プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
国民宿舎えびの高原荘
140324 国民宿舎えびの高原荘

宮崎県えびの市末永1489




えびの高原の足湯は、行くたびに利用させてもらってたのだが、
すぐ近くに入浴できる施設があるとは知らなかった@@

IMG_1332.jpg

(この日はとってもヨカ天気♪)

無論宿泊もできる施設。
綺麗でとっても立派な施設だった。

立ち寄り湯の入湯料は500円。
フロントで支払う。

IMG_1333.jpg

少し歩いて、浴場へ。

IMG_1335.jpg

脱衣所も綺麗で広々。
脱衣棚のみ、ドライヤーは無料。

IMG_1338.jpg

浴室も明るく綺麗で広々~。

IMG_1343.jpg

洗い場は10くらいあったかな。

IMG_1340.jpg

二つに仕切られた大きな浴槽は、お湯が掛け流されている。

サウナ、水風呂もあった。

素敵だな、と思ったのは露天風呂。

IMG_1344.jpg

内湯ほど大きくはないが、岩風呂でとても感じがいい。

そしてこの景色。

IMG_1345.jpg

霧島連山が綺麗に見える。

IMG_1346.jpg

源泉はふたつある模様だが、どちらも泉質は「カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉」。

少しだけ黄味がかった、ほぼ無色透明無味無臭のお湯。
この泉質なら、緑白濁して金属の味がするんじゃないかな、と感じたのだが、
まだまだ勉強不足ですなー。

近くにある足湯よりは、優しいお湯だと思う。

IMG_1349.jpg

PH自体は中性なのだが、メタケイ酸が多いせいか、つるつるして気持ちの良いお湯だった。
温度もちょうどいいしねー。

でもね、結構な硫酸塩泉。
硫酸塩泉は、私にとって倦怠感がくる泉質ではあるのだが、これは少な目だった。

硫酸塩泉でもどちらかといえば「芒硝泉(ナトリウム-硫酸)」ではなく
「石膏泉(カルシウム-硫酸)」「正苦味泉(マグネシウム-硫酸)」だからかな。
鹿児島にはあまりない泉質であることには、間違いないですが。

絶景も手伝って、なかなかの良泉に満足な入浴タイム。

こちらもいいお湯、いただきました!

(成分表)

えびの高原2
えびの高原1


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
霧島温泉:旅行人山荘 飲泉と足湯
140324 霧島温泉:旅行人山荘 飲泉と足湯

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3865




旅行人山荘、飲泉と足湯もある。

一般の入湯料(500円)を支払ってからの場所より
外部にでたところにある。

IMG_1323.jpg


IMG_1324.jpg

霧島の絶景にこの足湯、映えるねえ♪

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pecha Kucha Night Speaker 
ゆの雑談。

何故か先日、温泉ソムリエとして、Pecha Kucha Night kagoshimaへ登壇した。

Pecha Kucha Nightとは、1枚あたり20秒で容赦なく切り替わるスライドを20枚使って、
自分の作品の紹介やアイデアの説明をするという
世界600都市以上で行われているプレゼンテーションイベント。
(もっと難しい?版としてTEDxがある。)

仕事や活動、作品を紹介することの多いこのイベントで、
100%趣味の温泉について400秒プレゼンしてしまったの巻。

いやはや。


50821_n.jpg

他のスピーカーの皆さん、本当に素晴らしいプレゼンで、
それを聞くだけでも行った価値のあるイベントだった。

が、ひとり、手ぬぐいかぶって、温泉を語る自分はいかに(撃沈)

色々反省点はあるけど、ウケたからいいや(笑)


しかし、温泉がご縁で、いい仲間もできたし、いい経験もさせてもらってるよなー。

感謝、感謝。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
溝辺ふれあい温泉センター
140324 溝辺ふれあい温泉センター

鹿児島県霧島市溝辺町有川808




空港までの所用で、しばし風呂る。
空港から近いと思っていたが、意外と遠かった(汗)

IMG_1291.jpg

立派な施設でフロントも広々。
入湯料240円を発券機で購入。

脱衣所は、清潔な感じでまずまず広々。
脱衣棚と、鍵付のロッカーあり。
ドライヤーも無料であり。

浴室も、結構広い。

洗い場も10近くあったかな。

IMG_1292.jpg

大きな浴槽に、機能浴満載。

IMG_1297.jpg
IMG_1294.jpg

それ以外にも、サウナ、水風呂、上がり湯など、一折そろってる。

IMG_1301.jpg

お湯は、単純温泉。
しかしながら、溶存物質999mgという、ぎりぎりの単純温泉。
泉質名がつくとしたら「ナトリウム-炭酸水素塩泉」となりますな。

お湯は少し緑がかってみえ、錆色の付着物はあるが、
無色透明無味無臭。ほのかにも味を感じられなかった。

ちょっとだけ、つるっとするかな、くらい。

塩素臭もうっすら漂っておりますが。


でも、こういう施設って人気なんだよね。
その理由もちょっとはわかる私でありますが。


(成分表)
溝辺ふれあい温泉


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
湯浦温泉:岩の湯
140321 湯浦温泉:岩の湯

熊本県葦北郡芦北町湯浦230−10




熊本の先輩温泉ソムリエのセミナーを聞きに、いざ、熊本へ!
その途中に、こちらへちょいと立ち寄り、身を清めてから参りましょう。

IMG_1286.jpg

国道沿いにありながら、なかなか目立たないかも。
(しっかり大きな看板はあるけど)

