プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
川南温泉
140727 川南温泉

鹿児島県伊佐市菱刈川南354-1




何度か前を通りかかっていたのだが、まだ入ったことはなかった。
行きたい!と強く思っていた温泉。(そんなのばっかりという話もあるが)

IMG_3036.jpg

入湯料200円。
近所の方々に愛されているのが見てわかる、そんな公衆浴場。

IMG_3037.jpg

脱衣所は、まずまずコンパクトながら、風が入って涼しい^^

IMG_3038.jpg

脱衣棚のみ、ドライヤーなし。
人感センサー付きの扇風機あり。←これに感動して常連のおばちゃんに「ハイテクっすね!!」と言った私^^;

浴室もコンパクト。
だが、やっぱり好きな体に、ほっこり。

IMG_3042.jpg

IMG_3044.jpg

浴槽は一つ。
贅沢に源泉がかけ流されている。

壁に貼られたこの文字がなんか気に入った。

IMG_3041.jpg

「湯に酔う」
言いえて妙だなあ


泉質は「アルカリ性単純温泉」。

IMG_3046.jpg

お湯は無色透明ほぼ無味無臭。
ごくごく軽く重曹の甘味を感じる程度。

しかしながら、凄い気持ちのいいお湯!!!

つるつるというよりは、とろとろするお湯。(pH8.7)
石鹸がいつまでも残っているような感じすらするとろみ。

特別になにかの成分が突出して多いわけではないのにこの気持ち良さ。
でも、サポート成分のメタケイ酸は236mgとかなり多いから、この気持ち良さはしっかり体に吸い込まれるはず。

湯船の温度もちょうどよく、なんともまあ気持ちの良いお湯だった。

少しレトロな、地元から愛されてる感じありありの公衆浴場。
そして、とても気持ちの良いお湯。
来た甲斐のあった温泉。

本日も良いお湯三昧でした。

(成分表)
川南温泉


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
吉松温泉:般若寺温泉
140727 吉松温泉:般若寺温泉

鹿児島県姶良郡湧水町般若寺42




限りなく県境。
天気が良い日には、とても気持ちの良いドライブ。

IMG_3022.jpg

湯治(宿泊)もできるこちらの温泉は、これまた気になっていたところの一つ。
入湯料300円。

昼間のこの時間でも、人が絶えなかった。
湧水町はお昼にお風呂に入る文化があるのかなーなどと勝手に思ってみる。
それもいいねー。

IMG_3024.jpg

脱衣所は広々。
メインは脱衣棚に籠だが、カギ付きのロッカーも、ドライヤーもあり。

浴室も天井が高く明るく広々した印象。

IMG_3032.jpg

IMG_3027.jpg

源泉が入り込む大きな浴槽が一つと、それとつながっていると思われるぬるめの浴槽が一つ。
洗い場は5つくらいあったかな。

やたらと注意書きの多い施設だった。

IMG_3031.jpg

泉質は「炭酸水素塩泉」。

IMG_3029.jpg

黄緑かかったお湯は、少しつるつるする。
甘味のある重曹の味とほんのりモール臭・・・というか鉱物臭?吉松温泉の香り^^

限りなく単純温泉に近いが、優しい気持ちの良いお湯。
肌に吸い付く感じがすごくあり、それが楽しくて入浴中、自分のほっぺをずっと触っていた私。

良いお湯でした^^

(成分表)
般若寺

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
横川温泉
140727 横川温泉

鹿児島県霧島市横川町中ノ3461−1




「行った?」と聞かれ、まだ行ったことなかったので、田園風景の中にひっそりあるこちらの温泉へ。

IMG_3005.jpg

へーこんなところに、こんな温泉あったんだー。
外観からして自分好みな感ありありで、楽しみになる。

IMG_3006.jpg

入ってすぐ男女別の入り口があり、入湯料150円を支払う。

脱衣所は、簡素だが清潔感がある。

IMG_3008.jpg

脱衣棚が並び、脱衣籠が入り口近くに並べられている。
ドライヤー等はなし。

浴室は、うん。やっぱりいい感じ。

IMG_3020.jpg

大きな浴槽は2つに仕切られていて、熱めのお湯が注がれている。

IMG_3021.jpg

注がれている方の床と壁は、黒っぽくなっているが、お湯は無色透明のとても綺麗なお湯。

ちょっとだけつるつるするがはっきりした浴感のあるお湯は、
軽く硫黄のような味と香りがし、甘みと金属の味がうっすらする。
もって帰りたくなるような美味しい味。

IMG_3009.jpg

泉質は「単純温泉」。

うっすらな重曹泉といったところなのだろうが、
これが、なんとも表現しようのない個性があってどうにも気持ちのよいお湯だった。

地元の方や、鹿児島市吉野町からいらしたという方や、入浴しておられて
「え!!鹿児島市内からいらしたんですか!!」と驚いたら
「おはんより、ちけどか(あなたより近いでしょう)」と言われた。(確かに)

