プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
赤倉温泉:遠間旅館
161021 赤倉温泉:遠間旅館

新潟県妙高市赤倉34−2




聖地巡礼

温泉ソムリエ発祥の地・赤倉温泉。
その中のお宿、温泉ソムリエの創始者である家元が経営する旅館へ宿泊

鹿児島からは、なにげに遠いよ。
だからこそ、気候も景色も別世界で、終始テンションMAX(笑)

そんな私達を、家元はオープンアームスでウェルカム。ありがたい!

遠間1

赤倉温泉街にある間口狭めな5階建てのお宿は、なんとも感じが良い。
遠間旅館、なんと家元で6代目なのだそうだ。老舗じゃないか!

いかにも旅館らしい入り口から見るフロントには、家元がいるんだから、
温泉セミナーでしか家元を見ない私たちにとっては、なんか違和感(笑)

遠間3

料理も美味しく、九州では見ない食材も多く「これ美味しい!なんだろ!」というものも多々有り。
(あとから訪ねようと思ったのに忘れちゃったよ←こんなもんよ)


さて、ゆのきろく。

さすが温泉ソムリエ家元のお宿のお風呂と言わざるをえないこだわりが随所にあった。
華美な設えは全くないけど、最初に言っちゃう。本当に良いお湯だった。


浴室は地下にある。

この日は、家元の計らいで(多分)、女湯と男湯をいつもの逆にしてくれていたらしい。
通常、男湯で使われている浴室の方が広いのだとか。

脱衣室は、脱衣カゴが並ぶ。
ドライヤーもあったよー。

遠間4

通常は男湯の浴室。

遠間8

遠間9

壁のタイルの柄がなんかいいよねー。

浴槽は2つに仕切られている。
やや熱めのお湯は、昨日アテンドしていただいた燕温泉の近くの滝の下?が源泉だそうだ。
そんな遠くからここまで、江戸時代からお湯を引いてきてる、その技術がすごすぎ。

でも、なんかお湯は新鮮というか、とてもいいんだよね。(言葉が拙いけど)
遠くから運んできてるという感じのしないお湯だった。

泉質は「カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉」。主に石膏泉といったところか。

遠間6

なんとなくこの泉質なら、お湯に色がついてそうな気がしちゃうんだけど、
それはそれは綺麗な無色透明でさらりとしたお湯。

でも湯口には、なんともいい感じの析出物がたくさん!これだけでいいお湯って解る気がする。

やや独特なエグミ?芒硝味?があり、ほのかに硫黄の香りもする。
肌の修復作用も期待できそうな泉質で、加えてメタケイ酸も豊富♪

ちなみに、翌日は変更されてた、もともとの女湯。

遠間5

こちら、浴槽は仕切られてなく、少し狭いけども、浴槽内も石張りでこれまたいい感じ。



遠間7

成分表もついた赤倉温泉について書かれた看板。
赤倉温泉の温泉は、みんなこれが掲げてあるっぽい。
こういうのが、とってもいいなと感じた。

良泉にのんびり浸かって、新潟は妙高の美味しい日本酒をいただきながら、家元と酒盛りな夜。
なんとも贅沢な旅の一泊だった。

鹿児島には、あんまりない泉質だったんでね、贔屓目に評してるつもりはないけども、本当にまた行きたい^^

(成分表)
遠間

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
燕温泉:散策と河原の湯
161021 燕温泉:散策と河原の湯

新潟県妙高市関山




計画から実行まで2年強。
温泉ソムリエカルテット@鹿児島の4人で、鹿児島を飛び出して温泉旅を決行!

行き先は、温泉ソムリエ創始者である、遠間家元のがおられる新潟県の赤倉温泉


長野との県境にある妙高市にある妙高高原温泉郷の中の一つに赤倉温泉はある。標高800mだそうだ。
鹿児島から薄着で行った我々には、なかなか寒かった(笑)

燕1

なんかね、高速を下りてから山を登っていく感じが、霧島のペンション村みたいな感じだった。
冬場はスキー客で賑わうらしい。
宿泊は、家元が経営している「遠間旅館」だったのだが、それはまたのちほど。

到着すると、家元はとっても歓迎してくださった。ありがたい^^

で、我々、赤倉温泉より奥?にある燕温泉に行ってみようと、行き方を聞いたら、
なんと、なんと、家元自身が車でアテンドしてくださった!!

