プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
とあるジモ泉2
140731 とあるジモ泉2

ジモジカ系の住所は自粛



教えていただいたジモ泉(ジカ泉)?に行ってみる。
100円で入湯。

一応男女にわかれているのか、脱衣室・浴室は2つあったが、
どちらがどちらかわからなかったので(笑)一方に入る。

脱衣室の体は、完全に自宅の洗面所だ。(笑)

浴室は住宅のそれよりは、やや大きめの浴槽がひとつ、洗い場がひとつ。

DSC_0757.jpg

狭い浴室内には、お湯がもったいないくらい掛け流され、
お湯はかなりつるつるするから、床も滑りそうにつるつるで危ない(笑) ←よく転ぶ女。

DSC_0762.jpg

成分表などはないので泉質は不明だが、
やや黄みかかった透明のお湯は、ほのかに重曹のような味と甘みと、あとごくごくわずかに硫黄の香りがした。
かなりつるつるする気持ちのよいお湯。

吐湯口の腐食状態からするに、やっぱり硫黄の成分は少しありそうね。

DSC_0763.jpg

お湯は少し熱めの適温。
結構な量がホースで掛け流し。なんとも贅沢。
やはり小さい浴槽のほうがお湯が新鮮だし、良い状態で入浴できるように思う。

この界隈のどのお湯ともまた違う。
いやはや不思議。

で、一番驚いたのが、

DSC_0770.jpg

お湯の温度は結構熱めなのだが、体に泡が集まってくる。
鹿児島県内で、ここまでしゅわしゅわ感があるのは、珍しいじゃないかなーって思う。

温まって、どばーっと汗の出てくる不思議なお湯だった。
なんとも気持ちのよい贅沢な入浴タイム。

色々な御縁があり、数人の方にこちらを紹介していただきました。
ありがとうございました。
こんないいお湯入れるんだから「ゆのきろく」やっててよかったなあ(笑)

(成分表は見当たりませんでした)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

コメント

お湯の温度があと5,6℃低かったらもっと泡泡になりそうですね。
浴後汗をかきまくっても、肌すべなのには驚きます。
[2014/08/01 12:00] URL | しょう #il1d66uU [ 編集 ]

しょうさん、確かに^^
そうなんですよね、ここに限らず、夏場の温泉は汗を書いてもべたつかなくて好きです。
夏こそ温泉♪
[2014/08/01 20:54] URL | ゆはな #- [ 編集 ]


初めまして
懐かしい画像を拝見し、コメントしました
あの父娘は、お元気なのでしょうか...
[2015/12/09 05:50] URL | ぜんちゃん #- [ 編集 ]


せんちゃんさん
この温泉の持ち主のご主人から2015年の年末に連絡をいただきました
父娘ともとてもお元気です
[2016/01/07 08:57] URL | OJ #UyJW42uM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する