昔からある温泉で、建物自体は建て直して日が浅いとか。


入湯料、驚きの170円。


真昼間、人は少なかろうと思ったのだが、これがなかなか多く驚いた。


脱衣所は、脱衣棚と鍵付ロッカーがあったような気がする。
ドライヤーなどはなし。

浴室は、大きいものが一つに、洗い場が6つくらいあったかなー。
あとは、上がり湯があった。

割とコンパクトな公衆浴場だが、
地元の人にかなり愛されている模様。

IMG_1289.jpg

お湯は無色透明。味はほんのり甘く感じた。
かなりとろとろした浴感があり、細かい泡が肌にまとわりつく。

いやー。
これさ、毎日入りたい系のいいお湯だねえ♪

すごく気持ちがよかった。

IMG_1288.jpg

これ、なんとウサギさんの吐湯口。

かわいくない?

ウサギさんが、げーしているお湯は(表現が・・・)
「単純温泉」と書かれていたが、細かい成分表はなし。

しかし、優しい系のいいお湯だった。
これ、近所にあったら、ヘビーユーザーになってしまうよね^^


(成分表?)
IMG_1290.jpg


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

湯之元温泉:ゆぅーゆぅー家族湯
140320 湯之元温泉:ゆぅーゆぅー家族湯

鹿児島県日置市東市来町湯田3460−18




比較的近場で温泉は、湯之元温泉率高し。

家族湯のみのこの施設。
露天付の部屋もある模様だが、今回は普通のお部屋を借りる。

IMG_1280.jpg

平日の夕方でも、結構利用者が多い。

入湯料、一部屋800円。(人数によって変動有)

脱衣棚のみで、ドライヤーあり。

IMG_1281.jpg


ごくごくコンパクトな浴槽と思いきや、
まあまあ、広めの浴槽で、足も延ばせる!

IMG_1284.jpg

お湯は、軽くエメラルドグリーンの「単純硫黄泉」。
うっすら卵味の、湯之元温泉のお湯。

汗も引かずに気持ちのいいお湯。

硫黄泉は「温泉入ったなー」って気になりやすいよね、なんでだろうね。

ちょっとのゆっくり時間。
いいお湯をいただきました。


(成分表)
家族湯ゆ~ゆ~


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
日当山温泉:家族温泉木の花
140318 日当山温泉:家族温泉木の花

鹿児島県霧島市隼人町姫城2丁目43-1




実はまだオープンしてない施設。
今月内にはオープン予定だとか。

師匠の取材についていったら、見学&入浴させていただいた!

かなりラッキー!
(ちなみに師匠は入ってない 笑)

IMG_1235.jpg

外観・内観共に、落ち着いたネオ和風な感じ。
至るところに植栽が配置され、それがとても感じが良かった。
(ちなみに師匠、撮影中)

家族湯のみの施設で、お部屋は8つある。
入湯料は1600円~2500円。

入口には足湯がある。

IMG_1223.jpg

車いすでも入れる優しい作り。


浴室のひとつも、椅子ごと入浴できるリフトがついている。

IMG_1229.jpg

素晴らしいなと思ったのが、
この部屋のお値段が一番安いこと。

「社会貢献かな、と思って」とおっしゃってたオーナーさんの言葉が印象的だった。


お部屋は、露天がついているものとついてないものなどある。

IMG_1217.jpg

ここは、檜風呂+露天岩風呂でとっても素敵。
脱衣室もどこも広々していて、ドライヤー+TV付!

で、私は、「月代」というお部屋で入浴させていただいた。

IMG_1236.jpg

洗面台も広々でドライヤー付。
ベンチもあるので、ゆっくりもできる。

IMG_1242.jpg

内湯、露天とも石張りのお風呂。

この日は、内湯が結構ぬるめだったが露天は適温。

洗い場も綺麗。
出来たばかりの施設、やっぱりいいなあ。

IMG_1245.jpg

お庭も綺麗。


泉質は、「ナトリウム-炭酸水素塩泉」
日当山温泉よろしくの、無色透明なつるつるするお湯。
成分表を見た感じ、うっすらかなとおもったのだが、
入ってみると、かなりつるつるするし、重曹の味もしっかり感じた。

むっちゃ気持ちいいお湯!!!

