プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
妙見温泉:天けい荘(旧 妙見味の宿どさんこ)
130429 妙見温泉:天けい荘(旧 妙見味の宿どさんこ)

鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4403




妙見温泉を通るとき気になっていたこちら。
鹿児島で北海道の料理を出す旅館らしく、旧名はどさんこ。
お風呂もすごく良いらしいと聞き、行くでしょ。

旅館名が変わっていることを、知らなかったので、一回通り過ぎてしまった

DSCN3868.jpg

DSCN3870.jpg

入り口に飲用泉があった。
こちらはこちらで、内湯とはちゃんと別途に成分表まで貼ってあった。

この、重曹の中に鉄分が入っているような独特な味・・・本当に好きなんです、私。


宿泊客が帰った後らしく、ちょっとばたついているときに伺ってしまった模様。
「お忙しいときにすみません」と告げると、
「とんでもない!今なら貸し切りですよ^^ゆっくりどうぞ」と言ってくださった。

500円支払い、大浴場へ。


脱衣所は、脱衣棚+かごのシンプルなつくり。
ドライヤーは無料。


浴室はコンパクトではあるが、ドアを開けた途端、「いいねえ」と言ってしまった私。
単純にこういうのが好きらしい。

DSCN3873.jpg

源泉が入る浴槽と、横に小さく低周波風呂があった。あとはかけ湯。
洗い場は3か所。1か所だけシャワー付き。
アメニティーはさすがにそろってる、旅館だもんね。


うーっと声が出てしまうほど、好みの湯。

つるつる感はほとんどないけども、なんでこんなに気持ちいいんだろうか?
赤茶けた付着物は、とげがなくて柔らかい感じだった。
お湯の色は、深い緑のようなグレーのような。

安楽温泉・妙見温泉にある泉質だけども、ここは、またお湯がいいなあ・・・。

自噴源泉の完全かけ流し。
上がるのがもったいなくなるほど、気持ちよかった!



泉質は、「ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉」。
いわゆる重曹泉や重炭酸土類泉。(か?)
あと、結構二酸化炭素も多く含まれていて、ラムネ泉に近いお湯っぽい。


とにかく、優しめだけどすっごく気持ちの良いお湯。
これは来て良かった。


本日も大満足のひととき。
とても良いお湯でした。


成分表
どさんこ(内)
どさんこ(飲)


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
ホテルニューニシノ「手湯」
130429 ホテルニューニシノ「手湯」

鹿児島県鹿児島市千日町13−24





天文館(鹿児島市一の繁華街)のど真ん中にあるこちらのホテル。
私の地方の知り合いなどが、天文館へ出てきたときはこちらのホテルに泊まる人が、結構多い。

ので、知ってはいるけども、ここの温泉、男性専用なのだ。
こればっかりは、入りたくても入れない。
残念。


・・・と思っていたら、新しく「手湯」ができたのと、
ゴールデンウィークのイベントで、期間限定の「足湯」があるのとの情報をいただく!

さっそく気合を入れて、朝から行ってみる!!

朝9時半。
ホテルの宿泊客らしき人たちで、天文館はちらほらと人が。

いつもは夜のネオンが私を呼んでいるのだが、 ←呼んでません
朝の天文館もまた違った景色で面白かった。


ニューニシノの裏(駐車場側)の通りに「手湯」があった!

DSCN3865.jpg

看板の文字も素敵

DSCN3867.jpg

桜島の溶岩で作られているところが、鹿児島っぽくていい感じ。
これを無料で作ってくれてることに、感謝したい。
通りがかったら、手をつっこんじゃうよね、これは。

DSCN3866.jpg

吐湯口から少しなめてみると(いけません)、結構しっかりした塩味。
すこしだけつるつる感がある気がする。
この中心地にこれだけの良いお湯。恐るべし鹿児島。

うわー。全身つかりてー・・・と思いながら一人悦に入っており、
多分、駐車場のおじさまに変な目で見られていた、と思う。




しばらく、その辺をぐるぐるしていたのだが、足湯のイベントはなかった。
(人もいなくてそういう雰囲気もなかった。)

