FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
林田温泉:霧島いわさきホテル
140420 林田温泉:霧島いわさきホテル

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3958



廃業しました。・ ゚・。* 。 +゚。・。* ゚ + 。・゚・(ノД`)  190430追記



土日は、ランチバイキングやってます。

というわけで、ランチのついでにこちらの温泉へ。(どっちがついでだか・・・)


ランチバイキング付入浴券は2100円。
入浴のみだと850円、ランチバイキングだけだと1500円。

IMG_1550.jpg

そう、林田温泉。
こっちの名前の方が、ある一定の年齢以上の方にはなじみが深いはず。

IMG_1554.jpg

浴場の図面があり。

広いねえ。


IMG_1560.jpg

脱衣室は、広々。

色々な大きさの鍵付ロッカーが並ぶ。
アメニティー完備で、ドライヤーも無料。


洗い場は、20くらいあったかなあ・・・たくさんあった。

内湯は、浴槽が大きく二つ。
一つには、うたせがついている。

IMG_1562.jpg

ここは、なんといっても露天風呂が有名。


IMG_1564.jpg
IMG_1565.jpg

最高のロケーションと、国内屈指の面積を誇る露天風呂。

あつゆ、ぬるゆ、と、さまざまに分かれている浴槽が広々。
ぬるゆの浴槽は、こってりしたミルク色に白濁している。


泉質は「単純硫黄泉」。

溶存物質の総計は500mg程度で優しいと思うことなかれ。
肌に浸透しやすい硫黄の成分総計は13.6mg。(2mgから硫黄泉となる)

結構な硫黄泉に、PH3.1の酸性。
限りなく酸性泉に近い水素イオン0.8mg(1mgから酸性泉となる)
※源泉は三つあるが、一つは酸性泉ですな。


薀蓄はさておき。

しかし、ま、これは、一日ゆっくり入るお湯だなあ・・・。

こういう、特徴のある硫黄泉は、温泉に来たなーという気になる。
入って、疲れて、そして、ホテルでゆっくりまったり。
本来は、それが一番いいなーと思えてしまう施設でしたん。


(成分表)

岩崎 (3)
岩崎1(1)
岩崎 (2)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する