IMG_1246.jpg

家族湯渋滞のできる、日当山温泉。
ここもこんなに素敵だから、きっと並ぶんだろうなあ。
先に入れて凄くラッキーだし、こんないいお湯だったから、至福のひと時。
オープンしたら、また来ようっと。

本当にいいお湯をありがとうございました。

(成分表)
木の花


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

安楽温泉:佐藤温泉
140318 安楽温泉:佐藤温泉

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4151




大好きな安楽温泉街。
本日はこちらをいただく。

IMG_1279.jpg

お初です。

入湯料300円。

男湯、女湯と、

IMG_1260.jpg


大浴場がある。

IMG_1273.jpg

私は何故か?大浴場を貸切で入らせていただいた。


脱衣所は脱衣棚のみのもの。
ドライヤーなどはなし。
何故か階段有(笑)

IMG_1267.jpg

浴室を開けて、「おー」と声がでた。

IMG_1264.jpg

広いし。
吐湯口、おもしろい。

洗い場は2つある。

IMG_1266.jpg

浴室内の80%が浴槽という大胆な感じの作り(笑)

このレトロ感もやっぱりツボっす。

IMG_1271.jpg

しかもいいお湯!

泉質は、安楽温泉よろしくの「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉」。

隣の塩湯よりこっちの方が好きだな、と思ったのだが、
成分表をみてみたら、塩湯と同じ源泉だった!
あらー。自分のその時の気分なのか、結構自分も適当なもんだ。


寝湯、打たせ湯もあり、楽しかった。

なによりこの析出付着物が愛おしいね♪

IMG_1272.jpg

下にある、女湯ものぞかせていただいた。

IMG_1277.jpg

コンパクトな脱衣室に、コンパクトな浴室。
うわー。こっちもツボだし!

レトロな温泉街。ずっと残ってほしいなあ・・・。


(成分表)

佐藤温泉



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
垂れ流し温泉2
140318 垂れ流し温泉2

鹿児島県霧島市




湯気が出ているところを見つけて、泉源を探す。
あほだろーー;

IMG_1254.jpg

でも、これ面白かった。

間欠泉のように、勢いが様々に変わる。
析出付着物も塩のように凄い。

甘みのある重曹の味。
炭酸水素塩泉でしょう。温度も適温。

横に、朽ち果てたコンクリートの柱?みたいなのもあったので、
以前はなにか施設があったのかな?

そんなところ多すぎね、霧島市。

まったく楽しすぎ(苦笑)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
垂れ流し温泉1
140318 垂れ流し温泉1

鹿児島県霧島市




何故か野湯?不思議ちゃん温泉行脚。
私、そっち系の人じゃないんすけどーー;;

IMG_1248.jpg

つっても、温泉出てると触っちゃうし、なめちゃうし、楽しい。


これもいいお湯だった!!
濃い重曹の味に、鉄分の味がする。ちと甘みすらあるか。

ひとつひとつ違う。


おもろいなあ。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

ドラム缶温泉
140318 ドラム缶温泉

鹿児島県霧島市




うーん。

明らかに温泉。


IMG_1250.jpg

入るには結構熱めだが、いいお湯。
鉄の味が強くするが、炭酸水素塩泉に間違いないはず。


ドラム缶の中は、コケも生えてるしね、
入りませんよ、私は。

IMG_1251.jpg


でも、いいお湯なんだよねー。



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

安楽温泉:旧高塩湯
140318 安楽温泉:旧高塩湯

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4186




安楽温泉行脚。
ここの温泉街、やっぱり好きだ。

歩いてみると、以前はお宿であったであろう建物が沢山あるのだが、
現在はほぼ詳細不明。

歴史を調べてみたいものだ。

その中でも、つい数年前まで入れた温泉がこちら。

残念ながら、現在は営業しておらず。

IMG_1258.jpg

木造の二階建て。好きな風情なのだが。

浴室の窓が開いていたので、見てみる。


IMG_1256.jpg

まだ、使われている感じだった。
地元の方々が使っているのだろうね。

安楽温泉にしてはやさしめの泉質なのかな、と色と付着物から察する。

入ってみたいものだ。


150208 再訪

今度は中に入らせいただく。
お湯を感じることができる!

IMG_5044.jpg

こちら、下宿もできたのだそうだ。
つい最近まで誰がかりてらしたとか?

ぐっとくる色と雰囲気。

IMG_5045.jpg


ちょっとうっすらとした味は、佐藤温泉などに近いかも。
ええお湯だあ・・・。

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

とある湯小屋
140308 とある湯小屋

鹿児島県霧島市




通りかかりに、小さな木造の小屋を見かけたのだが、
なんだか、水の音がする。

小屋のドアは鍵もなかったので開けてみると、温泉だし!!

IMG_1149.jpg

触ってみると良泉!
炭酸水素塩泉で間違いないと思う。

なんか使われている感じ。
ジモ泉でしょうか。

持ち主わかれば、ぜひ入浴させていただきたいと思えるお湯!!


