プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
妙見温泉:忘れの里 雅叙苑
150824 妙見温泉:忘れの里 雅叙苑

鹿児島県霧島市 牧園町宿窪田4230




しばし、夏休みな一日に、こちらのお宿の入浴付きランチへ。
まずはニワトリさん達がお出迎えしてくれる。

IMG_5928.jpg

こちらのお宿、古民家を移築してひとつの農村のマチを形成してるようなロケーション。
どこか懐かしいような、落ち着いた雰囲気が人気なんだと思う。

・・・が、まあ、お高めのお宿です^^;
良いと思うか、不満に思うかは、その人の価値観次第かなというお宿だね、うん。

ちなみに入浴付きランチは3000円。
この日は天気もよく、いい感じ。

IMG_5925.jpg

段差ありありの不便さもまたここでは格別。
狭い通路を歩いて食堂へ。

途中、ニワトリさんと交信してみる。

IMG_5926.jpg

とっても涼しかった食堂^^

側に面した景色を眺めながら頂く昼食。
私は温かいお蕎麦、お向かいの方はラーメンサラダ的なもの。

IMG_5921.jpg

懐かし目の優しい味に、満足になった後は、お風呂へ。

IMG_5929.jpg

男女別の浴室と、宿泊者専用の貸切風呂「ラムネ湯」がある。
ラムネ湯、ちょこっと見せて頂く。

IMG_5931.jpg

温度が違う浴槽が2つ。
ラムネというくらいだから、この界隈だしシュワシュワがつくのかな?と思い手を突っ込んでみたが、
あんまりつかなかったなあ。
入浴したらまた感覚が違うかもしれないけど。

もどって、女湯へ。

簡素にも見える建屋内には軟石を繰り抜いたようにも見える浴槽がひとつ。

IMG_5932.jpg

すのこが敷いてあるところで脱衣を行う。
ちなみに、ドライヤーはあったけどね、鏡がないからなにかと不便だった・・。

タオルも重ねておいてあったが、面白いくらい薄くゴワゴワのタオルで(笑)
何枚も使ってしまいましたが。

アメニティーはあるけど、洗い場はない。
ガッツリ「洗う」気で来ると、これはなかなか不便だけど、
まあ、なくても良い私。

さてお湯。
泉質は、この界隈よろしくの「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉」。
炭酸水素イオン1000mg超、メタケイ酸231mgとは、ブラボーな数値。
が、浴感は割りとあっさりと感じる。

金属味と重曹の甘さがある独特の味。えぐみは少ない。

かなりさっぱり系のお湯で、やっぱり夏向けだなーと思う。
あまり汗をかくお湯でもないしね。

なにより風情がありますなー。

しばしのんびりな入浴タイム。
この界隈は、いろんなタイプのお宿があるから、本当に面白いね^^

(成分表)
雅叙園


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
国分温泉
150819 国分温泉

鹿児島市霧島市国分新町398-1




住宅街にあるこれまた、なくてはならない感じの公衆浴場。

IMG_5913.jpg

入湯料390円。

明るいフロントから男女分かれた浴室へ。

脱衣室は、鍵付きの脱衣棚が並ぶ。
ドライヤーはあったような気がする^^;

浴室は、気持ちのよい公衆浴場の体。

IMG_5914.jpg

洗い場は10程並び、浴槽は、電気、うたせなど機能浴も充実。
大きな水風呂もあり、サウナも遠赤外線とミストサウナが両方あるという嬉しい設え。
水風呂はキリリと冷たく、とても気持ちよかった。

お湯は少し黄みがかったとてもつるつるするお湯。
限りなく日当山温泉を思わせるなかなか気持ちの良いお湯だが、ほぼ無味無臭。

泉質は「単純温泉」。(限りなくナトリウムー炭酸水素塩泉)
メタケイ酸111mgとはなかなかじゃない?

昼前というとても中途半端な時間にかかわらず、
かなり賑わっていた施設だった。
ご近所に愛されて大事にされてるんだなと分かる温泉だった。

こんないいお湯に毎日入れたら幸せだね^^

(成文表)
IMG_5915.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
湯之尾温泉:民宿やまびこ荘
150821 湯之尾温泉:民宿やまびこ荘

鹿児島県伊佐市菱刈前目4239−3




先日、惜しまれながらも廃業してしまった山田温泉センターのそばにあるこちらの民宿。

温泉に入らせていただけるのかなーと思って訪ねてみると、
基本的には宿泊者のみの入浴だそうだが、
お宿の方のご好意で200円にて立寄り入浴させていただいた。

IMG_5911.jpg

この界隈のこういう民宿。
結構泊まってみたくなる。

廊下の突き当りに浴室が。
鍵をして、貸し切りに^^

脱衣室は、ごくごくコンパクト。
お宿の方々も使っているとのことで、自宅のお風呂をお借りしている気分のスケール^^

浴室には扇型の浴槽がひとつ。

IMG_5907.jpg

お湯は、山田温泉センターを同じ源泉だそうだ。

つるとろのお湯は、うっすらと重曹の甘み。
山田温泉センターよりも優し目に感じるお湯。

熱めの源泉をゆっくりと湯船にためながら冷ましているらしく、
湯船はぬるめの適温。

だが、汗が引かない!