たまにここに来たくなるのだとか。
とても調子がよくなり、病院に行くよりもずっと安いからね、と。

結構温泉に行かれる方のようで、おすすめの温泉を色々教えてくださった。
・・・察するに、この方は「アルカリ単純温泉」が好きなんだな、と勝手に納得した私(笑)

色々な方とこうして話せるのも楽しい^^

1時間以上まったりと堪能してしまった。
良いお湯をいただきました。

(成分表)
横川温泉

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

「鹿児島温泉×○○」 イベント諸々
6月、7月は、温泉関係のイベントなどがとても多かった。
遊びで忙しい夏、ありがたきこと・・・(苦笑)

そんな一部を覚書程度に。
(人様の写真をちょいちょい勝手に拝借^^;)




6月15日 足湯をつくろう
川内川河川敷に突如現れた源泉をみんなで綺麗にしようイベント。
鶴田ダムの工事関係者がたくさん集まり、重機も使いあっという間に泥などが取り除かれ綺麗な足湯がお目見え。
・・・私が会場についた時には、すでに作業は終わっており、
結局ビール(ノンアル)と焼き肉とカレーを食べに行ったようなものだった^^;

定期的に行うそうだ。
貴重な資源をみんなで大事にしていこうという姿勢が、とても良いなーと思う私。

10297911_402041446601737_4272878155805958238_n.jpg




7月19日 足湯deナイト in レインボー桜島
音楽を聞いたあとに足湯に入り花火を見ましょう~というなんとも素敵なイベント。
主に鹿児島で活動するミュージシャン「Yoshino&Masae」の素晴らしいライブ。
鹿児島や垂水を歌詞に盛り込んだ、その日限定の曲も披露して下さり大盛り上がり!

その後はクールダウン?でかつては日本一にも認定された桜島の足湯に浸かりながら、
目の前に上がる水中花火を鑑賞。

なんとも素敵な夜を演出~♪

10426588_314792058699206_265870290098371829_n.jpg




7月20日 Onsen Camera Girl 2014 
熊本のタウン誌の編集者で温泉ソムリエアンバサダーのぴちこさんを講師に招き、
吹上界隈の観光スポットと温泉をめぐり、素敵な写真を撮り方を学ぶ企画。

一眼レフでなくても、コンデジ・スマホでもOK!というのが嬉しい。
いつもは見学できない西酒造の酒蔵見学や、吹上のパワースポット、古民家カフェでの昼食etc・・・。
そして旅館みどり荘の極上湯で〆る、なんとも贅沢なワークショップ。

写真の下手さに定評のある「ゆのきろく」。
今後、どう変わっていくか!!!乞うご期待!・・・しなくても結構ですが(爆)

IMG_2226_large.jpg




7月26日 薩摩大湯会
いつも26日(風呂の日)には定例会(呑み会)をしているのだが、
今回は、温泉ソムリエ以外のゲストも招き、大きなイベントに!

MBCのアナウンサーで鹿児島温泉にかなり詳しい、大師匠:田辺令吉さん、
鹿児島の歴史マスターといえば、この人、東川隆太郎さん、
お二人の楽しい温泉話は、本当にずっと聞いていたいくらいだった。

途中、温泉クイズ大会などもあり、盛り上がりは最高潮に。
(奇しくも全問正解ならず!!悔やまれるが、皆にドン引きされた私だった。)

贅沢な素晴らしき一夜でした。

10559920_648613068585141_7254009028572433227_n.jpg




温泉つながりで楽しい仲間もでき、嬉しい限り。
・・・とはいえ、肝心要の温泉はやっぱり単騎巡回の私^^;

これからものんびり楽しんで参りましょう。

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

入来中央温泉:もんじょの湯
140725 入来中央温泉:もんじょの湯

鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名7680−1




こちら、気になってて行きたかった温泉の一つ。

IMG_2995.jpg

病院(診療所)が経営している公衆浴場。
入湯料は200円か250円だったと思う。(記憶かあいまい><)
別棟で家族湯もあった。

なんか病院のような受付があり、
そのまま浴室までいく過程もなんだかホント病院っぽい^^;

脱衣室は、脱衣棚+脱衣カゴ。
ロッカー、ドライヤーはなかったように思う。

IMG_3004.jpg

浴室のドアを開けると声がでた。

IMG_3000.jpg

決して広くもないし、新しくもないのだが、
なかなかどうして感じのよい浴室に感嘆。
なによりも、桜島の壁画が良い味を出している。

洗い場は5つあり、床はすべてタタミ敷。
これは、私が行った温泉の中でも初だった。(一部に敷いてあるところはあったけどね)

