プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
串良さくら温泉
141229 串良さくら温泉

鹿児島県鹿屋市串良町下小原3948−1




帰省して実家の風呂に入るも、温まらない・・・。
自宅の風呂に入ることがほとんど皆無の私は、どうにもこうにも違和感が。
これじゃあ、余計に風邪ひくわ、と、翌日に、こちらの温泉へ。

IMG_4600.jpg

焼却施設の熱で沸かしていると聞いていたので、ずっと温泉ではないと思ってたのだが、温泉なのね。
しかもエコだよねー♪

鹿児島でも大隅地域はあまり温泉に明るくないように感じるが、
結構いいお湯が沸いてるんだよね・・・意外に。

そんなこちらの施設、入湯料は310円。

男女分かれて大浴場へ。
所謂、施設充実派向けの施設。

脱衣所は、100円いれて帰ってくるタイプのロッカーが並ぶ。
ドライヤー無料は、髪の毛ずる長女にはやっぱりうれしい。

浴室は、洗い場もたくさん。20くらいあったかな。

かけ湯、かけ水、サウナ、水風呂、泡ぶろなどなどいろいろな浴槽がある。
いい感じの露天風呂もあった。

IMG_4608.jpg

泡風呂近辺は消毒の塩素臭が結構したのだが、
想像していたより、なかなかどうしてよいお湯でちょっと驚いた。
やっぱり行ってみなくちゃわからないね。

IMG_4610.jpg

泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
結構な重曹の成分のお湯。鹿屋はこれだから驚かされる。(期待してなかったのに)

循環ありだと思うのだが、ほのかな塩味がするお湯。
結構つるつるするお湯で、温まる。

家の風呂ではどれだけ入っていても汗がでないのに、やっぱりすぐに汗がでるもん、温泉だよね。

年の瀬でばたついているが、温泉行けてよかった。
明日もいけたらいいな・・・。
どこに行こうかな。

(成分表)
IMG_4603.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
京町温泉:十兵衛の湯
141226 京町温泉:十兵衛の湯

宮崎県えびの市大字向江212-1




どこかで髪の毛を洗って帰りたかったので、もう一湯。
最近興味のある?京町温泉の目立つこちらの湯を頂く。

うどん屋さんが併設してる温泉で、宿泊もできるらしい。

IMG_4567.jpg

京町温泉のこの看板がとても好き。

IMG_4566.jpg

駐車場に足湯も設置されていた。


こちらの貸切露天風呂をお借りする。
1時間2000円。
ちなみに大浴場は450円。

IMG_4569.jpg

こぢんまちとした露天風呂。
この日はそんなに寒くなかったので露天風呂でも全然OK。

脱衣棚があるのみだけど、ドライヤーがあったのが嬉しかった。
アメニティーも完備♪

正直、あまり期待をしないで入ったのだが、良いお湯だった。

泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉」らしい。
京町温泉のお湯は、鹿児島の吉松温泉と近いモール泉と思い込んでいたから、これはちょっと驚いた。

IMG_4571.jpg

結構熱めの湯船で、冷ましながら浸かる。
ちょっとつるつるするお湯で、軽くモール臭はした。
なんとも気持ちの良いお湯!
うっすら塩味と芒硝味というのかな、独特な味がうっすらした。

特記すべきはこの析出付着物。

IMG_4570.jpg

真っ白なの!
出水界隈で見かけるものなのだが、こういうところであると思ってなかった!
ちょっと意外だったのは、私だけ。

やっぱり京町温泉楽しいなあ。
県外だけど、ちょっと気になる温泉街。

今回も良いお湯に遭遇。
また行こっと♪

(成分表)
IMG_4568.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ





あきしげ湯
141226 あきしげ湯

宮崎県えびの市浦146



キャベツの収穫をしてる畑の中。
年末にご苦労様です。

そこに突如現れる建物があきしげ湯。

IMG_4550.jpg

中を開けるととても広い畳敷きがあった。
管理している作務衣の女性が、
三指ついて「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」とおっしゃてくださったのには、恐縮してしまった(笑)

