プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
箱根湯本温泉:吉池旅館
150222 箱根湯本温泉:吉池旅館

神奈川県足柄下郡箱根町湯本597



箱根湯本温泉での宿泊は、こちら。

IMG_5150.jpg

駅から7分くらいの大きな老舗旅館。

旧岩崎家の別邸の場所だそうで、その広大な敷地の中には、
見事な庭園と、国の有形文化財である茶室が保存されている。

部屋の窓からそれが見事に見えて、なんとも絶景だった。

お宿にはステーキハウスが併設されており、
私は、そちらで夕食を頂いた。
目の前で焼かれる黒毛和牛の美味いことよ・・・。

腹いっぱい食べてしまったー♪



さて、ゆのきろく。

その広大な敷地の中には6つの源泉があるらしい。

DSC_0638.jpg

そのひとつは、エントランスの前にあり、手湯として利用されていた。


浴室は、写真禁止だったので、文章でー。

立ち寄り入浴だと2000だそうだ。
結構高価だね。

脱衣室は、アメニティー、ドライヤーあり。
鍵付きの立派なロッカーが並ぶ。

浴室は、これまた広々。

タイル貼りの浴槽と、古代檜の浴槽がならぶ。
古代檜の浴槽はなんとも体がよく、ひのきの香りが気持ちよかった。

益々素晴らしいのが、露天風呂。
見事な庭園に、大きな露天風呂が2つ並ぶ。
温泉に来たな!と思わせる鄙び感と開放感があった。


泉質は、「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」。

これだけたくさんの浴槽がありながら、加温加水循環なしというから驚く。

ちょっとつるつるというか、さらりとする浴感。
パンチがあるわけではなく、ゆっくりまったりできる感じの気持ちよさ。

総成分3000mg超えの割には、味はうっすらでほとんどしない。
ただ、芒硝味を感じるのは、ちょっと新鮮な気がした。

ユメグリなどせずに、ほぼ終始こちらのお湯のみとなった今回の旅。

やっぱり泊まるお宿でゆっくりまったり・・・。
これが温泉を楽しむには一番いいなあと感じた。

(成分表)
DSC_0629.jpg


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する