最近、温泉を探す嗅覚が冴えてきた・・・危ない危ない(苦笑)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
Terme VILLA ちゅらーゆ
140317 Terme VILLA ちゅらーゆ

沖縄県中頭郡北谷町美浜2丁目




沖縄旅行でも、温泉に入ってみる。

沖縄っていうと、あまり温泉のイメージがない。
鹿児島の離島もそうだけど、そもそも入浴の文化そのものが違うのかな、とも思う。

しかしながら、温泉はあるんだよ。

IMG_1199.jpg


松山(沖縄の繁華街)で呑みすぎた翌朝に、朝風呂をいただく。

外には足湯もあった。

IMG_1197.jpg


こちらの施設、プールなどを併設した天然温泉がある。

入湯料、平日は1000円、土日祝日は1300円なのだが、
なんと朝風呂(9:00まで)だと500円。
タオル等の貸し出しもあり(有料)

脱衣室は、鍵付のロッカー。
鍵はフロントで渡される安心タイプ。

IMG_1201.jpg

ドライヤーも無料。
アメニティーも、がっつり完備。


浴室は、洗い場が20近くあったかな。



IMG_1206.jpg

内湯は、水道水の沸かし湯らしい。

露天風呂が、天然温泉。

IMG_1205.jpg

なんといっても、朝なのに人が多かった!
観光客も多かったが(外人さんも多かったが)、地元の方々も多かったように思えた。

IMG_1204.jpg

お湯は、正直期待してなかったのだが、なかなか良くてびっくり。

泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」。
成分表が詳細ではなかったので、色々不明だけど。

少し緑がかったお湯で、かなりつるつるする。
お湯はちょっとぬるめの適温で、いい温度。

味は、うっすら塩味くらいだけど、ごくごく軽く硫黄の味と香りがすんの。

人は多いのに、あまり大きくない浴槽に、どうやら源泉かけ流しの様子。


へー。
沖縄も掘ればいいお湯でるんじゃね? ←余計なお世話。

一日の始まりに、思いがけず良いお湯をいただきました。


(成分表?)
IMG_1203.jpg


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

宮之城温泉:宮之城観光ホテル福田荘
140313 宮之城温泉:宮之城観光ホテル福田荘

鹿児島県薩摩郡さつま町湯田1366−18




やってるのかな?とちょっと不安になったが、電気がついていたので、尋ねてみる。

立ち寄り湯もあるお宿。
入湯料300円。

IMG_1183.jpg

奥の方に浴室がある。

かなり広々とした脱衣室、浴室にびっくり。

IMG_1187.jpg

脱衣棚のみドライヤーも無料。


浴室は本当に広かった。

洗い場も5か所くらいあったかな。

IMG_1189.jpg

浴槽も大きく二つに分かれている岩風呂風。

IMG_1194.jpg

泉質は「単純温泉」。

源泉は、湯田荘と同じらしい。いわゆる湯田温泉の第二源泉。

でも、湯田荘ともまた違うな、と思った。
源泉からの距離なのか、浴槽の大きさなのか、その時その時の違いなのか。
好みで言えば、湯田荘の方が、私は好きだなあ。

茶色い細かい湯の花が少し浮いていた。
ちょっとつるつるするお湯。

浴槽のお湯は結構ぬるめだった。
だからゆっくり浸かることができた^^

泳げるほど広い浴室が、貸切状態だったのは嬉しかった。


ゆっくり温まっていいお湯だった。
あわや、時間がなくて入浴できないかと思っていたが、出来て良かった^^

いいお湯をありがとうございました。

(成分表)
福田荘


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
入来温泉:亀乃湯
140313 入来温泉:亀乃湯

鹿児島県薩摩川内市入来町副田6075




区画整理ですっかり訳が分からなくなっちゃってるこの界隈。
功を奏してない気がしてならないが、
はたして区画整理後、温泉街はどうなるのだろうか。

さて、入来温泉街の公衆浴場。
たもとの橋の名前もこちらのお湯の名前。

IMG_1182.jpg


廃業していく温泉施設が多い中、残っているのはうれしい気がする。

IMG_1173.jpg

入湯料なんと100円。


脱衣室は、脱衣棚のみ。
ドライヤーなどなし。

IMG_1174_20140314074714a11.jpg


浴室も、浴槽が一つあるのみ。
魅かれる色のお湯がゆっくりと掛け流されている。

IMG_1180.jpg

入来温泉界隈でよく見かける、小さな洗い場?上がり湯?
ここのお湯は結構熱めだったが、湯船は適温。

成分表はないので詳細は不明だが、「塩化物泉」だと思う。
多少、炭酸水素イオン多めかもしれないが。

IMG_1177.jpg

つるつるはしないけどさっぱりした湯上りのあるお湯。
べたべたもしないけど、温まりやすい気持ちの良いお湯だった。

析出付着物も結構凄い。

以前入ったアゼロ湯に近いかな。
今はもうないけど・・・。


さっぱりと良いお湯でした。


(成分表はみあたりませんでした)

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
日当山温泉:重久温泉
140312 日当山温泉:重久温泉

鹿児島県霧島市国分重久433




どこか風呂はいろー。と思っても、またこの辺も沢山あって迷う迷う。

結局うろうろしてこちらへ行きつく。

IMG_1158.jpg

日当山温泉には良くある、家族湯のみの施設。

新しい方は一部屋400円。
古い方は一部屋300円。

・・・この安やって、凄いよね・・・(一人じゃないよ)


今回は新しい方をいただく。
が、たいして、新しくはない(笑)

IMG_1159.jpg

脱衣所はごくごく簡素だが、ちゃんと成分表がはってあった。
ドライヤーなどはない。

浴室もコンパクトよ。
でも、日当山のお湯がかけ流し。
本当に贅沢だと思う。

IMG_1161.jpg

適温でつるつるするお湯だった。

炭酸イオンが72mgってちょっとおどろきじゃないかな?