おっかしーなー。日を間違えたかな、でも、手湯が良かったからいいやーと思いつつ。



・・・帰宅して知ったのだが、11:00~でした、足湯。
・・・だよね・・・店も開いてないような朝からやってないよね・・・ふつう。
このせっかちな性格を改めなくてはならないと思った一日でした(苦笑)



手湯を利用した片手だけ、しっとりぽかぽか。
これが塩化物泉の「塩のパック」の効果なんだなーと実感。


いいお湯でした。
ありがとうございました。


131221のゆのきろく☆☆☆

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
宮之城温泉:手塚ryokan
130426 宮之城温泉:手塚ryokan

鹿児島県薩摩郡さつま町湯田1482−1




地方の仕事も帰りにどこか温泉に♪と思えば、楽しみで仕方がなくなる。
仕事も大好きですけどね。うん。 ←!

大好きなさつま町。
鹿児島の温泉を語るに、さつま町の「紫尾温泉」と「宮之城温泉」は外せないと思う~
・・・というくらい好きです。
あまり訪れる機会がありませんが。


今回は、数年前に宿泊したことがあるこちらの旅館の立ち寄り湯へ。
お風呂付の部屋だったので、実は、大浴場は利用したことなかったから。

DSCN3831.jpg

老舗の旅館だそうだが、素敵にリノベーションされている。
ゴールデンウィーク始まりとあって、宿泊客もたくさんいた模様。
こんな素敵な旅館に、泊まれるGW。素敵です

立ち寄り湯は500円。(別途岩盤浴もあるらしい)

DSCN3832.jpg

離れに大浴場はある。

庭が綺麗に作られていて、このジャパニーズモダンな雰囲気は素敵。


脱衣所は、脱衣棚があり、かごが置いてある。
そうそう、こちらの旅館、お泊り客には温泉用の素敵な竹籠を貸し出してくれるんだよね。
そして浴衣も素敵だったのを思い出した。

DSCN3834.jpg

ドライヤーもアメニティーも完備です。
ブラシまであるもんね。流石旅館。

タオルも使い放題です。 ←この表現が貧乏くさい。


DSCN3836.jpg

DSCN3845.jpg

旅館のロゴが刺繍されてて素敵。


浴室は、大きな浴槽が一つと、露天風呂がある。
どっちも結構広いよ。

DSCN3837.jpg

DSCN3839.jpg

DSCN3846.jpg

とっても風情が良い。

洗い場は3つあり仕切られているタイプ。
アメニティーもがっつり完備。


お湯は、無色透明で少しだけ硫黄のような味がする。(飲用許可なし)
石鹸落ちてないんじゃね?くらいぬめりがある。(PH8.9)
少しだけ、白い湯の花が浮いていた。
いやー。気持ちいい。

しかし、以前利用した、すぐ近くの「旅館玉乃湯」とは、だいぶ泉質が違うと感じた。
好みでいえば、圧倒的に「玉乃湯」のが好みだな。

泉質は「アルカリ性単純温泉」。
HPには、「単純硫黄泉」となってたけど、成分表を見る限り、
硫黄の含有量はほとんどないんじゃないかなあ・・・と感じたけど、まだ勉強不足かしら?
(ちなみに玉乃湯は硫黄成分アリアリ)

とはいえ、優しくてとても良いお湯。
露天のほうがちょいと熱めで、これも良かった!


温泉の効果って、泉質(成分)だけでなく、五感で感じるリラックス効果も大事であるわけだから、
そういう意味で、こちらの落ち着いたモダンな設えと素敵な庭は、
眺めているだけでも本当に癒されるから、効果絶大!
これはなにものにも代えがたいと思う!

