プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
寒の地獄旅館
160717 寒の地獄旅館

大分県玖珠郡玖珠郡九重町田野257




予定の無い旅。

温泉ソムリエセミナーを初めて受けた時のこと。
「温泉」とは必ずしも温かい温泉ばかりではない、という説明で、講師の家元から、こちらの「寒の地獄」が説明された。
「とても冷たい’温泉’で、まるで修行のようだ」と。

まだ、あまり県外の温泉に行っていない頃だったので、「へえー」ととても興味深く聞いたのを覚えてる。
(つかね、家元の話が上手すぎるのよね、こんな面白い講義する人、そうそういない。)

・・・という話を、一緒に行っていた友人(温泉ソムリエ)にしたのだが、彼女は、覚えていないようだった(笑)

「なら、いこうよ!」
というわけで、前置きが長いのだが、行くに至るの巻。


山の中のとても風光明媚なところにあった。
秘湯という感じがしてよい。


kan1.jpg

とっても暑かったこの日。
庭先に流れる川のたもとに置かれた、石臼に浮かぶトマトとラムネ。
キラキラしていて、これだけでも涼をとれた。

kan4.jpg

入湯料は500円。


こちらの温泉(立ち寄り湯部分)は、水着着用(混浴)とのこと。
しかし、「入らなくてもいいのであれば、服のママ浴室に行って、足湯だけでも良いですよ」とおっしゃってくださった。
混浴は苦手なので(水着もないし)、そうしよ!と行く。


浴室は別棟にある。

一応、仕切りがあって男女分かれている感じだが、多分どっちにだれが入っても良い感じの混浴らしい。

kan2.jpg

壁の向こうに、もう一つ浴槽がある。
ここには水着の方々が入っておられた。


さて、ゆのきろく。

こちらの温泉、名前の通り「寒い」(笑)

なんと源泉温度13度
これは、足を漬けているだけでも、しびれてくる冷たさ。
まるで氷水!

別途足湯スペース?洗い場?があった。

kan3.jpg

透き通る様なエメラルドグリーンのお湯(冷水)は、なんと「硫黄泉」。

キンキンに冷たい湧き水は硫黄の香りが漂う。
こっくりとした硫黄の甘さは、結構濃い目の硫黄泉だと思う。(成分表見てこなかった・・・)

足がしびれるほど痛い!そのくらい冷たい!
でも、出すとぽかぽかする!

いやん。楽しいし。


水着で入っている人たち用に、奥に暖をとる室もあり。
(これがないと本当に冷たすぎ・・・)

「確かに、これ修行だわ」

友人とはしゃぎながらの足湯。楽しかった(笑)

立ち寄りはこの源泉の冷鉱泉だが、泊まると加温したお風呂もあるようだ。
とっても雰囲気がよい旅館だったので、いつかは泊まってみたいなー

(成分表)
わすれー

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する