FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
京町温泉:山麓温泉
190519 京町温泉:山麓温泉

宮崎県えびの市向江583−1





この日、昨年に引き続き、「えびの京町温泉マラソン」を走りましたの。
吹き流しが水平のままの強風、雨天の中、激坂を頑張りました・・・キツかったわ。

さて、その帰りに濡れた体を温めに、温泉。
出場者には無料温泉券が配布され、こちらの温泉もそれに入っていた。

なんともレトロな公衆浴場。
この界隈はこういったものが点在しているから、面白い。

山麓1

山麓2


入湯料は350円。
お隣の建物の管理人?に支払う。

建物を入ると小さな番台がある。
今は使われてないけどね、いい感じ。

山麓3

脱衣室は、比較的広々。トイレもあったよ。

山麓4

脱衣棚などはなく、ベンチのようなものが部屋に3か所点在している。

この表示もレトロでいい感じね。

山麓5


浴室はぐっとくる公衆浴場の体。
広くはないが、なんとも雰囲気がある。

山麓6


泉質は、京町温泉よろしくの重曹多めな「単純温泉」。
少々黄みがかりモール臭のする優しいお湯。

やや熱め。
いや、結構熱め。

だが、これは気持ちいい。


マラソンの疲れをしっかり癒していただいたお湯。
むちゃむちゃ気持ちよかったー!


(成分表)
山麓


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
お宿 神水の杜
190506 お宿 神水の杜

鹿児島県霧島市霧島田口2387−7




もうゴールデンウィークの話になりまする・・・。

霧島神宮の近くの元「民宿高千穂」がしばらくの間「お宿音葉」になっていて、
これは行かねばと思っていたのだが、また通りすがると屋号が変わっていた。

私が行った日はプレオープンして間もないころの日。
「お宿」となっているが、現在も立ち寄り湯とランチのみを行っている模様。

神水の杜1


この日連休中というのに人はいなかった。
従業員が暇を持て余してる?ような感じで、
私が車から降りてくるのを、車の横でじっと見て待っている感じがちょっと辛かった。
(ちなみに帰る時もそんな感じだったから・・・ほどよくほっといてほしい)

フロントで入浴料1000円を支払う。
タオルなども値段に含まれているのは嬉しい。
が、男性スタッフが脱衣室までついてこられるのはちょっと違和感があったな・・・。

辛口はさておき。

おそらく、建物などの設えは、以前の民宿を少しきれいにしたくらいなのだろうと思う。
浴室も変わってないのではないのだろうかと感じた。(前を知らないけど)

神水の杜2


脱衣室はコンパクトな造りで、脱衣棚が並ぶ。
小さな洗面一つにドライヤーも設置されている。

浴室も、大浴場という大きさではないが、この日貸し切りだった私には広すぎる大きさ。

神水の杜3


洗い場は4つほど。
アメニティーは設置されている。
奥には、三角形の露天風呂も。

神水の杜4


お湯は、無色透明に近いがほのかな硫黄の甘みを感じ、細かく白い湯の花が浮く。
泉質は「単純硫黄温泉」。硫化水素型の硫黄泉。
硫黄の成分が12.0mgとなかなかの量なのだが、それでいて優しい浴感のお湯。

神水の杜5


霧島神宮参拝の後、こういうお湯に入れたら本当に嬉しい。
いつかランチも食べてみよう。

(成分表)
神水の杜

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



かごしま温泉学
かごしま温泉学




さて、なんのことかという話です。

4月より、鹿児島市のサンエールで、このような講座が開かれてます。
鹿児島市の広報「市民の広場」に載ってたんですがね。

すでに本日第三回目を受講してきたわけですが。


25cd5a09b738340c5560a410a0de7bf1.jpg


講師は、我らが温泉ソムリエ師範の六三四氏を筆頭に、
鹿児島街歩きの達人 東川隆太郎さん、
鹿児島大学名誉教授で地質学の権威 大木公彦先生 となんとも豪華。

お金は、いります。
6回で6000円でしたが、なんか残り3回、バラでも受けられるみたいです。
いくらかはわかりませんが(笑)

あと三回は、満遍なく3名の講師が講義をすることになります。

あのね、正直3回受けてみて思うんだけど、
これ、この金額では安すぎるほどの内容だよ。
(別に、ワイロもらってないです (笑) これは正直な感想よ。)

結構、受講者が少なくてもったいないなあと思うのです。

もし、ぴん!と来た方。
是非問い合わせてみられたらいいかな、と。
(どこまでのキャパがあるかとか、正直私はわからないですのが)

本日の講義で、この「ゆのきろく」が出てきたので、思わず、噴出しちゃいましたわ。

いえ・・・。
ありがたい話です。(多分)

そんな、告知でも宣伝でもない、ゆの雑談でした。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