日当山も施設によって、つるつる度が違ったりで面白い。
まだこの辺は行ったことないところ沢山。

キリがないくらい楽しめるぞー。


(成分表)
IMG_1160.jpg


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
日当山温泉:野鶴亭足湯
140312 日当山温泉:野鶴亭足湯

鹿児島県 霧島市隼人町東郷1丁目8




通りがかりの足湯。
こういうのが素晴らしいと思う。

IMG_1150.jpg

ちゃんと成分表まで掲げてあるの。

泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」

日当山の良質なとろとろするお湯。
足湯でも、背中がぽかぽかしてくる。

ここいいお湯だなあー。
是非泊まりに来てみたいものだ。


(成分表)
IMG_1151.jpg



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



ラムネ温泉跡
140312 ラムネ温泉跡

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田




霧島を通ってると、いつも気になるバス停の文字。

しかしながら、今は施設はない。
でも、まだ、建物が少し残っているとのことだったので、ちょっと入ってみる。


IMG_1147.jpg


まだ道はしっかりしているが、そこに施設があった形跡はちょっとない感じかな・・・。

浴室棟と思われる建物のみ、なんとなく残っていた。

IMG_1148.jpg

赤茶けた析出物が溢れ出すお湯は、まだこんこんと沸いていた。

足元がぬかるんでいて、そういう格好で来てないからこれ以上近寄れず。
お湯を触ることもできなかったが、
多分、そんなに熱くないんじゃないかなー湯気も出てなかったし。

ラムネっつーくらいだから、しゅわしゅわしてたのかな?

お湯は気になるが、あまり綺麗なもんでもなかったので、いかがなものか。
こういうの探してしまう最近、路線変更するつもりはないのだが!!!  ←は?


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
宮之城温泉:さつま町老人福祉センターいぬまき荘
1403090 宮之城温泉:さつま町老人福祉センターいぬまき荘

鹿児島県薩摩郡さつま町湯田1502−12





そして昼休みの湯。

IMG_1133.jpg

施設名のとおり、敷地内には「いぬまき」が点在。

老人福祉センターだが、一般として200円で入浴可能。

脱衣室、浴室ともにコンパクト。

IMG_1135.jpg

脱衣棚のみ、ドライヤーは無料。


IMG_1140.jpg

IMG_1139.jpg

洗い場は4か所くらいだったかな。
コンパクトながらこれは利用しやすい施設だと思う。(好みの話か・・・)


んで、入ってみて、ちょっと驚く。


ほんのり硫黄の甘さのあるとってもつるつるするいいお湯!
泉質は「単純硫黄泉」。(成分表は硫黄泉になっとるが・・・)


IMG_1138.jpg

うわー。
こんなにいいお湯なら、こんな時間のない時に入らずにゆっくりした時にすりゃ良かった!
そう思わせる本当にいいお湯!

そうだよなあ・・・
ここは、あの宮之城温泉街ではないか・・・(笑)

ゆっくりとかけ流しのお湯は溢れ出していて、
軽く白い湯の花が浮いている。

おお・・・いいかも。お気に入り。


時間がないのに、ついつい長居してしまいそうになる危ないお湯だった。

いやー。
いいお湯でした♪


(成分表)
IMG_1134.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
宮之城温泉:正体不明の垂れ流し
140310 宮之城温泉:正体不明の垂れ流し

鹿児島県薩摩郡さつま町湯田




昼休み、宮之城温泉を探索。(どうかしてる)

山の方へ進む道沿いに正体不明の温泉が出ていた。

IMG_1132.jpg

ちゃんと温泉なんだよ、暖かいの。
結構適温、41℃くらいかな。

お湯は無色透明で、下に置かれた洗面器からあふれていた。
ちゃんとパイプがあるから、使われるのかな???謎。

IMG_1131.jpg

なめてみると、ほんのりと金属の味がした。

あれー。
今まで入った湯田(宮之城)温泉のどのお湯とも全然違う。
(単純硫黄泉か、硫黄の多いアルカリ単純温泉が多いから)

不思議だが、これまた温泉。

昔ここの施設があったのかな?


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



さつま町健康ふれあいセンター あびーる館
1403010 さつま町健康ふれあいセンター あびーる館

鹿児島県薩摩郡さつま町神子228−7




朝から仕事でさつま町。
まずは仕事前に朝風呂(笑)

IMG_1111.jpg

食事もできる町立の施設。

入湯料は300円。
発券機にて購入

脱衣室は広々。

IMG_1113.jpg

100円いれてかえってくるタイプの鍵付ロッカーのみ。
洗面所の広々、ドライヤーも無料。
仕事前に、髪の毛までがっつりあらう、本気の朝風呂(笑)

浴室もこれまた広々。

IMG_1123.jpg
IMG_1128.jpg

機能湯やサウナ、入浴剤の入ったイベント湯などバラエティーに富んでいる。
まあ、スーパー銭湯系といえばそうなるのかな。


洗い場は15くらい。

IMG_1117.jpg

露天風呂もあるよ。

IMG_1124.jpg


IMG_1125.jpg

泉質は「単純温泉」

加水・加温・循環・消毒オールありあり。
ゆえに、お湯は、無色透明無味無臭かなあ。
多分源泉は、うっすら重曹の味がするのではなかろうかと思うけど。

でも結構つるつるする。(PH8.1)

