FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
湯之元温泉
130712 湯之元温泉

宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田7535




高濃度の二酸化炭素泉(ラムネ泉)があると聞き、
以前からとても行ってみたかったこちら。

ラムネ泉は、源泉の温度が低い傾向にあるので、夏にはぴったりでしょ!


DSCN4120.jpg

DSCN4121.jpg

こちら旅館だが、立ち寄り湯も利用できる。入湯料400円。

DSCN4122.jpg

木造の落ち着いた建物で男女に分かれる。


脱衣所は鍵付のロッカーもあり、ドライヤーは無料。

浴室は、洗い場は10くらいあったかな。

浴槽は鉱泉(源泉22度)を温めた浴槽に、源泉が注がれる浴槽が一つ。
酸化したお湯は赤茶けている。

DSCN4126.jpg

鉱泉を飲んでみると結構独特な味がした。重曹の味って感じかな。
体に効きそうな味。

隣に水風呂があり、それ以外に「高濃度炭酸泉」の浴槽があり。

これが、源泉をそのままためている貴重な泉。
22度という温度は、水風呂並みに冷たく感じる。

入浴すると、このとおり、すぐに泡がつく、しゅわしゅわの炭酸。

DSCN4127.jpg

(嗚呼・・・見苦しい大根・・・)


しばらくすると慣れもあるのだろうが、ぽかぽか感じるから不思議。


露天風呂は、「中濃度炭酸泉」

DSCN4131.jpg

ぬるめのお風呂になっていて、これも長く入れて気持ちいい!


泉質名は「含二酸化炭素-マグネシウム・ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉」

炭酸泉であり、重土類塩泉であり、重曹泉でもある。
夏に入りたいさっぱり系。

硫黄泉のようにがっつりな倦怠感も来ないので(私には)
車の運転も難なくクリア。

入りたかった温泉の一つをクリア。
大満足のとても良いお湯(水?)でした。

成分表
湯之元温泉(宮崎)-2
湯之元温泉(宮崎)-1


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する