DSCN3847.jpg

まだまだ明るいうちに極楽タイム。


行ってみたい温泉はまだまだたくさん。
ああ、忙しい忙しい(笑)

成分表
手塚ryokan


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

姶良市温泉センターくすの湯
130419 姶良市温泉センターくすの湯

鹿児島県姶良市蒲生町白男1504




行ったことのない「米丸温泉」に行こうと思って行ったら、「5時までですー」と言われる。
痛恨の5時半・・・。
つか、前日のリサーチ不足がまったく活かされていないし・・・

というわけで、これまた看板をみつけて、お初のこちらへ。

姶良市営なのかな。
結構立派な施設。

DSCN3816.jpg

フロントの発券機で250円支払う。
やすい!

脱衣所は、鍵付の脱衣棚と鍵付のロッカー、そしてオープンの脱衣棚あり。
ドライヤーは無料。
結構綺麗目の施設だ。

DSCN3821.jpg


脱衣所の入り口には、成分表。
入る前に予習してみる。 ←温泉ソムリエになってから、これが楽しい。

泉質は、「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
いわゆる「重曹泉」ということかな。

つるすべさっぱり系。のはず。



浴室は、思っていたより広い。

DSCN3825.jpg


無色透明(多分地下水の加温?)の機能湯と、
すこし黄茶た、機能湯に分かれてる。

真ん中にコンパクトな水風呂(これがなかなか適温←主観)があり、
サウナもある(今回は利用せず)

洗い場は10くらいかな。
シャワーも使いやすくていい感じ。
これは、お湯を楽しむ人も、機能湯を楽しむ人も両方楽しめそうな施設。


でも、私は、露天風呂が好きでした、ここは。

DSCN3828.jpg

内湯は、ほぼ機能湯(泡風呂・電気風呂等)だけなので、何もないこちらは好き。
水風呂も外にもあるから、露天風呂だけで十分満喫。

DSCN3830.jpg

お湯は少し黄茶けたお湯。
源泉はとっても熱くて、触れなかった。これが自然の温度とは贅沢。
吐湯口は赤茶けた付着物が。

お湯は少しつるりとした感触。(ph7.8)
味は不明だが(熱くて触れなかった)、これ気持ちいい・・・。
立派な庭を眺めながら、ぼーっと至福のひととき。

ゆあがりさっぱりの美人の湯。
この系は、私好みの泉質だな、とつくづく実感。


週の最後に、いいお湯で満足。




ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

鏡石湯
130418 鏡石湯

鹿児島県南九州市川辺町野崎8290




頑張って仕事を早く切り上げて、川辺方面へ向かう。

まだ行ったことのない「桐の湯」・・・休みだった・・・。
まだ行ったことのない「川辺温泉」・・・すでに営業すらしていない様子・・・。

リサーチ不足でいくと、これだよ・・・

帰りがけにこちらを見つけて入った。
こちらもお初ではあります。


DSCN3814.jpg

夕刻。
結構人が多かった。
川辺峠の途中?のこの場所でこの人気とはすごいかも。

フロントで380円を支払う。

ご近所(ご近所なさそうだが)のおばさま方が多いように感じた。


脱衣所は鍵付とそうでない脱衣棚あり。
ベンチ等がいくつか配置してあり、お年寄りに優しい感じ。

ドライヤーは無料。

浴室は、まずまずコンパクトな部類だと思う。
新しい施設ではないかもしれないが、とても清潔に保たれていると感じた。

洗い場は10程度。

浴槽は、源泉の入る浴槽と、一般浴と書かれた地下水?を温めた浴槽がある。
あと、水風呂とサウナもあり。(今回はサウナは利用せず)

窓が大きくて、とても明るい。

源泉・・・こちらは、冷鉱泉となっていた。
成分表を見る限り、そう強い泉質ではないっぽい。
少しだけ黄味かかったようなお湯で、温度は結構高めになっていた。
つるみもとろみもないし、味も多分しないんじゃないかなあ・・・飲めなかったけど。

DSCN3815.jpg

なにぶん、人が多く、なおかつ、浴槽の縁に座って世間話。
入り口もない^^;

でも、こういう井戸端会議(浴端会議)の場になっていること自体、私は結構好きだ。
ここで話すことを目的で、温泉にくるのであれば、いいじゃん!と思うんだよね。
(理由はなんでもいいと思うんだ)


施設は清潔に保たれてるし、お湯もそう悪いわけではない。
・・・が、ちょっと物足りなさを感じるのは、私が贅沢になっちゃってるんだろうなあ。

とはいえ、何故か汗がでて温まるのがとても早かった。
うーむ。こういうところが、やっぱり温泉。

本日もゆっくりまったり至福の時間。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
二軒茶屋温泉
130416 二軒茶屋温泉

以前のゆのきろく→




もうほとんど記録すらしないけども、
記録しない日の殆どはこちらに行っているのではなかろうか?