浴槽のお湯は気持ちぬるめかな。

朝風呂には、ざっと熱めのお風呂が頂きたかったところだが、
優しいお湯と、身支度をする施設充実というところで、まずまずかな。

多分、夕方になると人が多い施設なんだろうなあと思う。


(成分表)
IMG_1115.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

湯之尾温泉:黄金湯(足湯)
140308 湯之尾温泉:黄金湯(足湯)

鹿児島県伊佐市菱刈川北2280−17




ひしかり交流館の駐車場にある足湯。

以前行ったときは使われてないみたいだったのに、
今回はお湯がはられてた!

やったー!

IMG_1102.jpg

少し赤茶けた付着物のあるお湯。
無料です。

ちょっと金属と重曹の味がする。
(飲むのか!足湯を!!どうかしてるぞ! ←もう一人の自分の心の叫び)

IMG_1104.jpg

寒い日だったのでぬるめだったけど、いいお湯♪

沢山利用できる大きな足湯。
これはいいねー!

(成分表はみあたりませんでした)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


川沿いのジモ泉?
140308 川沿いのジモ泉?

(場所は自粛)




以前、温泉探しをしてたときに、ストリートビューで気になるものを見つけていた。
ちょっと通りかかったので、前を通ってみると・・・

IMG_1099.jpg

げ。

本当に、なんかあるし。


IMG_1101.jpg


道もちゃんとしてたし、丸見えだけど、なんか使われている感じがした。
浴槽にお湯はたまっていなかったが、お湯は垂れ流されていた。

お湯自体は無色透明。
溜めるとうっすら白濁する系だと思う。
赤茶けた付着物多し。

温度は結構低い。
35℃くらいかなー冬場入るにはちょいと低そう。

重曹の味に、結構濃厚な金属集。
しかし、お湯がしゅわしゅわしてる。
二酸化炭素が多いのか?だから低温なのか?

気になったお湯。
もちろん、入りませんが。

そうそう、すぐ川向にこんなのが見えた。

IMG_1100.jpg

浴槽のような、祠のような。


気になるねえ。


150322 追記

久しぶりに行ってみると、簡易だけど壁と屋根ができていた!!(外観自粛)

お湯は湯船に溜まり、ちゃんと使える状態に。
地元の人が使ってんだねえ。

IMG_5387.jpg

思ったよりは無色透明のお湯。
茶色い湯の花が浮く。
手をつけると、集まってくるしゅわしゅわ。

IMG_5388.jpg

やっぱりぬるめだけど好きなお湯だなー。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
妙見温泉:妙見石原荘
120308 妙見温泉:妙見石原荘

鹿児島県霧島市隼人町 嘉例川4376番地




母の誕生日祝いもかねて、こちらのランチ付入浴へ。

IMG_1097.jpg

IMG_1098.jpg

やっぱり高級感のある旅館。
素敵。

ちなみにランチは、この石倉の新館でいただいた。

IMG_1096.jpg

美しく美味しい料理に母も大満足!
私もビール呑みたかった・・・(運転手なのでノンアル)

立ち寄り湯のみは1200円。
ランチ付だと4000円~。(飲み物代は別)

このランチの前にお風呂をいただく。


まずは一番手前に足湯があった。

IMG_1065.jpg

階段を下りて川に面した足湯。
足湯でなくて露天風呂でもよくね?というくらい立派なもの。

ちなみに、川の中に派手にお湯が噴水してるものがあった。

IMG_1066.jpg

気になるし・・・。


そして、素敵な景色を歩いて行って浴室棟へ。

IMG_1068.jpg

途中飲泉あり。

IMG_1070.jpg

結構濃厚に感じた。


大浴場(内湯)より手前に露天風呂あり。

IMG_1073.jpg

川に面していて、凄い絶景。
こりゃ素敵すぎ!


そして、メインの内湯。


脱衣室は、脱衣籠がある、体のいいスタイル。

IMG_1078.jpg


タオルも使い放題!
バスタオルも使い放題!
ドライヤーも無料だし、アメニティーもそろってる!

(貧乏人、こういうのに興奮)


浴室は、これまた大きな窓で川に面していて、良い雰囲気。

IMG_1095.jpg

IMG_1091.jpg

壁のレリーフもとっても立派!
こういう造りもいいなーと感じた。


脱衣場は5つくらいかな。

IMG_1092.jpg


泉質は、妙見温泉の「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・炭酸水素塩泉」。

二酸化炭素500mg近くのしゅわしゅわ感。
メタケイ酸228mg!
他のこのあたりのお湯よりも、つるつる感なく、抵抗感すら感じるほどだった。

IMG_1086.jpg


成分表によると、飲泉、足湯の方が成分は少し濃い。

でもこの付着物。

IMG_1087.jpg

いいお湯の証拠のような気分にすらなる。


文句なしのオールかけ流し。
ちょっとリッチな気分のいいお湯だった。


(成分表)
足湯
石原荘足湯

飲泉
石原荘飲泉

浴場
石原荘


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
安楽温泉:旧大徳館垂れ流し
140308 安楽温泉:旧大徳館垂れ流し