IMG_3001.jpg

熱めの小さい浴槽と広い浴槽、そして小さいながらも水風呂もあるのが嬉しい。


泉質は「単純温泉」。

重曹泉、塩泉の要素があり、それらをサポートするであろうメタケイ酸も100mg超と多い。
ほぼ無色透明無味無臭の綺麗なお湯は、つるつるして肌触りが気持ちがいい。

IMG_3002.jpg

常連さんが「今日はぬるめね」とおっしゃっていたが、
(確かに入来界隈は熱いお湯が多い印象ですなー)
この日の湯温は、熱め好きな私には適温で、これが本当に気持ちよかった。

疲れた体には本当にのんびりできるいい温泉だった。
これはちょっとお気に入りに追加。

しかし、なんで「もんじょ」(文書)なんでしょうね。
やっぱり「入来文書」からきてんのかな。

(成分表)
IMG_2997.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
湯之元温泉:旅館 春本荘
140722 湯之元温泉:旅館 春本荘

鹿児島県日置市東市来町湯田2139





この界隈は、区画整理のせいもあるかもだけど、
なくなっている温泉施設が多いなあ、と痛感。
ちょっとさみしい。

そんな中、本日は、ちょっと風情を出しているこちらの旅館の立ち寄り湯をいただく。

IMG_2983_20140723111144d4b.jpg


入湯料は400円。

ロビーのすぐ脇にある浴室は、男女に分かれる。
(ちなみに成分表は男性の方にしかなかった。 誰もいなかったので、こっそり撮影の巻。)

脱衣室・浴室ともに、ごくごくコンパクト。

IMG_2972_2014072311115386c.jpg


脱衣室は、脱衣カゴが置かれているだけで、棚など何もない。
ただ、古いけどとても清潔な印象。

浴室には、タタミ1帖強程度のタイル張りの浴槽がひとつあるのみ。

IMG_2977_20140723111139dec.jpg

IMG_2974_201407231111386c8.jpg


浴槽内にはほんのりと硫黄の香りが漂い、
源泉が熱めのためだろう、お湯がゆっくりと出されている。
(と言いつつ、撮影の時だけ全開にした・・・)

IMG_2979_20140723111141c70.jpg


泉質は「単純硫黄泉」

硫黄の成分が14mg程度入っているから(2mgから硫黄泉となる)かなり濃い硫黄泉なのだが、
浴感はとてもやさしく、しっとりつるつるして、気持ちいい。

お湯は、ゆっくり冷ましてあるから湯船は適温。
こっくりとした少し甘みのあるゆでたまごの味のしっかりするお湯。

IMG_2982.jpg


私、湯之元温泉の中でも、ここのお湯は好きかもしれない!!

レトロな雰囲気も自分好み。
ロビーでおじいちゃんとおばあちゃんが一緒にTVを見ていたのにも、ほっこり。

気持ちのよい温泉に、長くゆっくり浸からせてもらった。
本日も良いお湯でした。

(成分表)
春本荘

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
龍門滝温泉
140718 龍門滝温泉

鹿児島県姶良市加治木町木田5271−1



姶良市営の温泉センター。
竜門滝のすぐ近く。
いつも駐車場もいっぱいで人気の施設。

IMG_2823.jpg

入湯料は250円。
ロビーは、ちょっとした物産館ばりにお野菜などが売っている。

男湯が1階で、女湯は2階。

脱衣所は脱衣カゴがズラリと並ぶ。

IMG_2830.jpg

鍵付きの小さなロッカーも幾つかあった。
ドライヤーも無料であり。

浴室は広々。

IMG_2826.jpg


大きな窓に面し、竜門滝が見えるっちゃー見える。(ガラスが曇り過ぎなんだけどさ)
なにより、広くて明るい。

浴槽は、蛇行したようなアーチのものに、寝湯、泡風呂、電気風呂など機能浴が並ぶ。
泡風呂界隈は、塩素臭が放たれているけど。

IMG_2828.jpg

サウナも遠赤外線とミストサウナと二種類あり、水風呂もある。
温泉ではない上がり湯もあり、洗い場も15くらいあり、まあ、広々。


泉質は「ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」。

IMG_2827.jpg

鹿児島県内では珍しい硫酸塩泉。

お湯は少しだけ黄みがかったお湯で、
はっきりした塩味の他に独特の苦味のような味がする。(これが芒硝味なのか?)