燕3

分かる人には解る。
この贅沢感、半端ない(笑)


でもね、結果として、案内なしでは行けなかったな、というのが正直な感想。
車でもかなりの山道を上り、途中、関温泉街を通り、燕温泉街へ。
(ちなみに、途中の関温泉はお湯が茶褐色だそうだ。惹かれるー!次回は行ってみよう^^)

燕温泉、標高1100mらしい・・寒いし。


車を止めて、燕温泉街へ。

燕8

急な斜面にやや大きめな旅館が並ぶ。
数件のお宿のこぢんまりとした町並みだが、ふわっと硫黄の香りがして、なんともいい感じな温泉街。

足湯もあった。

燕2

これ、旅館で食事をしてる人から丸見えだそうだ(笑)
こっくりとしたゆで卵の香りがなんともいえない。


さらに、この温泉街の坂道を、上へ上へと登っていくと、舗装もなくなり山道になる。
とても素晴らしいロケーションの渓谷で、紅葉もとても綺麗。

燕9

が、想像していなかった山道に、アウトドア派ではない私は、ややひーひー言いながら歩く。

燕6

皆さん、はるか先を歩いている・・・。←出遅れる。

温泉街から約10分ほど山道を歩き、吊橋を渡ってすぐに、足場が危うい川沿いを下っていく。
ひーひー言いながら下っていくと、見えるはこれ。

燕4
(もう暗くなってきた・・・)

川沿いに露天風呂が作ってある。
こぢんまりとした脱衣所も完備!(まあ、混浴だけどね)
ほぼ、野湯なのに、とても綺麗に管理されていた。

燕5

もう暗いので、なんか幻想的。

そう大きくない湯船には、真っ白なお湯が!
硫黄の香りもしっかりしていたので、硫黄泉だと思っていたのだが、成分表を見ると違うのね。

泉質は「カルシウム・マグネシウム-炭酸水素・硫酸塩泉」。
土類系というよりは石膏泉の方が近いのかな?どうなんだろ。

さらっとした触り心地で、きっと入ったら、これ気持ち良いだろうなあー。
あ、混浴だし時間も時間だったので入りませんでした。
(帰りは真っ暗ななか、更にひーひー言いながら帰ることとなったし・・・)

これ、自分たちでは行けない・・・。
場所も絶対解らなかったと思う・・・。
(でも、行けるやろ、とかなり軽く考えてた。)

本当に、連れてってくれた家元には感謝です。
入浴には至らなかったけど、関温泉と燕温泉。
外観からでも魅力的なお宿も多かったので、是非また行きたいところだ。

いつも以上に支離滅裂な文章で申し訳ないです。
というわけで、今度はしばらく、上州信州の旅シリーズ、続きます。

(成分表)河原の湯
燕


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




JR九州ホテルブラッサム大分 シティスパてんくう 
161008 JR九州ホテルブラッサム大分 シティスパてんくう 

大分県大分市 要町1番14号




大分出張最終日。
連休中だったせいか、安価なビジネスホテルが軒並み満室・・・T-T

徒歩圏内で空いていたのが大分駅ビル内のこちらのホテル。
素泊まり10000円・・・仕事では痛いと思ってしまう金額だからどうかしてる。

てんくう1

しかしながら、駅からドアtoドアのこのホテル。
便利なことはもちろんだが、最上階に温泉付き♪

立ち寄り入浴だと1500円という、なかなか高価な温泉なのだが、
宿泊客は、何度でも入れるというんだから、これは魅力!!!
(4回はいりましたがな。もとはとったぞ! ←・・・とほほ)

専用のエレベーターで19階のスパ専用のフロントへ行くと、
とっても大きなバスタオルとフェイスタオルが貸し出される。
ロッカーの鍵と一緒にね。

それをもって20階の脱衣室にいき、自分の番号のロッカーで脱衣。

ちなみに元気なドライヤーや、クレンジングからなにからなにまでアメニティーは揃っている。
身一つで立ち寄っても全然大丈夫。

あ、写真撮影は禁止だったので、写真はない。

20階は内湯。
ガラス張りで大分市内が見渡せる。

21階は露天風呂。
少々見えるのが気になる方は湯浴み着も置いてあるので、それを着ていける。

もうね、ロケーションが最高すぎ。

ちなみにこれは宿泊した8階の客室からのながめ。

てんくう2

これよりもずっと凄い。

貼ってあった屋上露天風呂の写真。

てんくう3

もう、現物の方が数段すごすぎ。

泉質は、「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。重曹泉ね。
大分市内よろしくの、なかなかなモール泉。
つるつるとろとろの気持ち良い浴感で、ふわりとスモーキーな香りがたつ。