入湯料は500円。

IMG_4555.jpg

脱衣室は脱衣棚と鍵付きのロッカーあり。
ドライヤーはなかったように思う。

基本的にあまり注意書きがされてるのは好きではないのだが、

IMG_4563.jpg

こちらの施設はとても味のある綺麗な文字で、書かれている内容もなんとなく気持ちが良かったので好印象。

浴室には、2つに仕切られた浴槽がある。

IMG_4561.jpg

大きな窓に面してとても明るい。
吐湯口から離れたぬるめの浴槽は浅く、寝湯にはいい感じ。

こちら、源泉かけ流し。加水加温なし。

少しだけ茶色に色づいているけども透明なお湯で、うっすらと甘みがある。
入ったとたん、嗚呼、これは気持ちがいい!と思った!
かなり好みのお湯。

つるつるとして気持ちがいいの^^

泉質は、「単純温泉」。
うっすら重曹成分というところだが、炭酸イオンも多めなので、このつるつるかな。
メタケイ酸も120mg超えなのは嬉しい。

IMG_4560.jpg

お湯が新鮮だからか、肌に小さな気泡が集まる。
これも気持ちよさを倍増させる♪


なんとなく不思議な露天風呂もあった。

IMG_4558.jpg

これもゆっくり源泉が注がれているが、下部は水だった。
混ぜられてないからかな^^;
暖かく天気の良い日には、露天風呂のほうがのんびりできそう。

対応してくださった女性の感じがとてもよく、お湯も予想以上に良くって、
来た甲斐のあった温泉だった。

いいお湯だなーまた行こう。




160625 再訪

やっぱりここいいよね。

今回も、こちらのご婦人、三指ついてお出迎えしてくれた。

akisige3.jpg

以前は冬に来たから、あれだけど(どれよ)
こちら夏向けだと思う!

akisige1.jpg

良泉は健在。

akisige2.jpg

夏なら少々の雨でも、露天はぬるめでよろし。
一つは、水風呂だった。

良い良い^^
(成分表)
IMG_4554.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

湯穴温泉
141226 湯穴温泉

宮崎県都城市吉之元町4518-9




ちょっとだけ鹿児島県境の宮崎をドライブ。
して、こちらの温泉に立ち寄り。

IMG_4549.jpg

湯穴とかいて「つあな」と読むのだそう。
割りとキレイ目でペンションのような建物だった。

入湯料300円。

脱衣所は脱衣棚が並ぶ。
ドライヤーはなかったように思う。

浴室をに入ると「おー・・・」。


IMG_4548.jpg

析出物の芸術だね。

IMG_4546.jpg

カルシウムが多く含まれているので、この析出物。
浴槽の縁はガビガビに囲われている。
湯船には白い細かい湯の花が沢山。

こちら、冷鉱泉。
ちゃんと源泉の湯船もあるから嬉しい。
・・・が、この時期の源泉温度22度は、氷水にしか感じない・・・ので、手だけ付けてみる。
なんともキリッとした感じ。(冷たいからか)

泉質は「カルシウム-炭酸水素塩冷鉱泉」。
カルシウムイオンが群を抜いて多いけど、二酸化炭素も677mgと多め。

IMG_4547.jpg

冷鉱泉でこれだけ二酸化炭素があれば・・・と思って、蛇口をひねり源泉を飲んでみる。
おおお・・・微炭酸のようなしゅわしゅわした甘めの水。少し金属味を感じる。
色からしてもっとエグいかなと思ったが、えぐさはなし。