吐湯口の近くで新鮮なお湯を堪能。
さらさらのお湯はなかなかどうして気持ちが良い。
湯上がりも塩の効果と硫酸イオンの化粧水効果ですべすべ。さすが。

実は他の温泉に行く予定が道を間違えてついちゃったのだが(よくあるし)
一日の疲れを癒やすには充分な温泉だった。

(成分表)
龍門滝温泉


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
霧島神宮温泉:ペンション異人館
140714 霧島神宮温泉:ペンション異人館

鹿児島県霧島市霧島田口2594−60



なんともまあ、物語に出てきそうな素敵なペンション。

IMG_2800.jpg

敷地内の庭には、鹿の親子もお目見えして、転地効果抜群のロケーション。

いつかは泊まってみたいと思っていたのだが、
今回は、立ち寄り湯をいただくことに。

立ち寄り湯は一人1000円。
内湯など幾つかあるが、「慈敬湯」と書かれた棟の露天風呂へ。

IMG_2816.jpg

自然石をそのまま残して使ったという岩風呂。

IMG_2809.jpg

浴槽は上と下と2つあり、上のほうが熱めで下がぬるめ。
まあ、これだけ野趣あふれているので、湯船には、虫ちゃんやミミズちゃんもいるからね。(ひゃー)

IMG_2810.jpg

泉質は「単純硫黄泉」

はっきりとした硫黄の味と香りがするが、
お湯自体はガッツリ!という感じではない。

自然の中でなんとも贅沢な入浴タイム。

ちなみにこちらのペンション、
オーナーのご婦人(多分)がとてもとても、明るく感じの良い方だった。
ペンション自体も素敵で、いつかは泊まろう!と以前から思っているところだ。

そういうところが多すぎて困っちゃうけど(笑)

(成分表)
異人館

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

安楽温泉:朱峰
140714 安楽温泉:朱峰

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4155



大好きな安楽温泉にあるこちら。
古い湯治の自炊宿が立ち並ぶこの界隈では、唯一のペンション。
もとは、「旅館 安栖チエ」というお宿で、お孫さんが継いだのだとか。

IMG_2762.jpg

人気があるのが頷けるような感じの良さ。

こちらのお宿の立ち寄り湯は500円。
この日、午前中に立ち寄ったので、まだお湯が少したまってなかったが、一番風呂をいただく♪

IMG_2764.jpg

浴室は別棟で男女別れる。

脱衣室は、脱衣棚がならび、コンパクトながらも綺麗。

IMG_2765.jpg

あいた、写りこんじゃった。

浴室を見て、やっぱり声が出る。
おしゃれなお宿だから、大好きな安楽温泉の感じが出てないかと思っていたのだが、

IMG_2771.jpg

この感じ。

浴槽のモルタルが、徐々に良い色に赤茶けていく感じ。
この色がもう本当に大好き。

熱めの浴槽、ぬるめの浴槽、そして寝湯がある。

泉質は「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉」。
このへんの独特な色と、香りと、味のお湯。
いかにも効きそう~♪

近くの「佐藤温泉」っぽいかな、と思ってたら、源泉は一緒の様子。
ただ、成分に違いはあるけど、それはそれか。(←意味不明)

川は見えないけどせせらぎの聞こえる露天風呂もある。

IMG_2770.jpg

こちらのお宿、料理も趣向を凝らしているらしい。
大好きな温泉街の大好きなお湯、一度は泊まってみたいなと思うお宿だった。

(成分表)
安楽温泉:朱峰

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



日当山温泉:数寄の宿野鶴亭
140714 日当山温泉:数寄の宿野鶴亭

鹿児島県 霧島市隼人町東郷1丁目8



立派な門構えに、これは一度泊まってみたくなるような高級感のある旅館。

IMG_2761.jpg

足湯は頂いたことがあるのだが、立ち寄り入浴もさせていただけるのね。
立ち寄り料金は1500円。
プチ贅沢といったところですな。

タオル、バスタオルを貸し出して下さる上、ミニドリンク券もいただける。
小さいながらもソフトドリンクやビールもあるから嬉しい。

IMG_2747.jpg

脱衣室は、鍵付きの脱衣棚が並ぶ。
休憩スペースや、ウォーターサーバーもあり、いたれりつくせり。
無論、アメニティーやドライヤーもあり。

浴室も純和風といったつくりで、とても感じが良い。

IMG_2752.jpg

洗い場が5つくらいある内湯からは、庭園とも云える露天風呂の借景が素晴らしい。
この日は土砂降りであまり露天風呂は楽しめなかったのが・・。

IMG_2753.jpg

露天の奥の方に四阿(あずまや)があり、そこに、ごくごく小さい浴槽があった。

IMG_2758.jpg

そこからの景色も良いが、
その浴槽のお湯が、私は一番良いと感じた。

こちらの泉質は、「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。
日当山温泉よろしくの、つるつるの重曹泉。
無色透明のお湯は、ごくごくうっすらと重曹の味がした。

