プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
東鳴子温泉:馬場温泉 馬場乃湯一號
160515 東鳴子温泉:馬場温泉 馬場乃湯一號(馬場温泉共同浴場)

宮城県大崎市鳴子温泉馬場102




東鳴子温泉の文字が見え出すと、この温泉も見えてくる。

IMG_0518.jpg

旅館でもあるらしい和風の建物。
立寄り入浴500円だそうだ。

でも、今回はそちらの奥にあるジモ泉に近い?共同浴場へ。

IMG_0509.jpg

こちらも開放しているそうで、こちらは300円。
札を「入浴中」にかけかえ、貸切にできる。

鳴子で初めての湯。
わくわく。

IMG_0513.jpg

脱衣所も浴室も3人も入れば満員感のある程の広さ。
旅先でこのコンパクトさは、本当にテンション上がる。

IMG_0512.jpg

湯船は黒く光っており、なにやらぷくぷくと見える。

IMG_0510.jpg


IMG_0511.jpg

目に見えて、アワアワシュワシュワが見えるのだが、
このお湯が、結構熱い!

シュワシュワするお湯は、総じてぬるめであるという印象を、大幅に覆すお湯。

かけ湯を何度もして、ゆっくりと入り、やっと入れる熱さ。

IMG_0515.jpg

わかりにくいかな。
細かい泡が、肌につく。
その感覚がとても気持ちが良い。


泉質は成分表を見なかったので、詳しくは解らないが「純重曹泉」と書かれていたので、「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。
結構な色のついた「モール泉」。
モール臭が気持ちよく漂い、しゅわっとした浴感。
吉松温泉などのモール泉とはちょっと違う味がした。
金属味?酸味?芒硝味?不明だけど、重曹の甘さだけではなかった。

熱いから長湯はできないけど、テンションの上がる珍しいお湯だった。

流石です、鳴子温泉^^


(成分表)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する