・・・というくらい、よく利用してます。
単純に好きなのです。

DSCN3806.jpg


もっとゆっくり、少し遠出をしてみたいものだが、
暇が取れないのは、ありがたい話なのか、要領が悪いだけなのか(苦笑)

しかしながら、明るいうちに独り占めの贅沢。

天気のせいか、いつもより色が濃かった。

DSCN3807.jpg

んで、ちょっとぬるめだった。


温泉ソムリエのセミナーで、成分表の見方を知ることができて、
今まで行っていたところも、改めて見るという楽しみができた。 ←!


なんだか、自分が好きな温泉は、同じ分類?が多いような気がしてきた。

うふふ。
これからも楽しめそう。


あ、こちらの回数券、初めて買いました。 ←だから?




ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
温泉ソムリエになってみる
私が日々温泉巡りをするにあたりバイブルとしている六三四城の告知で発見して、
いてもたってもいられずに申し込んだ温泉ソムリエセミナーin垂水温泉郷

受付で名前を言うと「あ、一番最初に申込み頂きましたよ!」と言われる。

・・・どんだけ勢いづいている素人よ・・・

DSCN3792.jpg

会場は、大好きな垂水市海潟温泉:江洋館にて。

お座敷に座っての受講です。


講師は温泉ソムリエ家元の遠間和広さん。
新潟より12時間かけて列車でいらしたそうな。

DSCN3794.jpg

タオルかぶって講義してくれてます。
受講者もかぶってましたが。


受講者の多くは温泉旅館やホテルの方が多く、
趣味で受けているであろう(私みたいな)人はごくわずか。
それでも、県外の方もいらした様子。

すごいなー。
私がゆるく温泉を楽しませてもらっている背景には、
こうして頑張って勉強してる方もたくさんいるんだな、と実感。

途中、隣の江の島温泉に移動し、

DSCN3797.jpg

家元により入浴指導。

DSCN3799.jpg

多分、満場一致の意見だと思うけど、
家元・・・ええ体してます 笑。


皆が去っても、家元、しばらく浸かってました。
気持ちよさそうだ・・・うらやましい。

DSCN3801.jpg


この家元、ものすごく話が上手なのだ。
みんなを笑わせたりしながら、ポイントを分かりやすく説明してくださる。
一日の講義だったのだが、引き込まれてあっという間だった。

温泉に対して知らないことも沢山知れて、
これから、もっともっと楽しみながら温泉に入れると思う
いろいろな方とも話ができたし、とても有意義な時間だった。

ありがとうございました。




そうそう。
昼食もついていたのだ。

DSCN3802.jpg

垂水で噂の?ほりのうちストアのから揚げ弁当
TVで見て、食べてみたかったのだ!
から揚げがすっごいジューシーで美味しい

カンパチの養殖で日本一の海潟漁港より、カンパチのお刺身も振る舞われた
プリプリのカンパチの美味しいこと!!!
おかわりしちゃいました

このセミナー、「海潟温泉再生会」の尽力で開催に至ったそうだ。
そして、なんと垂水市長も受講。
市町村長では初の温泉ソムリエとのこと!

垂水すごい!
いい温泉ばっかりだもん!
この頑張り、絶対実ると思う!