このつるつるは、本当に温泉に入ってる♪という感じがする。

すごく素敵な施設だったので、それだけでも、行く甲斐のある温泉旅館。
まったりじっくりゆっくり楽しみたいお湯だった。

IMG_2756.jpg

こんな素敵な休憩スペースも浴室内にあり、
本当にゆっくりできるよねー。
サウナもあったよー。

転地効果も手伝って、よりいっそう効果のありそうな美肌の湯。
いいお湯をいただきました。

(成分表)
野鶴亭

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

家族温泉健康村
140712 家族温泉健康村

鹿児島県薩摩郡さつま町田原2360




さつま町では珍しいなあ、と思う、こういった長屋タイプの家族湯。
家族湯のみが30室くらい並ぶ。

IMG_2745.jpg

一部屋700円。
一人だと500円。

コンパクトな作りだけど、思ったよりも中が綺麗で驚く。

IMG_2746.jpg

洗い場はひとつ、きれいなお湯は、源泉掛け流し。

ごくごくうっすらと重曹の味がするお湯で、かなりつるつるする!
温度も適温で、期待していなかったのに(おい)かなり気持ちの良いお湯で、これまた驚く。

さつま町すごいなー当たりが多いもん。

この日の土砂降りで、結構濡れてしまったので、
ゆっくりじっくり温まって、至福の入浴タイム。

ここいいなあ・・・。
結構気に入ってしまった施設^^

(成分表は見当たりませんでした)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

とどろ温泉
140712 とどろ温泉





車で走っていたら、こんなバス停を発見。

DSC_0691.jpg

え?ここに温泉あるの?
などと思ったが、温泉施設はない模様。
昔はあったんだろうねえ。

DSC_0694.jpg

横の川には素晴らしい石橋がかかっている。
石橋好きにはたまらない景色。

と、そのたもとに、源泉の文字。

DSC_0692.jpg

なるほど、源泉はここにあったんだろうなあ。
なにか機器はあるけども、お湯が湧いている様子はないので、
今は止められているのかな。

どこに施設があったかは謎。

でも、どんなお湯だったんのかなーなどと思いを馳せるには充分なロケーション。

そんなお湯なしバーションのゆのきろく。

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
関平温泉
140712 関平温泉

鹿児島県霧島市牧園町三体堂関平2057−10




少し下の鉱泉販売所で、入浴施設を散々探すの巻。
人に聞いてここじゃないと知り、移動・・・。

IMG_2732.jpg

少し高台にあって、眺めの良い所。

入湯料は、310円。

建屋からすべてこぢんまりとした作り。
でも、また新しく清潔できれいな印象。

IMG_2744.jpg

脱衣室は、鍵付きの脱衣棚が並ぶ。
ドライヤーは無料。

浴室は、浴槽が2つ、洗い場が5つくらいだったかな。

IMG_2742.jpg

大きい方の浴槽は「新床温泉」。

IMG_2736.jpg

泉質は「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉・硫酸塩泉」。
いろいろな成分が溶け込んでいるお湯だけど、単純温泉に限りなく近い優しいお湯。
うっすらとした重曹の味がし、少し黄みがかったお湯。ほとんどツルツルなどはしない。

でも、メタケイ酸が269mgと多いので、じっくり美肌のサポートをしてくれるはず。

小さい方の浴槽は飲む温泉として有名な「関平鉱泉」。

IMG_2743.jpg

こちらは「単純温泉」。

無色透明無味無臭。
かなり透き通ったお湯。

IMG_2740.jpg

こうしてみると、色の違いがわかりやすいかな。

個人的には、新床温泉のほうが好きだなと思った。
どちらも適温で、優しいお湯だからゆっくりじっくり楽しめる感じ。

ちなみに、こちらの貸し切りの露天風呂が人気だそうだ。
今回は利用しなかったけど。

休日の打ち合わせ前に、こちらで体を清めて顔を作って(化粧をして)から行くの巻。
こういう息抜きもたまには必要。(いつもだろ、という話はなしで)

(成分表)
関平1
関平2

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
日当山温泉:家族湯すえひろ
140711 日当山温泉:家族湯すえひろ

鹿児島県霧島市隼人町姫城2丁目76




道路沿いで気になっていた家族湯。
日当山は、まだまだ頂いたことのない施設が本当に多い!
(道がわからないのは私だけ?←いつも迷ってぐるぐる)

IMG_2731.jpg

長屋タイプでいかにも家族湯!な体のこちら。
家族湯(個室貸切)になのにかかわらず、一人324円と格安なのも、この界隈の家族湯の嬉しいところ。

10番のお部屋を貸し切り~♪

IMG_2727.jpg

頑張れば二人入れるかもしれない程度の浴槽があるのみ。

IMG_2728.jpg

これで十分だと思うんだよね。

泉質は、日当山よろしくの「ナトリウム-炭酸水素塩泉」いわゆる重曹泉。

こちらのお湯は、ごくわずかに金属味がした。
つるっつるのお湯で、石鹸が落ちてないような気すらするくらい。
やっぱり気持ちが良い!!!

