プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
開門長崎鼻温泉:開聞温泉
140223 長崎鼻温泉:開聞温泉

鹿児島県指宿市山川岡児ケ水1446




今日は暖かく良か天気の鹿児島。
開聞岳を望むドライブにはもってこいの一日。

そんな本日のお湯はこちらをいただく。

IMG_0942.jpg

入湯料300円。

地元密着の公衆浴場といった感じか。


脱衣所は、脱衣棚のみ。
ドライヤー等なし、成分表もなし。

IMG_0943.jpg

だが、やたらに注意書きが多い。

IMG_0954.jpg

IMG_0955.jpg


これがある種、名物のこちらの温泉。
しかし、私はあまり構われたくない方なので、苦手かも^^;

浴室内もたくさんあった。(写真は撮れなかったけど)

ご近所の方と思しき方々が沢山いらした。
「こんにちは。」と入った途端、質問攻めの私。

「どこから来たの?」
「なんでここに来たの?」

鹿児島市内からここに入りたくてきたましたよ^^


指宿市の共同浴場に来ると、いつもこのようにたくさん声をかけていただく。
この地区の方々は、観光客に慣れている、ということなのだろうか。


さて。

浴室は、2つに仕切られた浴槽がある。

IMG_0951.jpg

あつ湯とぬる湯。
熱い方でもまあ、入れるくらいの適温だった。

洗い場はあったが、浴槽の周りで体を洗う感じ。

IMG_0952.jpg

「ほら、それ勝手に動かすと怒られるから!」とか常連さんが教えてくれる。
「(経営者?番台さん?が)いない時でよかったね、いるとね、すごい勢いで色々怒られるのよ・・・」

なかなか聞き取りづらい(笑)方言で、いろいろ教えてくださった。
まあ、こんな注意書きをやたらするくらいだから、うるさいでしょうね、そりゃ^^;


「ほら、あなたも『ねんね』しなさい。気持ちいいから」

指宿方面の公衆浴場ではよく見かける、
浴槽の周りに寝そべり、片手でお湯をお腹にかける入浴方法。

『ねんね』とはそれらしい(笑)

笑いの絶えない入浴タイムだった。

IMG_0950.jpg

お湯は、成分表がなかったが、明らかに濃厚な「塩化物泉」。

赤茶けたお湯。
抵抗感があるくらい肌に吸い付くお湯で、風呂あがりもベタベタするくらい。
ぽかぽか温まる強力なお湯。

これ、毎日入ってたら、風邪も引かなくなるでしょうね^^



施設的には、B級好きにはたまらないと思う。

だが、「いつあがるの?何時?」と常連さんたちもしつこく聞かれてたし、
いろいろ口うるさそうなところは、好みによるかもだな。

それでも行きたくなるようないいお湯ではありました。ええ。


(成分表はみあたりませんでした)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント
結局。
こんにちは。
入り口の注意書きを見ると萎えてしまいそうですが、この湯船を見たら、結局浸かってしまいそうですね。
ここまできたら職人気質を通り越して、温泉に惚れ込まれている管理人さんかもしれませんね。
[2014/02/24 08:52] URL | たかCくん #a0J2.lfM [ 編集 ]

人生訓が見つかるかも
人恋しくなったとき、いきたいですえね。足指が見えないくらい、濃いですね。
[2014/02/24 15:45] URL | あきおくん #- [ 編集 ]

たかCさん:
本当にその通りかもしれません。いいお湯なので、許せてしまいますもん^^;
[2014/02/25 18:15] URL | ゆはな #- [ 編集 ]

あきおさん:
一人暮らしというお年寄りが、「ここに来たらみんなと逢えるから」とおっしゃってました。
そういう場所なんでしょうね^^
いいお湯でしたよ^^
[2014/02/25 18:16] URL | ゆはな #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する