たまには、こんなラグジュアリー感♡最高♡

無論眺めは屋上の露天風呂が最高だけども、
お湯は内湯のほうが良いな、と感じた。

休憩場所もあるし、サウナもミストと遠赤外線と二種類ある。
至れり尽くせりな温泉で、もう言うことなし。

行けるんなら、また行きたい^^

(成分表)

てんくう

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

別府鉄輪温泉:上人湯
161008 別府鉄輪温泉:上人湯

大分県別府市風呂本




別府駅からバスに乗って鉄輪温泉まで行く。
バスは初めてだったので、これはこれで良い感じだった。
バス、ありだな。

鉄輪温泉では、毎回行く度に入ろうとしてまだ入れていない温泉へ。

上人1

鉄輪温泉の湯治宿が並ぶメインストリート?にある。
目立つのだが、組合で管理している温泉らしく、向かいの食堂などに行き、お金を払って入る。
(今までは、この食堂などが開いてなくって入れなかったの)

入浴料は100円。
引き換えに木札をいただく。

入り口には神様。
大分の温泉のこれが私は好きだ。

上人2

脱衣室と浴室が一体になった公衆浴場。

上人4

木札を掛けるところもあった。

上人3

浴槽が一つ。

上人5

いい雰囲気だねえ。

泉質は「ナトリウム-塩化物泉」。
やや熱めのお湯で、ややガツンとくるお湯だった。
少しだけ硫黄の香りがしたような・・・金属系の味もはっきりとした。

とてもいいお湯。
入れて良かった。また入りたいなと思うお湯。

一湯だけいただき、まだバスで別府駅に戻った。
バスに揺られるのも楽しかったことが、この温泉とセットで思い出になりそう。

(成分表)
上人

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

温泉ソムリエ師範六三四による温泉ソムリエ認定セミナー
いつもお世話になってる(か?)私の鹿児島温泉師匠である六三四氏が、
鹿児島市内で「温泉ソムリエ認定セミナー」と行います!

師匠、いつのまにか「温泉ソムリエ師範」にならはったー。

ちなみに「師範」は全国に5人しかおらず、
創始者である遠間家元以外で、温泉ソムリエ認定セミナーを行うことができる、すっごい存在なの。
(なのに、最近慣れすぎて、タメ口・・・師匠、いや師範、ごめん (笑))

そんな貴重なセミナーが、ここ鹿児島でも!

ということで勝手に告知するの巻。
私もちょっと覗きに行こうと思ってるのだが、師匠・・いや師範が覗かせてくれるかは謎(笑)



温泉ソムリエ師範六三四の温泉ソムリエ認定セミナー
2016/10/29  13:00~17:00
受講料 23760円
会場 イオン鴨池店教室
問合 リビングカルチャー倶楽部事務局 099-248-776





(そして画像も勝手に拝借)

14481907_1101311099982000_5669317659301030794_o.jpg


是非に。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



別府温泉:海門寺温泉
161008 別府温泉:海門寺温泉

大分県別府市北浜2丁目3−2




前日、春日温泉の前でうろうろしていたら、「この先の市営の海音寺温泉がきれいよ」と言われたので、
翌朝に行ってみた。

公園のすぐそばにある良い立地。

海音寺1

朝なのにやっぱり人が多いね、市営できれいなので人気の施設のようだ。

海音寺2

まだまだ新しい建物。
中に入るとすぐ番台があり、100円支払う。(安い!)