鹿児島県霧島市牧園町




こちらの朽ち果てたお宿。

DSC_0549.jpg

幼少のころ、亡き祖母が毎年湯治に訪れていた宿であることは以前書いた。→

母と行く機会があったので、ちょっと廻りを歩いてみた。
私は私で、しっかりはっきり覚えているつもりでいたが、
さすが幼少の記録、詳細は母に軍配が上がった・・・。

「浴室は、あそこだったよ」

なるほど、外から見ても浴室だって言われればわかる(笑)
ちなみに私が、外から見て「浴室はあそこだった」と思っていたところは、トイレだそうだ(爆)

DSC_0545.jpg

建物の中には鍵がかかってる(たぶん)入れないが
(そもそも入ったら不法侵入だろう)←敷地内もどうかとは思うが・・・
浴室の窓が開いていたので、中をのぞいてみた。

DSC_0544.jpg


うわわわー!

昭和の時代の記憶!
劇的に懐かしい!! 
(自分だけ)

つか、まだ全然朽ちてないし、使われてるくらい綺麗。

一段上がった脱衣スペースがあって、脱衣棚があって、
小さい浴槽が二つに仕切られている。
この赤茶けた古びた雰囲気。

しかしながら、もっと浴槽は大きかったように思ってた。
子供だったから、そう感じてたんだろうなあ。

母と一緒で良かった・・・。
なんか胸がいっぱい。


浴槽には水(お湯?)が溜まっていたが、
色々浮いていたので、ただ溜まったままなんだと思う。
浸かれる状態ではないはずよね。


でも、その浴室棟より、源泉は敷地外に垂れ流されていた。

DSC_0547.jpg

もったいないくらいの勢いの湯量。
そして、いい温度のいいお湯!

濃厚な重曹とうっすらの金属臭。
私が思い出す味、そのもの。


嗚呼、いいお湯なのに・・・。


母の話によると、口うるさいおばさんが一人でやっていて、
それでも、結構、いつも人が泊まっていた湯治宿だったらしい。

建物の前の川には、建屋があり、そこにも浴槽があったとか。
多分建物からのオーバーフローの湯だとは思うけど・・・。

今は川へ降りる階段はあるが、治水工事で見る影はない。

DSC_0548.jpg

思い出のお湯に触れることができて、
使われていない今でも良泉だったことがうれしかった。

やっぱりいいお湯だったんだー。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


隈之城温泉
140306 隈之城温泉

鹿児島県薩摩川内市隈之城町1195




高城温泉からの帰り道、
やっぱり髪の毛を洗って帰ろうか、と思い、まだ未湯のこちらへ立ち寄る。

昔からある鄙びた銭湯を想像していたら、
宿泊有、食堂ありの、新しく綺麗で立派な施設だった!

IMG_1055.jpg

入口に飲泉があったので、早速いただく。

IMG_1056.jpg

ちょっとトロッとした飲み口のうっすら重曹の味と塩味のお湯。
あらら、なかなかいいお湯じゃないの。←なんとなく上から的な・・・


入湯料は発券機で300円。

男女のお湯は週ごとにいれかわるんだそう。


脱衣室は、鍵付のロッカーあった。
普通の脱衣棚があって、ドライヤーは無料。

結構人が多く、人気の施設の模様。


IMG_1060.jpg

浴室は、洗い場が10くらいあったかな。
円状に並んだ、洗い場もあって、これ、川内市内でよくあるタイプなのかな、と勝手に感じる。

浴槽は、かけ流しの大きい浴槽が一つ。
水風呂が一つ。かけ湯もあるし、サウナもある。


IMG_1061.jpg


泉質は「単純温泉」。

少し黄味がかった透明のお湯。
つるつるした浴感とほどよい温度で、ついつい長湯してしまう気持ちよさ。

いいお湯だー。

IMG_1062.jpg

本日もゆっくりまったりの入浴タイムがいただけた。
ちょっと帰りが遠いのが難だけど、たまにはそういう日もいっかー。(いつもだろ)


本日も良いお湯でした。


(成分表)
隈之城温泉


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

川内高城温泉:共同湯
140306 川内高城温泉:共同湯

鹿児島県薩摩川内市湯田町6763




少しだけ、足を延ばしてみる。

この昭和レトロな温泉街。本当に大好き。
その真ん中にある共同浴場。

IMG_1038.jpg

少しだけ路地のようなところに入り、狭い位置口を入る。

IMG_1041.jpg

入湯料は200円。

IMG_1042.jpg


入った途端、やはりこの風情にため息。

IMG_1043.jpg

ちょっとの脱衣スペースがあって、
浴室は、二つに仕切られた浴槽があるのみ。

ちなみに脱衣はこんな感じ。

IMG_1045.jpg

お湯は無色透明の美しい「単純硫黄泉」。
ごくごくほんのりと甘いゆで卵の味がする。

で。

お湯、すっごく熱い。

正直入れないほど。


ぬるい方の浴槽でも、かなり熱い(46℃くらいかな)