適温に温められた浴槽のお湯も気持ちが良かった。
キシキシと抵抗感があるお湯。
こういうお湯も久しぶりだなあ。

突如として、こういうお湯があるから宮崎も凄いね^^

いいお湯を頂きました。

(成分表)
湯穴温泉

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



焼肉厨房 わきもと 足湯
141226 焼肉厨房 わきもと 足湯

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3885−73




昼食を食べようと思ったら足湯があったー。

IMG_4536.jpg

流石、丸尾温泉♪

あひる隊長が先客。

IMG_4537.jpg

調度よい温度の足湯。
硫黄の香りが立ち込める無色透明のお湯。


IMG_4538.jpg

ほっこり温まる。

ぼーっとしてると背中までぽかぽかしてくるから足湯って凄いね^^

(成分表)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
某源泉ドーム
141226 某源泉ドーム

鹿児島県霧島市




「この下に温泉が湧いてるところがあるんだよー。」
・・・と、だいぶ前にかなり軽く聞いていて、一度は行ってみようかなと思ってた。

まあ、野湯なので、自分の範疇外(!)なんだけど。

あまりに軽く言われて、軽く聞いていたので、かなり簡単に行けるんだろうと思っていたので、
今回も軽く行ってみたのだが・・・


思ったよりずっとしんどかった


アウトドア苦手なのに、今までで一番しんどい野湯体験だったかもしれない。
(なら行くなよ・・・と自分でも思う・・・)

川沿いのやぶをかき分け降りていくと(結構難儀よ)見事な温泉ドームがお目見え。
自噴している温泉の析出物で辺りがこんもりと丘になっている。

IMG_4534.jpg


・・・感動よりも、アウトドアがしんどくて、写真も少ない(爆)
温度は45度くらいかな、いい感じに適温。
重曹と金属味を有する味は、とても好きな味。

IMG_4531.jpg


流れついた下のほうには湯船?らしき溜りがあったけど、滑りそうだったのでそこまではいかず。

お湯を見て触って、また来た道を帰る。


・・・普通の恰好で来たからかもしれないけど、しんどかった・・・(それしかない)
とってもテンションだだ下がりで、車まで戻った私。


・・・やっぱり、アウトドア苦手。
野湯ハンターにはなれません。(なりません)

(成分表があったらすごいよね・・・)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
日当山温泉:岡元温泉
141224 日当山温泉:岡元温泉

鹿児島県霧島市隼人町姫城2547




IMG_4512.jpg
佇まいが気になっていたので、行ってみる。お初です。

こういう公衆浴場、好きなんだよね、私(笑)

入湯料200円を支払い男女別の浴室へ。


脱衣所は広々。
脱衣棚が並ぶ。ロッカー、ドライヤーなし。

IMG_4524.jpg

浴室、これまたいい雰囲気で♪

IMG_4522.jpg

二つに仕切られた浴槽が一つ。
洗い場はシャワー付きが3か所、

IMG_4514.jpg

無色透明無味無臭のお湯はちょっと熱めだが気持ちが良い。
熱めの浴槽がなんとも気持ち良かった。

ほのかに重曹の甘さのするお湯で、これ、多分飲泉としても相当美味しい。

優しくて気持ちの良いお湯。
毎日入りたいお湯だねえ。

これまた良いお湯でした。

(成分表?)
岡元温泉

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


温泉処一茶
141224 温泉処一茶

鹿児島県霧島市国分新町819−1




国分でこのタンクが目立つ温泉。

IMG_4511.jpg

街の公衆浴場。

IMG_4505.jpg

なんともカラフルレトロなエントランスが可愛い。

入湯料は300円。
番台で支払い男女分かれる。
入り口に小さな休憩所もあった。

IMG_4506.jpg

脱衣所は鍵付きの脱衣棚が並ぶ。
畳敷きの小上がりもあり、優しい印象。
ドライヤーは無料であるのが嬉しい。

IMG_4510.jpg

浴室は、色々な浴槽が並ぶ。
気泡浴、電気風呂、水風呂など。(サウナはないよ)

洗い場は固定式シャワーのついたものが9箇所。

こういう典型的な公衆浴場の体は、なんか落ち着くねえ。

お湯は「ナトリウム-炭酸水塩泉」。
ちょっと熱めに感じるのはこの時期嬉しい。
少しつるつるして、ほぼ無色透明無味無臭。ほんのり甘さを感じた。

古めの施設だけど、どこもとても清潔にされていて好感がもてた。
朝から、ガッツリ髪の毛まで洗って、まったりのんびりさせてもらった。

良いお湯でした^^

(成分表)
一茶

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




加治木温泉病院 足湯
141224 加治木温泉病院 足湯

鹿児島県姶良市加治木町木田4714




加治木温泉病院の入口前に足湯があるー。

IMG_4499.jpg

きちんとした足湯でびっくり。
ちゃんと成分表まである。

IMG_4500.jpg

源泉が熱いので加水はしてある模様。

やっぱ加治木っていいお湯だよねー。
無色透明でつるつるして、少し独特な味がする・・・これは芒硝味なのか?

