FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
阿蘇内牧温泉:雲海薬師温泉
170817 阿蘇内牧温泉:雲海薬師温泉

熊本県阿蘇市内牧39




大分出張の帰りは、ゆるゆると阿蘇を通って帰路につく。

内牧に大好きな漬物屋があり、そこで漬物を買って帰ろうと内牧を通る。
思えば、内牧は、ここ数年で何回も立ち寄っているけど、内牧温泉には入ったこと無いんだよね。
(昨年入ろうと伺ったときには、震災の影響でどこも営業してなかった・・・)

そんなこんなで、ちょいと内牧温泉に入るの巻。


さて、内牧温泉。阿蘇温泉郷でも最大の温泉数?施設数?なのだとか。
大小様々の温泉ホテル・旅館等が点在して、公衆浴場(町湯)も8件と多くある。

街をフラフラと歩いても、ややレトロで感じが良く、熊本独特のセンスの良さも手伝って、とても素敵なところで私は好きだ。


そんな内牧温泉の町湯のなかでも今回はこちらへ。

内牧薬師1


風情のある公衆浴場。
表には、綺麗な八重のひまわりが連立して、夏の風情。


内牧薬師2


どの町湯にも、その施設の説明書きがある。
こういうのいいね。

こちらの温泉は、格安の200円。
番台に支払う。

建物のサイドから入る。

内牧薬師3


脱衣室は、やや広めで、脱衣棚が並ぶ。
ドライヤーなどはない。(持ち込みは20円とのこと)

内牧薬師4


壁に貼ってある、色々な張り紙にほっこり。

内牧薬師5


浴室は、脱衣室の広さと同じか、やや狭いくらい。
コンパクトな浴室。

内牧薬師6


お湯が注がれる浴槽が一つ。
洗い場は、シャワー付きが一つ、シャワーなしがひとつ。だったかな。

内牧薬師7


なんともいい感じでうっすらと緑白濁したお湯。
結構熱いお湯で、ふ!と声を上げで、頑張って浸かる。

入ってしまえば、なんと気持ちの良いお湯か!

内牧薬師8


泉質は「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉」。

泉質名だけでいえば、土類泉正苦味泉石膏泉の要素もあるわけだけど、
一番個性を放っているのが芒硝泉(ナトリウム-硫酸塩泉)。

私、芒硝泉は好きだけど、入浴後の倦怠感がすごく出るのだ。
しかも、泉温高いし。どうすんだ、大丈夫か、この後の運転は(笑)
(思えば、自分が芒硝泉に多感だと気がついたのは、数年前、やはり阿蘇だった記憶が・・・)


うっすらとした塩味と、芒硝味。
熱いけど、ずっと入っていたいほど好みの気持ちいいお湯。

いいなあ。こういうお湯。


内牧薬師9


ケロリンまで、いい感じで温泉成分を吸って色づいている。いいねえ。


じっくり、泊りがけで来たいなと思えた内牧温泉。
行きたいところは沢山。
でも疲れるので、一気に沢山入浴せずに一湯一湯を楽しもうと最近は思ってる。

大人になったのだ。

また子供に戻るかもしれないが。(こらこら)


(成分表)

内牧薬師


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する