帰りに、江の島温泉に入って帰った。

受講者の皆さんが化粧を落とさずに湯船に浸かってる時に、
横でガッツリ髪の毛まで洗い、化粧まで落としてやがった奴は私です・・・。

おかげで、帰りはすっぴんの顔をタオルで隠しつつ、
挨拶もそこそこに逃げるように会場を後にしてしまいました・・・。
(近くの実家へ帰るだけだと思ったのが甘かった・・・いい歳して


しかしながら、楽しい一日だった。




そんなこんなで、私、

DSCN3803.jpg


温泉ソムリエになってみました





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
温泉YAMATOyA
130407 温泉YAMATOyA

鹿児島県姶良市平松1233-1



姶良ICを降りてすぐのところで、通る度に気になっていたので行ってみる。

DSCN3778.jpg

まだ新しい施設。(2011年にオープンらしい)

フロントで360円支払い立ち寄り湯へ。
貸切湯や、自然食のレストランもあるみたい

外部から女性風呂へ。

DSCN3779.jpg

入ってみて、ちょっとびっくり。
脱衣室と浴室の仕切りが全くない。
床の仕上げもずっと一緒。

DSCN3789.jpg

DSCN3785.jpg

点在するように鍵付きの脱衣棚がある。
洗面もお洒落で、ドライヤーも無料。

洗い場は5つあり個室になっている。
これも初めてのパターン!
なかなか使いやすくて私は好きである。


浴槽はコンパクトだけども、感じが良い。

DSCN3780.jpg

手書きの壁画が素敵。


お湯は無色透明無臭。ほのかに塩味がした(飲用許可なし)。
つるりとするトロミがあるお湯。
へー・・・ちょっと期待してなかっただけに、お湯の気持ちよさにちょっと驚く。

加水加温がないらしい。
吐湯口はちょっと熱め(50度超えるくらい?)だけども、浴槽はちょうど良い。
これが自然の温度とは、なんと贅沢な話だろう。


DSCN3791.jpg


露天もありまする。

内湯からするとかなりぬるめに感じた。(この日、寒かったしね)
だからこそ長くゆっくり入れる。


コンパクトながらもお洒落でいい感じ。
女友達と一緒に来たら、ゆっくり浸かりながらガールズトークに花が咲きそう。


本日も良いお湯でした。

成分表
yamatoya.jpg


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

霧島湯之谷山荘
130406 霧島湯之谷山荘

鹿児島県霧島市牧園町高千穂4970




以前からとってもとっても行ってみたかったこちらの温泉。
ちょっと天気は悪かったけどドライブドライブ。

通りにある看板に従って山道を行く。
なんか新燃荘旅行人山荘に行く時のような道。
運転苦手な私はひーひー言いながら。

行った先は雰囲気よい旅館が。

DSCN3754.jpg

DSCN3755.jpg

フロントで500円支払い立ち寄り湯へ。
こちらの露天風呂も良いらしいよ、立ち寄り出来るかわかんないけど。

DSCN3758.jpg

階段を上り、奥へ行くと浴室はある。

そのあいだにお湯の説明などがある。

ほのかに硫黄の香り。




わくわく




脱衣室はコンパクト。
脱衣棚がいくつかあり、ドライヤーも無料である。

DSCN3770.jpg


浴室への扉はあけっぱなし(笑)


DSCN3760.jpg

ああ・・・久しぶりにこういうところに入りたかったよーと思わせる風情。


木造のコンパクトな浴室ながら、いい感じ。
浴室内には、軽く硫黄の香りが立ち込める。

大きな浴槽は「硫黄泉」。
それに続く浴槽は、少しぬるめになっている。

吐湯口の湯はちょっと触れないほど熱かったが、硫黄泉ゆで卵の味ではないが濃厚な味。
湯の花が舞うというよりは、細かくなって湯が白濁している。
だけど、むせる程の硫黄の湯ではなくって、優しい浴感のつるりとしたお湯。
効きそうな感じだけど、ガツン!と強烈ではなくとても気持ちが良い。

それ以上に気持ちがよいのが、
一人しか入れないような小さな浴槽の「炭酸硫黄泉(硫黄ラムネ泉)」。

炭酸泉(ラムネ泉)」で硫黄が入っているのはとっても珍しいそうだ。
普通は透明のラムネ泉、だからここのは白濁している。
そして、温度がとても低い。ぬるめの水風呂と言ってもいいと思う。

