーでも講義される内容だ。
温泉の成分を入浴後も効果的に取り入れるなら、この方法を、といったもの。(泉質や体質にもよるが)
それを、この地域の方々は、日常から当たり前にやっているのだ。

感激・・・素敵。


そんな、こちらのお湯。
泉質は「ナトリウム・カルシウム-炭酸水素・硫酸塩泉」。

吉松温泉郷と近く、スモーキーな香りのする重曹のモール泉。
えびのの方へ行くほど、ちょっとカルシウムが多くなっていく気がする。

鶴の湯4

ほのかに茶色いつるさらの良泉。
本当に気持ちが良い。

地域の方といい、佇まいといい、いい気持ちで帰路につけた一湯。
本日も良い湯をいただきました。

(成分表)
鶴の湯


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する