プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
山香温泉 風の郷
170417 山香温泉 風の郷

大分県杵築市山香町大字倉成3003




大分出張翌日、オフのこの日は、竹田の方にいきたい温泉があり、そこへ行く予定だったが、
あいにくの荒天の為、ルート変更。

通りがかりの山鹿に、とっても素敵なこぢんまりとした公衆浴場を発見したので、伺ったら、こちらなんと定休日。
ノンリサーチだとなかなかうまくいかないこと多いなあ^^;

だので、その近くにあった、大きな温泉施設へ。

風の郷 (3)

道の駅みたいに大きい。
中も物産館並に色々なものがおいてあった。
宿泊も食事もできるみたい。

とても綺麗な施設だった。

中庭を見ながら奥に歩いていき、奥にある立ち寄り温泉施設は入湯料500円。
広々とした休憩スペースも充実していた。

発券機で支払って、男女分かれて浴室へ。
10円のロッカーと、脱衣棚が並んでおり、ドライヤーも無料。

立派な施設。

正直、大きい施設だから、期待をしていなかったのだけど、いい意味で期待を裏切られた!

たくさんの洗い場と幾つかの浴槽。
サウナなどもあった。

内湯は加温・加水・循環ありらしい。とはいえ、つるつるとろとろした、とっても気持ちのよい浴感。


立派な露天風呂の奥に「源泉風呂」と書かれた、小さな桶の様な浴槽が一つ。

もうね、こういうのがちょこっとあるだけで、その施設の温泉に対する意識の高さを感じてしまう。
嬉しいなー少しでも源泉に入れるんだもの。

やや青みがかった無色透明の他の浴槽とは違い、源泉風呂は緑白濁して、析出付着物が多い。

風の郷 (2)


泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
濃い塩泉。金属系のイオンも多く、あと少しで、鉄泉になるほど鉄分も多い。

源泉温度は38度となっていたが、もっと低い印象。
強い塩味と共にエグみもあり、なおかつ甘みや旨味も感じられる、なんとも独特なお湯。
さらりとした浴感も気持ちよかった。

こりゃ!いい!

気に入りました!
気に入りましたが、総成分量14000mg超えのなかなかの強烈湯。
この後の行動も考え、控えめな入浴にした、大人な私デス(笑)

またのんびり行ってみたいな。
近くの公衆浴場もまた、チャレンジしてみたいな。

久しぶりの車での来訪。
大分、やっぱり楽しい。

(成分表)
風の郷 (1)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
別府堀田温泉 桜湯
170416 別府堀田温泉 桜湯

分県別府市堀田4組-2




大分出張de少し早く到着したので、別府に寄り道たちより湯。
別府IC下りてすぐ、ノンリサーチの今回は目についた看板のこちらへ。

sakurayu (2)

ホテルのような比較的大きい体の良い施設。
大浴場もあるようだが、家族風呂が大きく謳ってあったので、そちらをお借りする。

家族風呂、2000円の暁桜のお部屋をチョイス。
ちなみに、館名にちなんでだと思うけど、お部屋の名前に全て桜がついていた。
(大浴場は700円だそう)

フロントから一度外部へでて、中庭を見ながら外廊下を歩いて行く。
戸建て(性格には長屋)感がなんとも素敵。

一番奥の暁桜のお風呂は、なんと一枚岩くり抜き風呂。

sakurayu (5)

湯はからっぽ。

フロントで頂いたコインを入れると、湯が出てくるシステム。

sakurayu (6)

おもろい。

だから、毎回新しいお湯が張られるのね。
これは嬉しい。

sakurayu (1)

あっちゅうまにたまったお湯は、やや熱め。

泉質は「ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉」。
比較的優しめの、塩分濃い目の重曹泉といったところ。

ちょっとだけつるつるし、お出汁のような味がするお湯だった。

あ、ドライヤーもついてましたん。
これも嬉しい。

sakurayu (4)


ちょっと寄っただけでも、そこかしこにいいお湯。
やっぱり別府だなあと思わされながら、その日の仕事が始まります。

(成分表)
sakurayu (3)

鹿児島県温泉案内 昭和13年版
鹿児島県温泉案内 昭和13年版

レアな本を頂く。(いや、貸してくれたのかも・・・)

DSC_1013.jpg

昭和8年に初版の「鹿児島県温泉案内」の昭和13年度版。

知らない温泉ばっかりで興味深い!!
今ある温泉と結びつけながら楽しんで読んでます。

新たな発見があるといいな^^

DSC_1014.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


ホテルオートリ 白和温泉
170402 ホテルオートリ白和温泉

鹿児島県薩摩川内市白和町1−20




久しぶりに薩摩川内市まで、ひとっ風呂浴びに行くの巻き。

川内駅から近い市街地にあるホテルオートリに併設する公衆浴場「白和の湯」。

白和1

思わずツボってしまうくらいの、いい感じのレトロな建物。

広めのフロントにある下足入も、いい感じ。

白和3

フロント?番台?で300円支払い、左右に男女分かれて浴室へ。

脱衣室は、脱衣棚が並ぶ。
ロッカーなし。ドライヤーなし。

建物は古いのだが、掃除が行き届いていてなんとも気持ちよく使える。

浴室は、浴槽が2つ。

白和4

湯気もくもく。

大きな適温の浴槽の横に、小さな「ぬるゆ」と書かれた浴槽がある。
かなりぬるめの水風呂といった感じの温度だが、これが源泉の浴槽らしい。

ちゃんと泉温が低くても、こうやって源泉の浴槽があるってのが、本当にいい。

白和5

湯気で見難いけどさ。
丸い窓が並び、様々な形のタイルが貼られていて、いい感じなレトロ。

洗い場は、シャワー付きが3つ、シャワーなしが4つ。だったと思う。
真ん中に、かけ湯用の丸い浴槽がある。これも源泉らしい。

白和7


泉質は単純温泉。
源泉温度37度とぬるめ。これをうまく利用しているなという印象。

やや塩分と重曹の成分が多めのごくごく優しいお湯。
ちょっとだけ重曹の甘みがするようなしないような、限りなく無色透明無味無臭。

しかし、いいなあと思わせるお湯だった。
ゆっくり何度も入れる好きなお湯。

白和6


ご近所の方らしき人たちがひっきりなしに訪れていた。
だけども、みんなマナーがすごく良くって、だからか、どこもとても綺麗で気持ちが良かった。


裏?表?のホテルの入口に源泉があった。

白和2

近くを通ったら、また利用したいなー。


成分表
白和
 
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