そう。
鹿児島県内では貴重な芒硝泉を含む「ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉」。

足湯でも感じられるとてもよいお湯でしばしまったり・・・。


・・・していたら、コートはお湯に入っているし、
まくりあげたパンツも太ももまでびしょ濡れ・・・おしりまで濡れていた><

・・・なんでこんなに足湯に入るの下手なんだろう・・・私><

(成分表)
加治木温泉病院

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


川内高城温泉:双葉旅館 (旧五助屋)
141207 川内高城温泉:双葉旅館 (旧五助屋)

鹿児島県薩摩川内市湯田町6461



久しぶりの名湯百選:川内高城温泉。
やっぱりこの街並みは素晴らしい♪

IMG_4467.jpg

今回は、こちらの温泉へ。
川内高城温泉で一番の老舗宿だそうだ。

IMG_4431.jpg

これもキュンキュンするレトロっぷり。
道路向かいの双葉屋と経営者は同じらしく、料金250円はそちらで支払う。

話をしたおばあちゃん、「こっち(双葉屋)の方が広いし綺麗だから、こっちに入りな」と何度も薦めた。
「狭くても大丈夫^^」と言い張り、なんとか、目的の施設へ(笑)

IMG_4435.jpg

・・・なんか誰もいなくて、廃屋に入っていく気分・・・ドキドキ。

IMG_4439.jpg

ちょい暗いなか奥に女湯。
(つか、この建物使われてる形跡がない^^;)

IMG_4442.jpg

脱衣所もなんとなくレトロー。

棚があるだけで、あとはなにもない。

鄙びたというより寂れた建物の中で、時が止まったかのように浴室だけが機能している感じ。
小さい浴槽に溢れだすお湯と、仄かな硫黄の香り。

IMG_4456.jpg

壁に「不老泉」と書かれた、ごくごく小さい浴室には、2つに仕切られた浴槽がある、
ひとつは熱い源泉が掛け流されており、それを冷ましたであろうものが、大きめの浴槽に流れ込む。

寂れた雰囲気と、古いものが持つ威厳と威圧感に少し怖くなるほどの空間。

・・・・とはいえ、お湯は極上。

源泉は、共同湯などと同じ住所。
双葉屋とも同じ。
共同源泉なのかな。

しかしながら、利用する人が少ないためか、お湯の鮮度が違う気がした。
小さい熱い浴槽は、本当に熱い。
だが、これに入るためにわざわざ訪れても損はないほど、新鮮でパンチが効いている。

泉質は、川内高城温泉よろしくの「単純硫黄泉」。
つるつるし、ほのかに硫黄の味と香りがする。

寒い冬、この熱い硫黄泉は毎日でも入りたいお湯だよな・・・。

本日も良いお湯を頂きました。

(成分表)
IMG_4436.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
TV出演とコラム執筆

ゆのきろく、どこへ行く?!・・・な、ゆの雑談。



其の一

12月10日に南日本放送の老舗番組「どーんと鹿児島」の温泉特集に登場。
いつも仲良くしている、温泉ソムリエ@鹿児島の女子4人組。
(神戸にセミナーを受けに行った4人)

ただ、みんな、ガールズっていう歳ではないと思うが・・・モゴモゴ・・・。

巷で「温泉ソムリエカルテット」と呼んで頂いてるのだが、そのままの名称でTV出演(笑)

IMG_4476.jpg
へへん。ぼかすもんね。

IMG_4481.jpg
ゆのきろくも紹介♪

いつも通りの素のままを撮影していただいていたので、
鹿児島弁まるだしでした・・・。

自分が出演するという恥ずかしさを飛び越え、
素晴らしい温泉の紹介ばかりだったので、見入ってしまった。

素晴らしい番組に出させて頂いて感無量。
すこしは鹿児島温泉の発展のために貢献できたかしら?



