プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
湯之元温泉:旅館遠見
140222 湯之元温泉:旅館遠見

鹿児島県日置市東市来町湯田3408




鹿児島市内から、硫黄泉を味わいたいなら、一番ここが行きやすいかな。
湯之元温泉郷へ。

駅近くのこの界隈、区画整理がなされていて、
この辺に古くからあったレトロな温泉宿がいくつかなくなっているように思う。

今回のこちらも、「あれ、新しくなってら!」なところでした。


IMG_0941.jpg

湯治の宿、というかんじなのかな。
看板がなければ、温泉宿とはわからないような建物だった。

フロントで300円を支払い、立ち寄りでお湯をいただく。

IMG_0940.jpg

夕方の入浴繁忙時(と勝手に思ってる)なのに人はおらず。

終始独り占めの贅沢だった!


脱衣所・浴室ともにコンパクト。

脱衣棚のみ。ドライヤーなど、一切なし。

IMG_0936.jpg

浴室は、2~3人入れる程度の浴槽が一つ。

IMG_0937.jpg

IMG_0939.jpg

洗い場は一つ、シャワーなどはないが、アメニティーはおいてある。

IMG_0938.jpg

軽く硫黄の香りがする緑がかったお湯がはっていて、
見た瞬間、「いいな」と思った。


お湯は、湯之元温泉よろしくの「単純硫黄泉」(成分表がなかったけど、多分)。



お湯はとろとろににぬめりがあって、ほんのりゆで卵の味。
吐湯口からのお湯は熱すぎて触れたもんじゃないけど、湯船は本当にいい温度。
加水もできるようになっていたが、多分してなくて、
朝からゆっくり溜めていて、夕方この適温になったものと思われる。

そして、なにより良泉!

強烈ではないけど、優しい浴感で、とろとろの肌触り。
ずっと入っていたくなるようなお湯だった。


人が多い温泉(立ち寄り湯)が多い中、ちょっと穴場的な気分になった。

贅沢な独り占めの入浴タイム。


本日も良いお湯でした。


(成分表はみあたりませんでした)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する