プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
十津川温泉郷と温泉地温泉:道の駅十津川足湯
161113 十津川温泉郷と温泉地温泉:道の駅十津川足湯

奈良県吉野郡十津川村




オツレサンの先祖のルーツが奈良県の十津川村にあるとのこと。
災害で村を追われ、北海道の新十津川町に居を移した人たちらしい。
(明治時代のことですよ)
そんな奈良県十津川村は、日本一大きな村だそうだ。

十津川温泉!聞いたことある!行ってみたい!とい利害の一致で(そうなのか?)
奈良県は十津川村への旅。

えーーー・・・。


結論から言うとかなりヘビーな旅だった。


蛇行した大きな川沿いにある十津川村の道中は、
切り立った崖と谷底を覗く、車がすれ違うことすら難しい細い道を何十キロも走る。

私は運転はしていなかったけど、いつ崖から落ちるか、落石があるかと、
まるでジェットコースターに乗っている様な気分の数時間。

ただ、見事な渓谷できっと紅葉時は綺麗だと思うし、
夏も気持ちのよい避暑地だと思われる秘境。
人気があるのもわからなくはない。(が私には絶叫系・・・)

平地も少ないので、確かにかつてはここに住むのは過酷であったことは容易に想像がつく。


そんな十津川村にある十津川温泉郷は、三つの温泉地からなるそうな。
途中トイレ休憩で立ち寄った道の駅には、その説明と足湯が。

十津川1

十津川2


こっくり甘い硫黄泉。
十津川温泉郷・温泉地(とうせんぢ)温泉は十津川温泉郷では唯一の硫黄泉だそうだ。
近くに公衆浴場等があったが、断崖絶壁を暗くなってから走りたくないため入浴は断念。

道は通りやすくする工事を進めていた。
次に行くときは、もっと運転しやすくなってるかな(運転してないけど)


(ほぼゆのきろくにあらず)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント
十津川温泉郷
大阪南部に住む、単純硫黄泉と申します。
鹿児島の温泉情報、いつも拝見しております。

さて、このたび足を運ばれた十津川温泉郷。
随分と怖い思いをされたようですが、私が初めて訪れた15年ほど前は現在より
格段に道路情報が酷く、何度かの土砂災害を経てバイパスやトンネルも開通し、今では見違えるほど快適に訪れることができるようになりました。

ひとつ付け加えますと、十津川は山深い割に意外と標高が低いため、決して夏
は涼しくなく、日中では大阪と変わらない厳しい暑さが続きますので、避暑地
には向きません。あしからず。
[2016/11/23 16:20] URL | 単純硫黄泉 #Qa6zr9HA [ 編集 ]

Re: 十津川温泉郷
なるほど、盆地だから夏は暑いのですね^^;
見事な渓谷なので、思い込みは怖い(笑)
道路工事等もとても多く、以前からすると走りやすくなったんだろうなということも容易に想像がつきます。
が、運転が苦手な私には、まだまだなかなか怖かったです^^
でもまた行きたい。良いところでした。
[2016/11/24 11:04] URL | ゆはな #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する