美肌サポート成分、メタケイ酸も300mg近くある!すごい!
さっぱりすべすべの入浴タイム。すごく気持ちがいい~

遠慮無く?髪の毛までガシガシと洗い、タオルかぶってのんびり帰路につく。(終わってる・・・)

本日も良いお湯を頂きました。

(成分表)
家族湯すえひろ

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

霧島丸尾温泉:霧島国際ホテル
140711 霧島丸尾温泉:霧島国際ホテル

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930




立派なホテルの立ち寄り湯を利用。
立ち寄り料は1000円。タオルもつけてくれる!

IMG_2717.jpg

2階の大浴場。

IMG_2718.jpg

脱衣室、浴室共に広々!!

IMG_2721.jpg

脱衣棚がずらりと並び、ドライヤー、アメニティーも完備。
だってホテルだもの。 ←?

浴室も驚くほど広々。
しかし写真は禁止だったので、図面でご覧あれ?

IMG_2720.jpg

サウナや機能浴など、沢山の浴槽がある。
真ん中には大きな大きな浴槽。

階段を上がっていくと、素敵な露天風呂が!

そこに、温泉泥と書かれた泥パックがある。
さくらさくら温泉よりも茶色く、キメが細かく香りがない。
個人的にはこちらのパックの方が好きかも。

泉質は、「単純硫黄泉」。

もしかしたら、内湯と露天風呂は泉質が違うのかもしれない。
露天風呂は白濁し、白い湯の花が浮いていた。
硫黄の味と香りと、少し酸味のある霧島ならではの硫黄の味。

内湯は、ごくごくうっすら硫黄の香りがする程度のお湯だった。

露天風呂が素晴らしいと思った。
ゆっくりまったりするには、贅沢すぎる作り。
これは、泊まってみたいと思うホテルだった。

(成分表)
国際ホテル


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
シティホテルイン国分 天然温泉・城山温泉
140711 シティホテルイン国分 天然温泉・城山温泉

鹿児島県霧島市国分上小川4256




霧島市国分の城山公園下?にあるこちらのビジネスホテル。

IMG_2696.jpg

こちらに併設の共同浴場。
入湯料は390円。

IMG_2699.jpg

国分のこのあたりで温泉とは、あまり馴染みがない。
なんとなくわくわく。

脱衣室は、鍵付きのロッカー並び、真ん中に畳のベンチ?的なものがある。
ご近居の方々らしき人であふれていた。

ドライヤーは無料であり。

浴室は、明るく広々。

IMG_2701.jpg

洗い場が10処に、源泉が入る浴槽と、それに続くぬるめの浴槽。
水風呂や、サウナもあった。

泉質は「塩化物泉」。

IMG_2702.jpg

黄色に近く赤茶けたお湯は、いかにも塩湯といった感じがする。
比較的優し目の塩泉だとは思うのだが、
ちょうどよい塩味(どんなよ)に、はっきりした苦味を感じた。

つるつるなどはしないけど、なんとも気持ちの良いお湯だった。
やっぱり源泉が入る浴槽が気持ちいい!

そうそう、露天風呂もあった。

IMG_2704.jpg

正直、ここまで整った施設だと思ってなかっただけに驚いた。
新しくはないけど、清掃が行き届いていて、お湯も良い。

まだまだ知らないところはたくさんだなあ・・・。

(成分表)
シティーホテル国分


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
さらに、ダイエット温泉ソムリエ、温泉ビューティーソムリエになってみる。
温泉ソムリエステップアップセミナー(ダイエット温泉ソムリエ、温泉ビューティーソムリエ)を受講しに、
怒涛の日帰りで、神戸へ。

今回のセミナーの講師は、遠間家元石井宏子先生。
石井先生とは、温泉ソムリエサミット以来の再会♪
(脱衣所で着替え中にお会いして、とんでもない格好で話しかけてしまった私でした^^;)スミマセン・・・

相変わらず、家元のお話は上手で、それを聞くだけでも価値があると思う。
そして更に、石井先生のお話は、女性では食いついてしまう話題には、興味津津!