私と入れ違いのおばちゃんが「無理しないで水入れていいよ」とおっしゃってくれたが、
建物の入り口に

「多少熱くても水を入れないでください。
水を入れると普通のお風呂です。」


と書かれていたので、頑張って入りました。


長湯はできなかったけど、本当にいいお湯だった。

IMG_1047.jpg

ずっと続いてほしい。
そう思える、良泉に素敵な佇まい。

寒い日にはもってこいの良いお湯でした。

(成分表)
高城共同湯


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


鹿児島サンロイヤルホテル
140305 鹿児島サンロイヤルホテル

鹿児島県鹿児島市与次郎1−8−10




こちらが立ち寄り湯できるなんて知らなかった!

宿泊しなければならないと思い込んでいるホテルも改めて要チェックだなあ。


鹿児島市内を代表する与次郎にあるホテル。
こちら、なんと12階の展望露天風呂が1000円で立ち寄りさせていただける。

IMG_1025.jpg


久しぶりのホテルの温泉。

なんだかんだで、やっぱり素敵なんだよねー。

IMG_1028.jpg

脱衣室は、鍵を渡されて鍵付ロッカーもあり。
脱衣棚もあり。

ウォーターサーバーもあり、
タオルも沢山あり、
ブラシもドライヤーも使いたい放題。
(この表現がどうにも貧乏くさい・・・)

IMG_1027.jpg

やっぱりホテルは綺麗でなんでもそろってる♪


浴室は、これまた凄い。

IMG_1031.jpg

桜島、どーん!ですよ。

IMG_1033.jpg

窓からは桜島がそれは見事に見える。
夜は夜景も綺麗な模様。素晴らしい。


IMG_1030.jpg

洗い場は10くらいあったかな。
高機能なシャワーに、素敵なアメニティー付。
手ぶらでも行けちゃうから、この価格は高くないかも。

スチームサウナもあった。

IMG_1034.jpg

お湯は、少し黄味がかった適温のお湯。

温度が高いので加水はしている模様。
でも循環などはない。

泉質は、「塩化物泉」。
濃厚な塩の味がする。
ちょっとだけしっとりした浴感あり。

鹿児島市内のまだ入ったことのないところで、こんなお湯があるとは驚きだった。

溶存物質総計12560mg!
メタケイ酸191.2mg!
硫酸イオン614mg!

ひやー。すごい。


家も近いので、倦怠感きても全然OK!
また来たいなあー。

IMG_1036.jpg

夕方の暗くなっていく時間、
終始独り占めの贅沢は、これもホテルならではなのかな?

ちょっとご褒美に近場のホテルで立ち寄り湯。
これができるのも鹿児島市内の特権ですな♪

(成分表)
サンロイヤルホテル


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

知覧温泉センター
140304 知覧温泉センター

鹿児島県南九州市知覧町郡17831−1




所用までの時間にちょっと温泉はいっちゃおうかな、と行動にでたが、
数か所、時間外や定休日と振られて、なぜか知覧まで着いちゃったよ、の巻。

計画性のなさが、時間を無駄にします、とほほ。

そんなこんなで、知覧平和公園のすぐそばにあるこちら。
まちの銭湯の体。

IMG_1007.jpg

広くて綺麗な施設で、入湯料330円。
フロントで支払って、廊下の突き当たりの浴室まで。

IMG_1008.jpg

車も止まってなかったし、貸切状態かなと思いきや、人の多さに驚いた。
(まあ、一気にいなくはなったが)
ご近所の高齢者に愛されている模様。
脱衣所の畳コーナーは、みなさんのお昼寝の場となっていた^^;

脱衣室は、広々。
鍵付の脱衣棚、あり。
ドライヤー無料で、あり。この後仕事がある身にはありがたい。

浴室もまずまず広々。

IMG_1020.jpg

スーパー銭湯というか、銭湯系の設え。(わかりにくい・・・)

機能湯(泡風呂・電気風呂)、水風呂、サウナも2種類あり。
洗い場も15くらいあったかな。

まだ新しめで綺麗な施設だった。

IMG_1022.jpg

加水加温循環消毒、オールあり。

どうにも消毒液の香りが気にはなる。
こればかりは仕方ないか。

手前に一つ檜風呂があった。

IMG_1010.jpg

これだけは源泉かけ流しなのかな、と嬉々として入ったが、やっぱり違った。

お湯は無色透明無味無臭。
泉質は、「アルカリ性単純温泉」。

ちょっとだけつるつるするお湯。(PH9.5なのに)

溶存物質総量が176mgと優しいお湯ではあるのだが、
成分表の硫黄成分が、割と多めだったので、期待をしたのだが、それはあまり感じられなかったかな。


とはいえ、ご近所の方々に愛されてるのが見て判る施設だった。
一人暮らしのおばあちゃん、ここでみんなとおしゃべりするのがきっと楽しみなはず。

こういう施設もやっぱり悪くないな、と思ったりするわけであります。
どうにもこうにも単純な性格です。


(成分表)

知覧温泉センター


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