プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
箱根宮ノ下温泉:太閤湯 と 富士屋ホテル見学
150220 箱根宮ノ下温泉:太閤湯 と 富士屋ホテル見学

神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下




箱根登山鉄道に乗って、箱根湯本から箱根宮ノ下まで。
さすがに箱根の山は天下の険!
急斜面をスイッチバックしながら登っていく登山鉄道は、これに乗るだけでも行った甲斐があるというもの!

IMG_5153.jpg

鉄子でもなんでもない私でもこれは楽しかった。

宮の下駅を降りると急な坂を下って国道1号線へ。
しばらく歩くと、クラシックホテルの先駆け、富士屋ホテルのお目見え。

DSC_0641.jpg

威風堂々の佇まいはさすがのもの。
エントランス前にいらしたポーターさんに、施設の見学を申し出ると、
それはそれは丁寧に対応してくださった。
さすがのホテル♪

施設内には資料展示室などもあり、見学するだけで楽しい!
途中に、浴室があったので撮ってみる。

DSC_0644.jpg

女性風呂は「不老泉」。
このドア一つとってもレトロで惹かれる。

中もちょいと見学。
こぢんまりとした脱衣所と浴室。
ちゃんと成分表もあったから、温泉よ。

DSC_0647.jpg

ちなみに富士屋ホテル、別の源泉で他にも幾つか浴室があるらしい。

大満喫の建物見学のあとは、
富士屋ホテルのすぐ近くにあった、こちらの公衆浴場に行ってみる。

IMG_5158.jpg

IMG_5157.jpg

シャキシャキとしたおばちゃんのいる発券機で400円を支払う。
石鹸を貸してくれて、「体洗ってから入ってね」となんとも、気持ちのよいおばちゃんだった^^;

DSC_0652_2015022312163243e.jpg

脱衣室も浴室もごくごくコンパクト。
何故か浴室が2室あったが、1室はその日は使われてなかった。

DSC_0653_20150223121737c36.jpg

3人も入れば、満員感のある浴室がひとつ。洗い場はその両手に2つ。

小田原から2日に一度は来るというご婦人と一緒だった。

「ここのお湯は、箱根では一番よ!」
このセリフにはどこに行っても嬉しくなる。

こちらのお湯、すぐそばの富士屋ホテルの源泉でもあるらしい。
確かに先ほど見せてもらった浴室の成分表はこちらと同じだった。

泉質は「ナトリウム-塩化物泉」。
源泉温度が高く、浴槽も熱めのだったけど、それが良かった。
無色透明でさらりとした浴感。ほんの少し塩味がするお湯。

少し入っただけだったが汗が止まらなくなった。
道路脇に雪が残る箱根探索には、これは嬉しかった。


思いの外鉄道が楽しかった箱根。
次回はずっと乗って奥のほうまで行ってみたいなー。

(成分表)
太閤湯
箱根:太閤湯

(富士屋ホテルの太閤湯)
箱根:富士屋ホテル

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する