FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
七里田温泉下湯共同浴場
170903 七里田温泉下湯共同浴場

大分県竹田市久住町大字有氏七里田




かごんま温泉師範より聞いてから、ずっと行きたい!と思ってたこちらの温泉にやっと行けたの巻。

近くの日帰り温泉施設(結構立派な施設よ)七里田温泉・木乃葉の湯で料金は支払う。
ちなみに、この木乃葉の湯は300円で入浴できるのだが、私が行きたい「下湯」は500円
しかも、鍵を渡されて、その保証金として1000円預ける。(これは入浴後返してもらえるが)

超鄙びた共同浴場との認識だったので、ここまでガードが堅いことにちょっと驚いた。
きっと、なんか、あったからこういうシステムになったんだろうなあ・・・と勝手に思った次第。

さて、そこでお金を支払い、田園地帯を、のんびり歩いて目的の「下湯」へ向かう。

少し下ったところに公衆浴場が。

七里田1

日本一の炭酸泉」と書いてある。

炭酸泉(二酸化炭素泉)が、鹿児島にはないので(正式にはないので)、期待度MAX♡

七里田2

歴史のある温泉街で、湯治宿が多く栄えた地域らしい。
わくわく。

建物のドアには鍵が閉まっており、先程、支払いと同時にお借りした鍵はここの鍵。
自分で鍵を開けて、中へ入って鍵を締める。

そこから、男女分かれて、女湯へ行く。
コンパクトな脱衣室には、脱衣棚のみ。
そこから見下ろすように、浴室へとつながる。

こちら、有名なので(その割には浴槽が小さいので)いつも人が多いと聞いていた。
なのにね!この日、私達が脱衣室に入ると、みんな上がった後だった!
しばしの間だったけど、なんと貸切状態に♡

七里田3

階段の下には雰囲気のある浴槽が一つ。

もう見ただけで、ぷくぷくと泡立っているのが解る。

七里田4

とても冷たいのかな、と思ったのだが、思ったより暖かかった。
源泉温度36度。不感温度と言われる温度帯なので、いくらでも長湯できちゃう温度。
だけど、二酸化炭素泉なので、炭酸ガス充満の危険性もあるので、
ガスがたまりやすい下の方に寝そべるなどは注意が必要、ですって。

しゅわわーん、な泡がつくので、楽しすぎる。

七里田5


泉質は「含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫化塩泉」。

炭酸を除けば、重曹と土類系がしっかり個性を放つ、なかなか好きなタイプのお湯。
が、二酸化炭素が1113mg含有で、しゅわしゅわが面白すぎて、勝っちゃってるかな(笑)

結構なしゅわしゅわだったけど、そのわりには1113mgってそんな多くはないのね。

宮崎の湯之元温泉で1314mg。
大分のラムネ温泉で1380mg。
熊本の華まき温泉に至っては、多分基準値以下。

他の成分との兼ね合いで、必ずしもこの数値にしゅわしゅわ感が左右されないんだろうけど。
(これくらいあっても、全然泡付きがなかったところもあったように思う。・・・まあ源泉との距離もあるか。)

独り言終了(笑)

友人とさんざん泡で遊んだ後、帰路についた。

たまに、別の地域の温泉は楽しいねえ。
大分出張シリーズのついでは、もう終わったけど、またどこかに遊びに行きたいものだ^^

(成分表)
七里田

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する