さすがに侮れない湯之尾温泉の湯。
気持ちのよいお湯を頂きました。

これ、一週間前のきろく。
・・・ちょっと遠出もできずに、地味に?近所の温泉銭湯に通う日々でございます。


(成分表)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


京町温泉:観光温泉
150731 京町温泉:観光温泉

宮崎県えびの市大字向江780




観光つながりでもう一湯。
行きたかった温泉の一つ。

IMG_5893.jpg

京町温泉のこのバス停を模した、温泉案内看板が好きだ。(いつも書いてるけど)
これだけでぐっと面白い温泉街になっていく気がする。

そしてこちらの温泉。

IMG_5894.jpg

完全にレトロ好きのハートを鷲掴み。
なんて素敵なんだろう!

こんな素敵な公衆浴場に、もうわくわく。

番台チックなところで、おばあちゃんに入湯料を支払う。
350円と書かれていたので、350円支払うと。

「いや・・・300円だから。」と。

「え?350円って書かれてるので・・・」と聞き返すと

「うん。でも300円なんだもの・・・」とうつむく。

なんかそれがとっても可愛くて見とれてしまい、そうですかと300円を支払った(笑)

IMG_5902.jpg

向かって右側が女湯。
入り口の壁のタイルも、キュンキュンしちゃう♪

脱衣室は、脱衣棚が並ぶ。

IMG_5896.jpg

運良く貸し切りだった。

そして浴室。

IMG_5897.jpg

これはヤバイ。
完全にツボった!
(変なのか?私は?)

こんな温泉があったんだ・・・。
ますます楽しいぜ、京町温泉(笑)

勢い良く注がれるお湯は、結構熱めの「単純温泉」。
やや琥珀色でほのかにモール臭がし、つるつるする。
丸い甘さのなかに金属味を感じるなんとも気持ちのよいお湯。

IMG_5898.jpg


もちっとぬるいのかな、と思っていたのだが結構熱く、「あぢ!!」と声を上げながらの入浴。
(いいんです。貸しきりだったから。)

天井や壁の設えといい、壁の張物といい、本当にツボ。

IMG_5901.jpg

つっこみどころ満載。
「絶対」って昔はこう書いたのでしょうか(笑)

しばし、悦に入るツボ温泉。
いやはや。まだまだあるんだねー。(県外だけど)

(成分表)
京町温泉:観光温泉

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

京町温泉:京町観光ホテル
150731 京町観光ホテル

宮崎県えびの市向江669




良か天気の週末。県境をウロウロ。

汗だくの中、先ずはこちらの一湯。

IMG_5892.jpg

お風呂がまだ掃除が終わったばかりで溜まってないとのこと。
そうですかーと帰ろうとしたら、それでもよければどうぞ、と!

入湯料400円。

廊下の突き当りにお風呂がある。
まだ清掃中の札が^^;

IMG_5884.jpg

入ると、ちょうど清掃を終わらせた従業員のお二人が汗を流すために入浴するところだった。

脱衣室は、脱衣棚が並ぶ。
鍵付きの貴重品ロッカーがあり。
ドライヤーもあったはず。

IMG_5891.jpg

クーラーが効いてて涼しいの。

浴室は、ほのかに暗め。
ちょっとだけ日当山温泉の優湯庵(旧スパホテルYou湯)を彷彿させたのは私だけだろうか?

IMG_5887.jpg

浴槽は3つに別れており、源泉が注がれる熱めの浴槽と、それに続くぬるめの浴槽。
(この日はまだお湯が半分くらい)
その横に、浅めの寝湯がある。

四阿付きの露天風呂もある。

IMG_5886.jpg

シャワーも元気だし、アメニティーも完備。
「一番風呂に入れてラッキーね」と従業員の方々も良い方だった。

泉質は、「単純温泉」。
あまりつるつるは感じないお湯だが、ほのかに金属味と甘みを感じ、そしてモール臭を感じるお湯。
結構熱めで、汗の引かない気持ちのよいお湯だった。

このモール臭とメタケイ酸の多さ。
この県境界隈のよか湯だなーと嬉しくなる。

京町温泉、やっぱり面白い。




160625 再訪

温泉ソムリエ認定セミナーinえびの京町温泉 のため再訪。
いや。やっぱ素敵。

kannkou1.jpg

露天も素敵。

kannkou2.jpg





(成分表)
京町温泉:観光ホテル

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