笑いながらのセミナーは、得ることばかりで、あっという間に時間も過ぎていく。
そんなセミナーの最後には、グループごとのプレゼンがあり、そこで鹿児島の温泉もちゃっかり紹介!

DSC_0668.jpg

・・・って、プレゼンしたのは、我らが南日本放送のキャスター:財津三奈さん。
流石と言わざるを得ない、素晴らしいプレゼンには脱帽!

最後の認定書も財津さんが代表で。

DSC_0671.jpg

またまた、温泉に関する新たな知識も増え、ますます温泉ライフが楽しくなる予感。
ちゃんと、ダイエット&ビューティーに精進しなきゃ


変な格好で引き止めてしまったのに、にこやかに対応してくださった石井先生、ありがとうございました!
日帰りであった私達に対して、最後までお気遣い頂いた家元、本当にありがとうございました!
丁寧に接して下さった、関係者の方々、ありがとうございました!

なにもしない(笑)私と一緒に行動してくれた、温泉ソムリエ@鹿児島女史の他3人、
日帰り珍道中、笑いっぱなしで楽しませてくれて、本当にありがとう!


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


太山寺温泉 なでしこの湯
140706 太山寺温泉 なでしこの湯

兵庫県神戸市西区伊川谷町前開270−1




温泉ソムリエステップアップセミナーを受講しに、なんと日帰りで神戸へ。
こちらの施設がセミナー会場だったので、
セミナー前に、そのお湯をちゃっかりいただく。

IMG_2664.jpg

宿泊や宴会場、食堂や売店など、充実した立派な施設のこちら。
この日のセミナー受講者は無料だったのだが、立ち寄り湯は700円。

IMG_2666.jpg

発券機で購入してフロントで支払い。

脱衣所は、広くて立派。
鍵付きのロッカー(100円入れて戻るタイプ)がたくさん並ぶ。

IMG_2673.jpg

洗面も広く、ドライヤーも完備。

昼間だったのに、利用している人がとても多かった!
(ので全体の写真は撮れないのら)

大きな窓に面して、適温の大きな浴槽がある。(ジャグジーなどある)

IMG_2671.jpg

手摺もぐるりと設置されて利用しやすい作り。
(しかし、慣れないもので、その手摺に派手に頭をぶつけましたがな)

その他、いくつか浴槽あり。
洗い場も20以上あったかなー。

露天風呂も窓に面してある。

IMG_2672.jpg

どこも人がたくさん^^;


こちらの泉質「単純弱放射能冷鉱泉」。
そう、ちょっと貴重なラドン泉。

スーパー系の香りもする施設ながら、ちゃんと源泉の浴槽があるのが流石!

IMG_2670.jpg

ラドン泉は成分が失われやすいので鮮度が命。
んで、ラドンの吸引が最も効果あり!

ということで、この吐水口の周りでパクパク(笑)

水風呂だけども、やはり源泉浴槽が一番、はっきりしたお湯?水?浴感があった。
でも、温めた浴槽も気持ちが良い♪

少しだけつるつるするお湯(水)で、源泉浴槽からは、ごくわずかに硫黄の香りがする。
なんとも貴重なお湯(水)に入らせていただけた。

ごってり強烈な有馬温泉と同じ市内にありながら、この差。
やっぱり温泉ってすごいなーと思わされた一湯(水)だった。

(成文表)
なでしこの湯

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


みずほ温泉
140702 みずほ温泉

鹿児島県鹿児島市上荒田町32−14 久保ビル




通りがかりに営業していることに気が付く。
そういえば、今日営業再開だったっけ!

数年間、営業していなかった、荒田のみずほ温泉。
去りゆく公衆浴場が多い中で、営業再開の嬉しい情報をいただく。
これまた、幸いにも再開の日にお湯を頂けることに♪

IMG_2636.jpg

入湯料は鹿児島市内温泉銭湯は基本一律390円。
だが、この日はオープン記念?で100円引きに♪

昔ながらの番台で支払う。

下足入もこのタイプ。素敵。

IMG_2644.jpg

脱衣室を大きく改装した模様。
・・・と言っても仕上げを綺麗にしたくらい、という程度か。

IMG_2642.jpg

鍵付ロッカーも以前のままと思われる。
体重計もね(笑)

ドライヤーは3分10円。
結構元気なドライヤーだった(笑)

脱衣室に1~2人は入れる程度のサウナが設置されていた。
鹿児島市内の温泉銭湯は、サウナないとダメ!って人も多いもんね^^;