其の二

これも地方紙:南日本新聞発行の情報誌「フェリア」のWEBサイト。
そこに、温泉コラムの連載をこっそり?してたりなんかして。
(地味に探してみてください。)←不親切

所詮素人の拙い文章・・・つか、ゆのきろくに毛が生えた程度のもの。
これをコラムっていうのかーーって意見はなしで(苦笑)

1.jpg

こんな感じっすよ。

ただいま第二話まで掲載中で、ただいま第三話執筆中。
ゆるゆるな「ゆのきろくワールド」。
興味がある方は是非♪


きみよし温泉
141207 きみよし温泉

鹿児島県阿久根市大丸町60




阿久根のマチナカにほっこりあるどこか懐かしい風情。

IMG_4347.jpg

もう外観からキュンキュン来てしまう好みのレトロさ。

マチの公衆浴場は350円。これまたほっこりする番台で支払う。

IMG_4412.jpg

脱衣所も可愛いレトロさ。

IMG_4361.jpg


ドライヤー等はなし。
いや・・・かぶるタイプのドライヤーはあった・・・あれ、使えるのかな?ドキドキ。


洗い場は9箇所、うち4箇所がシャワー付き。うち一箇所はイマドキシャワー。
残りの3箇所はこれ。

IMG_4357.jpg

もうハートを鷲掴み
素敵すぎるレトロさ。

浴槽は、2つに仕切られたものがひとつ。

IMG_4353.jpg


入り口の広告もなんかレトロで好き♪

IMG_4354.jpg


泉質は「含弱放射線-ナトリウム-塩化物強塩温泉

流石阿久根!とも思わせる、ここでしか見られない泉質。
ラドンが含まれていてこの温度も珍しいけど、
なんといっても総成分量36680mgのガツンと来るお湯!

金属系のイオンもすげー多いし、硫酸イオンなんて2600mg超え@@!

こりゃ疲れるぞー鹿児島市内まで運転して帰れるかなーと心配になるほど。


IMG_4356.jpg


味は、無論吐き出すほど強烈な塩味。
その中に、苦味を感じるお湯だった。(だろうね、この成分だもん)

源泉がゆっくり掛け流される浴槽は、少し熱めに感じた。
この寒い時期、これはいい!

常連さんが耐えない温泉だった。

施設の方、お客さん、どれをとってもほっこり気持ちのよい温泉。
自分の琴線に触れまくりで、満足の一湯。

(成分表)
IMG_4351.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
長島温泉センター椿の湯
141207 長島温泉センター椿の湯

鹿児島県出水郡長島町指江1553




眺めの良い高台にあるこちらの施設。
となりの「癒しの宿 サンセット長島」に立ち寄り湯させてくださいーって言ったらこちらだと言われた。
サンセット長島にも浴場があるのに・・・(見えてたもん)←!

というわけで、どちらでもいいのだが、長島で一湯♪

IMG_4330.jpg

立ち寄り料金300円。

廊下を歩いて浴場まで。

IMG_4333.jpg

脱衣所は広々。
脱衣棚がならび、少しだけ鍵付きのロッカーもあり。
ドライヤーも無料であり♪

浴場も広々。

IMG_4337.jpg

IMG_4339.jpg

サウナ、水風呂、電気風呂あり。

こちらの施設は、なんといっても眺めが良い♪

IMG_4340.jpg

東シナ海一望♪

露天風呂も素敵!!

IMG_4342.jpg


さて、お湯。
泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
総成分量2520mgの調度良い濃度~♪ ←好みの話です。

出水市の温泉でも多く見るけど、白い固く、るつんとした析出物が付いている。

IMG_4345.jpg

これを見ると「北薩(出水界隈)に来たなあ~♪」と勝手に思う私です。

スーパー系なのかなと思いきや、お湯が好みだったのでちょっと驚いた。
つるつるする気持ちのよいお湯。
すこし甘みのある塩味。

この時期にはいいねえ。
ぽかぽか温まる♪

眺めもいいし、美味しいお魚も隣で頂けるし(今回は頂いてないが)、ゆっくりと楽しみたい一湯。

いいお湯でした^^

(成分表)
IMG_4334.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
天然温泉 ぬくもりの湯
141207 天然温泉 ぬくもりの湯

