FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
熱海温泉散策と家康の湯、七湯、間欠泉
190224  熱海温泉散策と家康の湯、七湯、間欠泉

静岡県熱海市春日町(熱海駅)





まくら投げ全国大会でくしくも予選敗退し、空いた一日は観光で熱海へ。

日本を代表する温泉地、熱海温泉
実はね、初めてなの。(多分)テンションがあがる。

私の中で、熱海と言えば、東京物語(1953年の映画)。←古いし。お前いくつや(笑)
浴衣姿で防波堤でけだるそうに佇む・・・あれやりたかったんだよねー。(誰もついてこれない)
今は、サンビーチとして綺麗に整備され、防波堤などはないわけだが。

そんなサンビーチはこちら。(金色夜叉の寛一お宮の舞台としても有名ですなー)

サンビーチ


マリーナもあり、カモメも飛び、なんともリゾート感満載のビーチだった。

余談でした。


覚書。
熱海温泉、開湯は1500年前と言われる、
伊豆半島の付け根?入り口?に位置する熱海市にある日本有数の温泉地。
温泉開発が増えた結果、泉質が塩泉よりに代わっていったのだとか。(海水混入のため)
そうなんだ・・・海に近いからもともと塩泉なのだろうと思ってたが。



駅前には、「家康の湯」と名付けられた大きな足湯がある。

家康1

熱海温泉らしくて、いいなと思った。
完全に塩!と思ってた温泉は、なかなか複雑な味で、想像してたよりずっといいお湯だ!

家康2


駅前からからすぐに昭和の香りを残す商店街もいい感じでにぎわっていた。
アーケードの中にも手湯があった。

手湯

そこを抜けて海沿いへ向かう。

想像していたよりも「坂の町」で熱海駅からサンビーチに出るまではかなりの坂道。
時に眺めのよいスポットもあり、散策も楽しい。

熱海七湯(ななゆ)と方々に書いてあったので、
7つの共同浴場があるのかと思っていたのだがそうではなく、
実際は七つの源泉点在しており、それぞれオブジェのように設えてあった。

目

卵

大湯・野中の湯・佐治郎の湯・風呂の湯・清左右衛門の湯・河原湯・小沢の湯の7つ。

スタンプがあったり、手湯があったり、はたまた温泉卵が作れるスポットがあったり。

数時間歩いただけで、その全部が見れたんじゃないかなー。
ひとつひとつ、温度や味などが違い、やっぱり私にはとても面白かった。

大湯だけが、隣に公衆浴場もある。入浴についてはその記録はまた別記事で。

その大湯のそばに「大湯間欠泉」!

間欠泉と聞けば、テンションあがるよね!

間欠泉

どわーーっと噴き上げて、なかなか迫力があって面白かった!
・・・が、これは自然のものではなく、人工的にやっているとのこと。
以前はこのように噴出していたらしいから、やっぱりすごいと思う。

かつては江戸から近く、泉質もよく、歓楽街としても栄えた地域なんだろうなー。

短い時間の観光ではあったけど、行きたいところに行けたし満喫できた。
次回は、のんびりとどこかに泊まれたらいいな。

(成分表)
家康の湯
家1
家2

アーケード内の手湯
アーケード


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



伊東温泉:山喜旅館
190223 伊東温泉:山喜旅館

静岡県伊東市東松原町4−7




伊東温泉での宿泊はこちらの旅館。

山喜1

なんともまあ、風情があって素晴らしいことか!

昭和15年築だそうだ。
古さはあるが、清掃も行き届いていて、とても気持ちの良い旅館だった。

こちらの温泉旅館、「スポーツ合宿プラン」なるものがあった。
スポーツの合宿だと、一泊二食付きで6400円くらいになるという素晴らしいプラン。

今回はそのプランで宿泊。
そう!まくら投げは立派なスポーツなのだ!

山喜2

お部屋も風情があり素敵だったが、
我々の泊まったところは少し別棟にもなっていたようで、
修学旅行の子供のように夜中まで騒いでいたのだが、
他のお客様には迷惑かからないようになっていた。

山喜3


素晴らしい。


さて、ゆのきろく。

温泉は1階にある。
脱衣室には脱衣棚が並ぶ。

山喜4


脱衣室も浴室もさほど広くはない。
洗い場は3つほど。
奥に、5人は入れるかどうかの浴槽がある。

山喜6


お湯は無色透明。
ちょうどよい温度のお湯で、無色透明。

こちらは、今まで入った温泉より海に近いからなのか、泉質が違う。
泉質は「ナトリウム-塩化物温泉」。
総成分量11720mg/kgの結構パンチのある温泉。

でも入浴した感じはガッツリ感はない。
ややしょっぱいね、くらいな感じ。

マグネシウムやカルシウムも多いが、析出物や味には感じなかったように思う。


とはいえ、いいお湯だった。
ぐったりな一日の終わりには、こんなお湯に入って、どっぷりと眠りにつくのがいい。

ここに泊まれてよかったな。
お宿の方もいい方ばかりだったし。

濃密な一日の終わり。
こんな贅沢はない。

(成分表)
山喜


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

伊東温泉:湯川第一浴場 子持ち湯
190223 伊東温泉:湯川第一浴場 子持ち湯

静岡県伊東市湯川1丁目16-10 丁目






JR伊東駅前に、「地下に行くレトロな公衆浴場がある」と聞いていたので、皆で探す。

子持ち1


いや・・・レトロってか、アングラやろ・・・。
怪しい、でも楽しい(笑)


