FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
湯平温泉 散策と共同浴場5件
170903 湯平温泉 散策と共同浴場5件

大分県由布市湯布院町湯平




大分市内で仕事の帰り、同行した友人(というか運転手代わり・・・(笑))の希望で、湯平温泉街へ行く。

「ネットで見たらいい感じなんだけど、知ってる?」と問われ、私は知らなかった。
九州も知らないところ、行きたいところ沢山。困っちゃう。

さて、湯平温泉。
由布院温泉街から奥に入る。由布院温泉よりも歴史が古いのだそう。
開湯は、鎌倉時代とも室町時代ともされるとか。古いなあ・・・。
かつては少々良い旅館の並ぶ、温泉湯治場として有名だったらしいけど、だんだん大衆的になったらしい。

今も、石畳の坂道沿いに温泉街が形成されており、20数件のお宿が立ち並ぶなんとも風情のある温泉街。

湯平1

浴衣と下駄で、カランコロン言わせて歩きたくなる町並みだ。

そんな湯平温泉、その石畳の道沿いに、5つの公衆浴場がある。
坂の下の駐車場に車を止め

「さあ、がんばりましょう」

ということで、湯巡り開始の巻(笑)


5つの公衆浴場、いずれも200円。
番台みたいなものがあっても管理人はおらず、お金を箱などに入れて入浴するシステム。

そしていずれも、洗い場は2つ程度でシャワーはなし。
同じ体を保っているのもとても好感がもてた。

では、坂の下から行きます。




1.橋本温泉

一番新しい浴場だそうだ。

橋本1

脱衣所と浴室が一緒のタイプ。

橋本2

無茶苦茶風情あるよね。

橋本3

浴槽は、2つに仕切られている。
総じて割りと熱めのお湯だったので、これはちょっと入りやすい。




2.銀の湯

銀の湯2

脱衣室に鍵付きのロッカーがあった。普通の脱衣棚もあるよ。

銀の湯1

こぢんまりな浴室。
桧で作られた湯縁がなんとも風情があっていい感じ。

つるりというよりはさらりとした軽い感じのお湯。




3.砂湯温泉

路地感満載な小さな橋を渡る。

砂場1

渡ると川沿いに建屋が見える。

砂場2

階段を下りて川沿いへ。

砂場3

浴室に入り、友人が「あれ?砂蒸しじゃないんだ」と口にする。
名前から砂蒸し系の温泉だと思っていたらしい(笑)

実際は、やはりこじんまりとした浴槽に透明なお湯。

砂場4

川沿いにあって、川の水位より湯船の方が低いそうだ。ひえー。
それだけで、お湯が新鮮で貴重な気持ちになる。




4.中の湯温泉

位置的にはちょうど中央という感じがした。

通りより少し下がったところに、ちょっとした広場?があり、そこへ建物がある。

中の湯1

すぐ横に、土産物屋があり、そこのおじさんが「ここが一番いいよー」と言っていた。
地元の人のこの科白が、私は一番好きだ。

こちらの施設に限っては、浴室が一つしかないので、奇数日が女湯、偶数日が男湯となるそうだ。
この日は奇数日!なんともラッキー!

中の湯2

建物の比較的新しく、脱衣場も広々。
脱衣棚と鍵付きのロッカーが並ぶ、

浴室は、ややこぢんまりだが、川沿いに面して窓があり開放的。

中の湯3

川を望む景色がなんともよい。

中の湯4

これまた至福のひととき。




5.金の湯

川沿いにちょっと下りたところにある。

金の湯1

川に近いというだけで、贅沢な気分になる。(私だけ?)

金の湯2

こちらが一番古い温泉だそうだ。

金の湯3

どちらの温泉も風情があるねえ。





さて、ゆのきろく。

一気に入るとわからなくなるわけだが(苦笑)、
泉質は、ナトリウム-塩化物温泉

ただし、銀の湯は「アルカリ性単純温泉」となっており、成分表が違った。確かにあっさりだったような。
あとの4つは、同じ成分表が掲げられていた。

濃度の差があっても、アルカリ性で重曹の成分も多めなので、ややつるつるする。
総じて熱めで、気合が必要。ポカポカのこれからの時期に嬉しい温泉。



温泉街として通りが綺麗で風情があり、出来上がっている印象を受けた。
こんな温泉街があるって知らなかったなー。

いいお湯を沢山いただきました。

(成分表)
銀の湯
銀の湯

他4つ
湯平

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する