鹿児島県出水市明神町1774−1




建設中の去年から気になっていて、まだ行ったことがなかったので行ってみる。
出水市の3号線沿いにある立派な施設。

IMG_4318.jpg

食事処、宴会場、宿泊もできる施設らしい。
立ち寄り湯は370円。発券機で購入しフロントに渡す。

IMG_4319.jpg

午前中だというのに、年配の方々でごった返していた。
やっぱりこういう施設は人気だし、必要なんだなあ・・・と思わされる。

脱衣室は広々。
鍵付きのロッカーあり、ドライヤー(30円/3分)あり。

浴室も広々で浴槽もバラエティーに富んでいる。
サウナ・水風呂・かけ湯・かけ水、ジャグジーに電気風呂。
ありとあらゆるものがあった(ように思う)

IMG_4322.jpg

窓が大きく、そこから露天風呂が見えて、開放的な雰囲気。
やっぱりこの系の施設の多少の塩素臭は仕方がないのかなあ・・・。

浴感はちょっとだけつるつるして、ごくわずかな塩味のする「アルカリ性単純温泉」。

IMG_4325.jpg

露天風呂は、塩素臭が薄められるので、ちょっと楽(笑)
岩風呂風の浴槽の他に、歩行浴も大きく設けられていた。

ここはもう、おばちゃん達のたまり場!
そうか、ここに来て、みんなで話をするのも楽しみの一つなのかもしれないね。
運動もできるし。

あ、そういえば、浴場のアメニティーも完備されていた。
これはちょっと嬉しい^^

(成分表)
IMG_4321.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
宮之城温泉:鶴屋
141207 宮之城温泉:鶴屋

鹿児島県薩摩郡さつま町湯田1366-22




今年も宮之城温泉街の素敵なイベント、竹ホタルへ。
(今年は写真を撮らずに堪能しちゃったので、去年のをご参照あれ!
 そして是非是非、幻想的な世界へ来年もお越しください!)←注)関係者ではありません

恒例で玉の湯さんに泊めさせてもらったのだが、
朝食前に、散歩がてらご近所のこちらのお宿の立ち寄り湯へ。

IMG_4285.jpg

老舗旅館が数年前にリニュアルしたそうだ。
早朝にタオル一つさげた、わけのわからん女が来たのに、笑顔で快く対応してくれた。
お宿もアットホームな雰囲気でいい感じだった♪

こちらは家族湯のみ。
一室500円とお得。

IMG_4287.jpg

脱衣室は脱衣棚のみのコンパクト。
浴室も同じく。

でもね、これ早朝に独り占めはやっぱり贅沢よ。

お湯はつるつるする無色透明のお湯。
泉質は「単純温泉」。

今まで入った湯田温泉(宮之城温泉)のどのお湯とも浴感が違う!
ほのかに鉄分の味と重曹の甘みがほんのり。

IMG_4289.jpg

宮之城温泉バラエティーに富んでる!と思って成分表を見ると、
湯田荘福田荘区営浴場と同じ源泉なのね!

ぜんぜん違うのは、源泉からの距離なのかな?
ここが温泉が楽しくて仕方がなくなるひとつの理由なのよね><

少し熱めで掛け流されているお湯は、朝風呂にはぴったり。
霜がおりて激寒だったこの朝、ぽかぽかの朝散歩(?)でお宿に帰宅(?)。

朝からいいお湯を頂きました。
宮之城、楽しすぎ(笑)

(成分表)
IMG_4286.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



伊佐市営菱刈公衆浴場
141216 湯之尾温泉:伊佐市営菱刈公衆浴場

鹿児島県伊佐市菱刈川北2002




北薩はまだまだ未湯が沢山。
いつも前を通っておきながら、気になっておきながら、まだ入ったことがない、
こちらもそんな温泉の一つ。

IMG_4265.jpg

湯之尾温泉郷にある市営の公衆浴場。

入湯料は250円。
番台で支払う。
番台のおじさんが優しくていい人だった^^

IMG_4270.jpg

脱衣所は脱衣棚のみ。
ドライヤーはなかったと思う。
でも、広々よ。

IMG_4281.jpg

はい。
湯気で残念な写真で失礼。

浴室は、かけ湯用の浴槽?とこの浴槽があるシンプルな作り。

IMG_4279.jpg

お湯は激アツT-T

ちゃっかり髪の毛まで洗った私に、
常連のおばさんが「熱ければ水で薄めなさいよ」とおっしゃってくださったが、
流石に忍びなかったので、熱湯で洗髪。
身の引き締まる思いでした。(は?)