さて、浴室。

IMG_2640.jpg

噂の素晴らしき開聞岳のタイル画は健在。
これを見るだけでも来る甲斐があるというもの。

浴室内は、ほとんど改装してないのかもしれない。
一部タイルの張替と、シャワーの取り替え程度じゃないのかなあ。
(実は初めてなので、詳しくはわからないが)

丸みがかった浴槽には、源泉がそのまま流れる。
・・・が、熱いので、常連さん?がホースで水を入れていたけど(笑)

電気風呂、水風呂あり。
コンパクトながら、鹿児島市内銭湯の体。
嗚呼、こういうのがいいんだよねえ・・・。

IMG_2639.jpg

泉質は、成分表によると「塩化物泉」。

お湯、無色透明ほぼ無味無臭。うっすらと塩味がする程度。
ちょっとつるつるして、しばらくするとぽかぽかしてくる。
こういうお湯は毎日入りたくなる系だよねえ。

ただ、成分表みるまでは「単純温泉」だと思った。
成分表は古いものだったので、今は成分表よりは、まだ優しいお湯になっているかもしれない。
(あくまでも主観ですが・・・)

復活の嬉しいニュースに、鹿児島市内よろしくの優しい良いお湯だったので、満足。
復活初日から、待ち望んだ常連さんが沢山いらしてた。

「小さいころから来てたんだから!」

こういうのが、ずっと続いたらいいな、と思う。

(成分表)
みずほ温泉

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

霧島温泉:ホテル霧島キャッスル
140701 霧島温泉:ホテル霧島キャッスル

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3878−49




霧島温泉街の入口?にあるホテル。

IMG_2618.jpg

こちらの立ち寄り湯をいただく。
入湯料500円。
通常立ち寄りだと露天風呂のみらしいが、何故か?この日は?内湯の大浴場も入らせていただけた。

まず露天風呂。

IMG_2619.jpg

別棟の建物にある。

簡素な脱衣スペースがあり、品の良い露天風呂がお目見え。

IMG_2632.jpg

洗い場は、シャワーなしのものがふたつばかり。

そして、地下に降りて、内湯の大浴場。

IMG_2631.jpg

脱衣所は、鍵付の小さなロッカーがいくつかあり、貴重品はそちらへ。
脱衣スペースは、どーんとたくさんの脱衣棚。
流石ホテルで、消毒されたブラシがあって、無論、ドライヤーあり。


浴室は・・・広い!
写真で広さが伝えられないのが残念。

IMG_2626.jpg

内湯といえども、ビニールハウスのように壁はなく、まるで露天風呂の様。
洗い場も20くらいあった。(こちらはシャワー付き)

大きくは熱めの浴槽とぬるめの浴槽に分かれおり、
そのほか、小さな浴槽や、うたせ湯などがあった。

IMG_2629.jpg

バナナがなってる!! 笑


泉質は「単純硫黄泉」。
成分表では結構な濃度の硫黄泉。

だけど、実際はほぼ無色透明無味無臭。
硫黄の香りや味を感じることはできなかった。

浴感は単純温泉 ←?
ゆっくりのんびり入っていると、じんわりと汗が出てくる。

何故か貸切状態だったので、広い空間で贅沢なひと時。


(成文表)
霧島キャッスル

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

霧島神宮温泉:民宿 登山口温泉
140701 霧島神宮温泉:民宿 登山口温泉

鹿児島県霧島市霧島田口2459−83




霧島神宮詣での際には、ここか、あかまつ荘きりしま路と迷う。(私だけか・・・)

民宿の立ち寄り湯は300円。

IMG_2611.jpg

まだまだ新しめの建物のフロントで支払い、廊下を歩いて2階へ行って浴室へ。

IMG_2612.jpg

脱衣室は、コンパクトだけど、とても綺麗。
鍵付の脱衣棚が並び、ドライヤーも完備。

IMG_2613.jpg

なんかこのくらいの規模が個人的には好きだな。
とくに民宿って感じがする。

浴室もまずまずこぢんまり。

IMG_2614.jpg

大きめの浴槽が一つある。
窓が多くて明るい印象。

成文表がないので詳細は不明だが、
おそらく「単純温泉」(硫黄成分多め)ではないかなー。

浴室内にはほんのり硫黄の香りが漂う。
お湯事態からはあまり硫黄の味は感じられなかった。

浴室内にこんな階段があった。

IMG_2615.jpg

さらに上に露天風呂がある。

IMG_2616.jpg

屋上にこぢんまり。
これ嫌いじゃない!

こちらのお湯は、内湯とちがって、白い大きめの湯の花が浮いていた。
私は内湯よりこちらの露天風呂の方が気持ちよかったなあ♪

いつ来ても、景色も気持ちの良い霧島。
本日も良いお湯をいただきました。

(成分表はみあたりませんでした)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