FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
大谷温泉
170716 大谷温泉

鹿児島県志布志市松山町尾野見542




「鹿児島イチ、浴槽が小さな公衆浴場」
と、聞いたら面白そうじゃない?

というわけで行ってみるの巻。

大谷1

山道をつるつると行くと、なんとも良い風情の文字のある建物発見。
いいね、いいね。

こちらの奥様、とっても愛想が良く、感じが良かった。
入浴中も、ご近所の方が、「奥さんがいい人だから」としきりに言っておられた。

入湯料は、400円。

どこから来たのかと尋ねられたので、鹿児島市内からだと告げると、
「まずは、浴室を見てみない?それから、入るか決めてお金を払ってもらってもいいのよ・・・とても小さなお風呂だから・・・」
と、控えめにおっしゃられた。

「大丈夫ですよ^^入りたくて来たんですから」

いい人だ。


ご自宅っぽい感じの玄関を上がり、奥の浴室へ。

お昼間だったが、ご近所の方が、4~5人いらしてた。
「すぐ上がると思うから。今、おしゃべりタイムなのよ」と説明まで受けた。

ご婦人方、たしかに、徐々にすぐに上がられたけどね。



脱衣室には、脱衣棚のみ。

大谷3

やや広めなので、椅子などが配されていて、お年寄りは休みながら着衣をしていた。

大谷2


浴室は、自宅の風呂よりは、やや広い。
あくまでも面積としては、だ。

大谷4

洗い場は、シャワーなしが一つだったかな。
浴槽は、隅っこに、こぢんまり。

一人はいるのがやっとな小さな浴槽。

貴重な貴重な冷鉱泉だそうだ。
薪で沸かしているそうなのだが、湧出量が少ないので、(多分)、蛇口から出るものはできるだけ節水している模様。
沸かしたお湯も、浴槽の中で大事に大事に使っておられる。

大谷5

だからね、まあ、かけ流しているわけではないので、お湯が綺麗かといえば微妙。
だけど、大事に使用している感じには、ほっこりさせられた。

薪で沸かした独特の香りがあった。
蛇口の冷鉱泉は、無色透明無味無臭。

常連さんたちは、こんな近くに温泉があるから、助かっていると、おっしゃっておられた。

だので、私も、大事に大事に、入らせて頂いた。
大事に大事に、長々入ってたので、おかげで汗もとまらなくなった。


着衣をしてあがると、さっきまで入っていた方々は、玄関脇の部屋でみんなでお茶を飲んでいた(笑)

「あなたもどうぞ」と誘っていただいたが、お気持ちだけ頂いて退散。


雰囲気にやられてしまう温泉。
また行きたいなと思わせる暖かさ満載。素晴らしい。

(成分表)
はて。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する