プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
入来温泉湯之山館
150628 入来温泉湯之山館

鹿児島県薩摩川内市入来町副田6179




入来温泉に新しくオープンした施設。
オープンより二ヶ月強、遅ればせながらの来訪。

DSC_0995.jpg

唐破風の体は、いかにも温泉施設といった風情。

敷地内には立派な足湯もあった。

DSC_0994.jpg

入湯料は270円。
まだまだ綺麗な施設。

フロントの横には広々とした畳の休憩スペースがあった。
夕刻であったこともあり、なかなかに人が多かった。

脱衣室は沢山の脱衣棚に囲まれた作り。
貴重品が入る程度の鍵付きロッカーあり。(100円返ってくるタイプ)
無料でドライヤーもあるから嬉しい^^

浴室内はさほど広くはないのに広々と感じる!

さすが公衆浴場といえよう、洗い場は20以上ある充実ぶり。
これだけあれば、洗い場で混まないかもね。

嬉しいなと感じたのはこれ。

DSC_1005.jpg

入来温泉界隈でよく見られる、湯を汲むタイプの洗い場。
シャワーのある洗い場とは別にこれも作ってあるの。
こういうのが本当に嬉しいなあと思う。

さて。

この施設。
源泉が2つある。

かつてこの界隈にあった市営の入浴施設「アゼロ湯」と「柴垣湯」。
浴槽が2つあり、それぞれにそれぞれの源泉が注がれている。

古いものがなくなっていくのは本当に悲しいのだが、
こういう形で、新しく生まれ変わるのであれば、これもまた嬉しい事。

この2つのお湯ね、やっぱり全然違う。

柴垣湯

DSC_1002.jpg

薄いお出汁のような塩味のお湯は、うっすらと茶褐色のお湯。
源泉の温度が高い為、竹製の冷却装置をつかってお湯を冷ましているそうだ。
泉質は、「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
多少抵抗感があるくらい、つるつるはしない。

アゼロ湯
DSC_1006.jpg

多少炭酸の甘みとしゅわ!っとした感じを覚えるお湯。
以前のアゼロ湯は、熱かったが、源泉の温度は34度と低め・・・下がっちゃのかな?
浴槽はややぬるめの適温だった。
こちらの泉質も、「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
緑がかったお湯でつるつるなどはない。

浴感も違うのだが、先ずは色が違う!

DSC_1003.jpg

黒っぽい方がアゼロ湯で、茶色いほうが柴垣湯。

お互いの浴槽の間もはっきり色分け(笑)

DSC_1008.jpg

一つの施設で、充実の湯巡りができる。
これみ水風呂とミストサウナもあり、のんびりとした入浴タイムが楽しめるー!

以前の施設があった頃から、アゼロ湯より柴垣湯の方が人気があった気がした。
入浴している人たちを観察してると、うーん・・・やっぱり少し、柴垣湯の方が人気かな?
でも、柴垣湯のほうが熱めだったため、今時期はアゼロも好まれている模様。

ちなみに、私は、無論どちらも好きですが、
どちらかというと、新旧とも、アゼロ湯の方が好きです^^

久しぶりにのんびりまったりの長湯タイム。

良いお湯を頂きました。
こういう形で「続いていくこと」は嬉しいね^^

(成分表)
アゼロ湯
アゼロ

柴垣湯
柴垣

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する