階段を降りると、ドアがあり、男女分かれている。
その向かいには、家族風呂が2つあった。

子持ち2


入湯料は250円。
ドアを開けてから番台で支払う。

子持ち3


脱衣室は、扉付きの脱衣棚が並ぶ。

手洗いのタイルがなかなかにレトロ。
古さはあるけど、でもとても綺麗にされている。



浴室は、真ん中に浴槽が一つ。

子持ち4


その周りに洗い場が8つくらいあったかな。
いかにも地元の共同浴場といった感じで、夕方の時間で人が多かった。

温泉は、なかなか熱い!
入ればとても気持ちが良いのだけども。

泉質は「単純温泉」。
ただこちらは温度が高く42.3度。成分表ではね。でももっとあったように感じた。

つるつるとかはほとんどなく、無色透明のきれいなお湯。
だが、なんとも気持ちの良い温泉だった。
伊東で入った温泉では、ここが一番好きな湯だったかもしれない。

が、熱めのお湯に早めの退散。

こういう公衆浴場、いいな。
むっちゃツボで満足。

(成分表)
子持ち

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

伊東温泉:東海館 
190223 伊東温泉: 東海館

静岡県伊東市東松原町12-10




伊東温泉を代表する観光施設。
威風堂々、昭和3年築の唐破風の玄関と、特徴的な望楼が美しい建物は、元温泉旅館。
約20年前に廃業した後、伊東市の文化施設(指定文化財)となったそうな。

いいね。川沿いの建物がとても映える。

伊東4

玄関は、やや狭い路地沿いにある。
昔のメイン通りだったのかな、この通りには古い建物が点在していた。

東海館1

東海館2


通常は建物の見学が200円。建物内の温泉入浴が500円。
この日は2月23日で、「富士山の日」だからということで見学料は無料!

建物内は、望楼まで上がることができ、伊東市内を一望できる絶景。
天気が良い日には富士山も見えるのかもしれない。
随所の細かい設えも、凝った意匠が見受けられ、それだけでもほんとに貴重なものが見れる。

東海館3


さて、ゆのきろく。

そんな建物の1階奥は公衆浴場がある。
小さな浴場と大きな浴場があり、時間によって男女交代するそうだ。

東海館4


小さな浴場はせいぜい3名ほどしか入れない広さらしいが、
運良くも、我々が行った時間は、大きな浴場が女湯となっていた。

脱衣室は脱衣棚が並ぶ。ロッカー、アメニティー、ドライヤーはなし。

東海館5


浴室は、円状タイル張りの浴槽が一つ。(湯気もくもくだし)

東海館6

大きな浴場といっても、うーん。10人は入れるかな、というくらい。

洗い場は4つだったかな。

湯口が狛犬・・・いや、唐獅子。結構大きく堂々としている。立派。


東海館7


浴槽全体は改装しているから古さを感じるというほどではないが、
湯口は当時のものらしい。

お湯は、うん。・・・うん。 ←おい。
建物に圧倒されたが、お湯の個性はほとんど感じない。(こら)

泉質は「アルカリ性単純温泉」。
海に近いのに塩泉ではないのね。
源泉温度26.3度なので、本当にぎりぎり温泉といった感じなんだな。
(単純温泉に関しては、基本的に25度からが温泉となる)

無色透明無味無臭。
とはいえ、消毒の香りもするわけではないし、嫌な感じは全くない。
冷えた手足の我々には、気持ちの良い入浴となったけどね。

伊東にて、まずは一湯。
ありがたや、ありがたや。

(成分表)
東海館

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

伊東温泉散策と手湯等
190223 伊東温泉散策と手湯等

静岡県伊東市




まくら投げ大会当日。試合終了後は伊東温泉散策など。

さて、覚書。
静岡の伊豆半島の相模湾沿いに位置する伊東温泉。
開湯は平安時代とされ、江戸時代には湯治場として栄えたそうな。
湯量は本州一なんだって!
源泉が多いので、基本はどの宿も源泉かけ流しなんだって!