脱衣棚が並ぶ脱衣室。
ちょっと体の良い公衆浴場。

レトロな公衆浴場にはないシャワーがある。
洗い場は6つくらいあったかな。混み合ってたけど。

皆さん、洗体洗髪に忙しく(笑)浴槽は独り占め。

海音寺3

2つに仕切られていて、熱湯とぬる湯に分かれていた。
これも、自分の中で別府あるあるなのだが、ぬる湯でも大概熱い(笑)

海音寺4

さらりとして無色透明の綺麗なお湯は、ほのかな塩味と芒硝の香りがした。
近いところにありながら、それぞれ個性があるお湯が楽しい。

ぽっかぽかな朝風呂。
別府の朝を満喫。

(成分表)
海音寺

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



別府温泉:春日温泉
161007 別府温泉:春日温泉

大分県別府市駅前本町6−16




宿泊したホテルの近く(つまり別府駅前界隈)をうろうろしてたら、レトロな温泉を発見!

きゅーんときてしまう建物。

春日1

横から入る感じも、なんかいいよね。

春日2

番台みたいなのがあったが、不在。
箱が置いてあったので、入湯料100円を投入。(安い!)

別府温泉でよく見かける、脱衣室と浴室が一緒のタイプ。

春日3

レトロな色もいいねー。

春日4

浴槽は一つ。

ややあつめのさらりとしたお湯。
泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。この界隈のお湯はこういうのが多いね。
でも重曹泉でありながら、この界隈のお湯はつるつるはそんなにしないように思う。
どちらかといえば、さらりとした浴感。

春日5

通り道での入浴だったので少しの時間だったけど、いいお湯。
なんか大事にされている温泉という印象をうけた。

駅から近いし、また今度行ったときはゆっくり入れたらいいな。

(成分表)
春日

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



別府温泉:ホテルフジヨシ
161007 別府温泉:ホテルフジヨシ

大分県別府市野口元町1−3




毎週のように大分出張が続きましてん・・・。
またまた大分シリーズ、少しお付き合いくださいませ。

大分市内での仕事が少し早めに終わる予定だったのと、
翌日の始まりも少し遅い時間だったので宿泊は少し足を伸ばして別府へ。

別府駅からすぐ(というかほぼ駅)のこちらのビジネスホテル。

フジヨシ1

古い昔ながらのビジネスホテルだったけど、一人で安価だから充分。

嬉しいのはこちら、流石の別府、温泉付き♪
立ち寄りも有るみたいだが、宿泊者はいつでもどーぞ状態。

最上階へ行くと、EV前におばちゃんが座ってる。
ルームキーを預けようとすると「持って入っていいよ」とのこと。
・・・ならばなぜ、あのおばちゃんはいつもあそこにいるのだろうか(謎)

こぢんまりとしているけど綺麗な脱衣室。

フジヨシ2

脱衣棚が並べられており、ドライヤーあり。

浴室もこぢんまりだが、この景色!

フジヨシ3

別府駅前一望。
なんとも良い景色。

これでテンション上がる安上がりな私です。

お湯は、さらっとした「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。
ちょっとだけ塩味のする優しいお湯。

だが気持ちいい。

終始独り占めの贅沢な入浴だった。
仕事の疲れもちょこちょこ温泉で流せていけたらな、的な出張のはじまり。

(成分表)
DSC_0222.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

コモドホテル
160925 コモドホテル

大分県大分市金池町1丁目2番1号




大分出張で、大分駅すぐ横のこちらのビジネスホテルに宿泊
以前、温泉付きと聞いていたので実はとても泊まってみたかった^^

比較的安価で古いタイプのビジネスホテル。
大分駅のすぐ前なので、立地としてはとっても便利!

温泉は最上階にある。

宿泊者はパスワードを聞いて開けるシステム。
(どこかでもあったな、このタイプ)

まずまずアメニティーもそろっており、さすがにホテルの温泉。

コモド1


入ると透明なお湯の浴槽が一つ。
サウナと水風呂もあった。
(出張のお父さんたちもこれは嬉しいかもね)