IMG_4280.jpg

お湯は無色透明でほんのり重曹系の甘みが。
少しつるつるするほっこりするお湯。

そんな優しいお湯でいながらこの界隈は、この析出物には驚かされる。

「金山掘削の時に出たお湯なんだよ」と番台のおじさんが教えてくださった。
「金が入ってますかね?」と聞いたら、「それはない」とはっきり言われたけど^^;;

この日はとっても寒い日の、(鹿児島では)一番寒い伊佐市。
で、このお湯は本当にありがたいとしか言い様がない。

自然の恵でほっこりぬくぬくで目的地へ移動。

本日もいいお湯でした。

(成分表)
IMG_4269.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
中原家族温泉
141206 中原家族温泉

鹿児島県姶良郡湧水町般若寺295-4




こちらもずっと行きたかった温泉の一つ。
正直、この可愛らしい道標がなければわからない。
(あっても怪しいが・・・)

IMG_4264.jpg

こちらは貸切の家族温泉のみ。
4室こぢんまりとあるのがまたいい。

入り口で知らないおじさんが500円というから、渡そうとしたら、
どうやらこの人もお客さんだったらしい^^;
施設の方を読んでくださった^^;;

一人だと300円だそうだ。

IMG_4263.jpg

中もこぢんまりとした家族風呂。
でも一人では贅沢^^

IMG_4261.jpg

脱衣室は脱衣棚とベンチ?のみ。
他はなにもないし、なにもいらない。

IMG_4262.jpg

浴室も至ってシンプル。

熱い源泉が掛け流された湯船がひとつ。
ほぼ無色透明に見えるけど、なんとなく赤茶けている気もした。

浴室にはほのかなモール臭が漂う。
浴感は少しつるつるとして気持ちが良く、程よく温まるお湯。

これもまたいいお湯だなあ♪

店の人と勘違いしたおじさんいわく「俺はここしか来ないから」。
うんうん。いいお湯だもんね^^

ちょいとツボな佇まいと雰囲気に心もほっこり温まった温泉。

いいお湯でした。

(成分表)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


仁愛会病院 手湯
141203 仁愛会病院 手湯

鹿児島県鹿児島市南栄5丁目10-19




鹿児島市南部に新しく出来た病院に、こんなスペースが!

IMG_4258_20141204094600726.jpg

駐車場の一角の四阿に「天然温泉」の文字♪
(実は去年までこのごくごく近くに住んでました。その時にあったら!)

IMG_4259.jpg

こじんまりとしたスペースだが、体の良いタイル貼りの手湯が。

福祉・医療施設の中には自家源泉で温泉の入浴設備を整えているところは結構ある。
当然、一般の入浴ができない場合がほとんど。
だが、こうしてちょこっとだけでも公開されているってのは本当に嬉しい!

この場所に成分表はないので詳細は不明だが、
手を付けてみた感じと、なめて見た感じでは(なめるな、手湯を!)、
ほのかな重曹の甘味とぬめりを感じたので多分「ナトリウム-炭酸水素塩泉」か、もしかしたら濃い目の「単純温泉」、
・・・ではないかと推測いたしまつ。

IMG_4257.jpg

なんにしたってなかなかの良泉!

この界隈は温泉(銭湯)がないので、温泉は出ないと思っていた。
こんな良いお湯が出るんだなあ・・・しかも海沿いなのに塩泉じゃないのね。

温度も43度くらいかな、調度よくて気持ちよかった。
手だけぽかぽかすべすべで、帰りました、とさ。

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