伊東3


見た感じ歓楽地温泉の香りも少しした。
色気のある古い建物がちょっとずつ残ってる感じが、個人的になんともツボだった。

伊東4

温泉街には、共同浴場が点在。10くらいあったのかな。
ほとんどに七福神の像が飾ってあり、
七福神にちなんだ共同浴場めぐりもできるようになっている。

商店街のアーケード内にも至るところに手湯や温泉を利用したオブジェがあった。
どこもちょことこ手触りや味(飲むな)が違ったのが、印象的だった。
全部源泉が違うってことだよね。湯量が豊富なことが伺える。

伊東1

伊東2


大きく華やかかな観光の温泉地というわけではないが、またそこがいいなと感じた。


伊東温泉、いいな。うふふ。とても楽しかったの。


ちょこちょこと廻った伊東温泉のお湯たちの記録はまた別途個別に。
どうぞよろしければ引き続きお読みください^^


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


まくら投げ大会@全国大会in伊東温泉
190223 まくら投げ大会@全国大会in伊東温泉




昨年の10月にさつま町で行われた「まくら投げ大会」。
われらが温泉ソムリエチームは、悔しくも準優勝だった。

優勝チームは、静岡は伊東温泉で行われる全国大会へ出場!
・・・・そんな、優勝チーム(川内リバーIチームさつま)から欠員が出たので、
急遽準優勝チームの我々から鹿児島温泉ソムリエカルテットが手を挙げた!という次第。

もうね、目的が何であるかは察しがつき、失笑だけどね。

とはいえ、温泉地で行われる全国大会。
会場に入ると、いやでも闘志が燃える(笑)

まくら投げ3


流石に、遠方鹿児島からの出場ということで、かなり鹿児島アピールをさせてもらえた。
鹿児島から来ると少し話題になっていたらしく、会場前の焼きそば屋さんにまで言われた(笑)


まくら投げ1


あ、会場まで売ってた「伊東温泉やきそば」美味しかった。
長男が、びっくりするような量だったけど、みんなでぺろりと食べた。



さて、本番の大会。
なんと64チームも出場。一日目は予選で、予選リーグ総当たり戦で3試合する。
そのリーグで一番点数の良かったところが、翌日の決勝リーグへ上がれる。

一回戦は、これは相手が強すぎて敗退。全国の強さを知る。
二回戦は、気を取り直して、本来の強さを発揮!ストレート勝ち!
三回戦は、かなり接戦の好試合だったが、あと一歩で敗退。


まくら投げ4


勝てば楽しい、負ければ悔しい。
だが、やはり、まくら投げ、楽しい!!

温泉ソムリエチームも強かったんだけど、
やはり優勝した川内リバーチームはすごかった。
戦略もしっかりたて、チームワークも体力も雰囲気も良い。
学ぶところがたくさんあった。

まくら投げ2
下手なモザイク記念写真。いつも不評(笑)

そう!来年に賭けるのだ!(え。)

今年も、鹿児島での予選大会は行う方向と聞いた。
伊東温泉、やばいくらい楽しいから!

是非、まずは、鹿児島予選へ!



・・・まあ、というわけで、予選敗退だので、
翌日は、一日自由時間ができたということで。
その、ゆのきろくにも、おつきあいあれ(笑)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


蒲田温泉:SPA&HOTEL和 -なごみ-
190222 蒲田温泉:SPA&HOTEL和 -なごみ-

東京都大田区西蒲田7丁目4−12 弘城ビル




色々あって、さつま町であったまくら投げ大会の全国大会に出るために静岡は伊東温泉へ。
その前日深夜に東京は蒲田に宿泊。

蒲田と言えば、黒湯で有名!
一番行きたかった「改正湯」は昨年いっぱいで廃業してしまったけど、
でもでも、深夜とはいえ、温泉に入りたいよね!ということで、
温泉ソムリエチーム、同行のチームとは別行動をし、温泉のあるホテルに泊まるの巻。

JR蒲田駅のすぐ近くのビジネスホテル。
立ち寄りで温泉に入れる、というか少々公衆浴場・・・とうよりスーパー銭湯系の香りもするこちら。

和1


とてもきれいなホテルだった。

早速温泉へ!

女湯は5階。

和3

アメニティーは完備だし、宿泊者用のロッカーもある。至れり尽くせり。
しかも深夜だったので、我々の貸し切り?

和2


洗い場はブースに仕切られたものが10か所ほど。これもアメニティー付き。


浴槽は扇形のものと、台形のもの二つ。そして水風呂と、更湯かな、透明な浴槽がひとつ。

和4

そして、露天風呂というか、外だけど露天か?というような浴槽が一つ。

和6

あとはね、サウナも2種類あったよ。

一見して黒い湯に、テンションが上がる。
少々、ぷくぷくっとした泡も見られた。

和5


まず、入ってみて、その黒さに狂喜乱舞の私たち。

モール泉は、それなりに入浴したことがあるが、こんなに黒いのは初めて。
黒いとは聞いていたけど、こんなに黒いとは思っていなかった。

和7


リアルコーヒーだぜ。

肌触りは、つるっとしていてとても気持ちいい。
モール臭はほとんどせずに、重曹の甘みもクリアで美味しい。

泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉」。

pH値は8.4、源泉温度は18度。
成分表だけ見ると、しっかりな重曹泉で強烈な個性はなさそうだけども、
この色もさることながら、肌触りはなかなかのもの。

成分表に「腐植質」という欄があるのも、また、この界隈ならではのものなのかもしれない。

深夜の旅の疲れをいやすには十分すぎる良泉だった。
あらためて、この界隈の公衆浴場を巡ってみたいなという欲にかられる。
(いや、いつかするもんね。)

旅の最初の湯は、出だし上々。
楽しみな旅のはじまりはじまり。

(成分表)
和

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