洗い場は3つ、あったかな。

コモド2


この内湯が温泉であるかどうかは不明。
温度はちょうどよく気持ちの良いお風呂だったけど^^

露天風呂がある。

お湯の色を見て「うわ?」と声がでる。

コモド3


露天といってもほとんど壁に囲まれた小さな空間。
しかし、そこに張られたお湯はなんとも素敵な琥珀色。

大分市内の温泉に多いつるりとしたモール泉。
ごくごくほのかにスモーキーなモール臭がする。

ちょっとぬるめだったけど、いいお湯。

実は、大分の温泉といえば別府や湯布院なのだろうけど、
私は、今まで入ったものを鑑みて言えば、大分市内の温泉のほうが好きな感じのお湯が多い気がする。

コモド4


ここは、入れて良かったなーと思えるお湯だった^^
出張の疲れもいい感じで癒していただいた。
リピありかもー。

(成分表)
コモド


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

別府鉄輪温泉:慈菜湯宿 粋房おぐら
160925 別府鉄輪温泉:慈菜湯宿 粋房おぐら

大分県別府市小倉1組-3




大分へ仕事。
早めについたので、途中別府で立ち寄り湯をいただく。

おぐら荘1

落ち着いた和風のお宿の貸切湯。
いくつかお部屋があったが45分で1500円の「山吹」というお部屋のお風呂へ。

下駄に履き替え奥へと続く通路をゆっくり降りながら歩いて行く。

おぐら荘2

渡された鍵。

おぐら荘3

別棟の湯小屋はなんとも雰囲気がある。

脱衣室のきれいで素敵。

おぐら荘4

小さいながらも内湯と露天のついたお部屋だった。

おぐら荘5

釜のような内湯は無色透明。
成分表ば2つあったが、そのうちの単純温泉の方だと思われる。

驚いたのは露天風呂の方。

おぐら荘6

なんともきれいなブルーのお湯。
少し白濁にも見えたので、「あら、硫黄泉なのね」と思って入ったらそうではない。

泉質は「ナトリウム-塩化物泉」。
ほどよい塩味のお湯だった。

ではなぜこの色?
と察するに、メタケイ酸の多さかもしれない。なんと723mg。

塩湯と言ってしまうにはさらっと気持ちいい浴感で、これは本当に感激。

たまたま立ち寄った湯だったけど、いいお湯で感無量。
ここはまた他のお部屋も利用してみたいなー。

(成分表)
おぐら1
おぐら2

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

中小屋温泉
160911 中小屋温泉

北海道石狩郡当別町字中小屋本中小屋




札幌から滝川市へ向かう途中に、温泉の看板を発見。
温泉目的の旅ではなかったのだが、立ち寄ることに。

細い道の先にあるのは、なんとも不思議な感じの建物。
宿泊もできるらしい。

中小屋1


こちらの温泉、鉱泉として歴史があるものらしい。

入口に北海道っぽいものが。

中小屋2


とっても昭和を感じる建物。
フロントで立ち寄り入浴料500円を支払う。

中小屋3


昭和を楽しみながら(笑)奥の廊下を進むと浴場。

中小屋4


中小屋5

広い脱衣室。ドライヤーとかはなかったんじゃないかな。
脱衣棚が並ぶ。

中小屋6


浴室は、結構広め。

中小屋7


サウナや機能浴などもある。
浴槽は二つに仕切られていた。

浴室に行く途中の廊下に、せっせとボイラーでお湯がたかれているかんじのボイラー室が見えたので、
沸かしているのだと思うが、浴槽内は適温。

中小屋8

成分表がみつからなかったので詳細は不明だが、
ほぼ無色透明無味無臭な感じのお湯。
冷鉱泉を沸かしたときの独特の香りがあったようなないような。

なんとも表現しにくいお湯に首をかしげながら、露天風呂へ。

露天風呂といいつつも室内。

中小屋9


こちらのお湯は、結構ぬるめだった。
これが源泉のままか?と思ったりもしたが、あまり清潔感がなく、鮮度も感じなかったんでちがうんじゃないかなあ・・・。


個人的には「?」の多い施設だったけど、
お昼の時間なのにひっきりなしに人が訪れていたので、まずまず人気の施設の模様。

ちょっとパラダイス系な温泉だったので、面白かったけど^^


(成分表)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

吹上温泉:もみじ温泉 島津の宿
160904 吹上温泉:もみじ温泉 島津の宿




120422 の ゆのきろく → ★★★

友人に誘われて久しぶりに吹上温泉へ。

DSC_0099.jpg

偶然にも人が少なめの時間帯だった。

DSC_0101.jpg

嗚呼、やっぱりいいお湯!!

以前は結構熱めに感じたが、温泉慣れ?したせいもあってか、今回は適温に感じた。
このつるとろの硫黄泉、気持ちよすぎ!

久しぶりにいいお湯をいただきました^^

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