これが、気持ちいい!
水みたいなのに、じんわりと温まるの!
硫黄泉と交互で入るとやみつきになる気持ちよさ。


DSCN3766.jpg

こちらのお湯(水?)は、硫黄泉より、湯の花が大きくたくさん待っていた。
まるでゆで卵の白身を崩したものみたい。
でも硫黄の香りはほとんどしない(と思う)


ゆのきろく史上、いきなり上位にランクインのお湯。 ←ランキングしてませんから(笑)

上がってしまうのがもったいないと、久しぶりに思うくらい名残惜しかった。
ホント、来てよかった


大満足のいいお湯に、気持ちの良い倦怠感にぐっすり熟睡の夜でした。

成分表(硫黄泉)
湯之谷山荘-2

140714再来

やはりここは好きすぎる温泉。
久しぶりでもやっぱり良い!

成分表がないからわからないけど、硫黄の二酸化炭素泉(炭酸泉)は、やはり素晴らしい。
以前は、記憶にないのだが、今回は、しゅわしゅわの泡を大量に感じた。

IMG_2788.jpg

温かい硫黄泉も、熱いのに、これまた極上に気持ちが良い。

ここ、また来なくちゃ・・・
やばい気持ちよさ。

150612 のゆのきろく  → ★★★

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


さくら温泉
130411 さくら温泉

鹿児島県姶良市平松2663−24




姶良の住宅街にあるこちら。
地域の人でにぎわっていると聞いていたのだが、夕方の時間にかかわらず、人はいなかった。
なんか閑散としてて、私が上がったら、施設内に私一人・・・。

出口には「準備中」の看板が・・・。
(私が入るときには営業中だったのよ!)

臨時休業したのか・・・まだ夕方の6時なり・・・。トホホ。


DSCN3724.jpg


ちょっと古い建物で、看板がなければ温泉施設と云った感じではない。
フロントらしきものはあり、発券機はあるけど使われていない様子。
奥から男性が出てきたので、360円を支払う。


脱衣所もまずまず広めで、鍵付の脱衣棚あり。

DSCN3752.jpg

ドライヤーは無料。


浴室は結構ひろめ。
でもちょいとうす暗い。

DSCN3735.jpg

DSCN3751.jpg
ぶれた・・・。

大きな源泉かけ流しの浴槽と、その隣にぬるめの浴槽。
そして水風呂があった。

DSCN3737.jpg

洗い場は10ほどあり、固定のシャワー(一部取り外しのシャワー)があるが、これは水しかでない。
最初にいらして常連さんらしき方に聞くと「お湯は出ないよ。使ったことないねえ・・・」と言っておられた。

サウナらしきものがあるが、これも今は使われていない様子。

そして浴槽の中に、

DSCN3746.jpg

なぜか階段があった。

気になったので、その窓を開けてみると

DSCN3749.jpg

使われていない浴槽があった。
露天風呂があったんだろうなあ。

なんかもったいないなあ。


そしてお湯の話。

DSCN3739.jpg

加水・加温のないかけ流しだそうだ。(書いてあった)

吐湯口のお湯は、とても熱くてなかなか触れないが、
うっすら塩味のするお湯。

浴槽もまずまず熱めだけども、となりにぬるめの浴槽もあるのでゆっくり入れる。

無色透明無臭のお湯。
とろみなどはないけど、すこしつるりとした浴感のある湯。

施設が鄙びた・趣があるというよりは寂れた印象があるのだが、
お湯がなかなか良かったので、ほっとしつつのんびりの入浴タイム。

水風呂が想像以上に気持ちのよい水だったことも特記すべきところ。


いいお湯なので、もう一声施設を盛り上げていけるといいのにな、と感じた。

しかしながら、良いお湯でのんびりできた。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ





道の駅たるみず 湯っ足り館
130330 道の駅たるみず 湯っ足り館

鹿児島県垂水市牛根麓1038−1




鹿児島はもう桜も終わりかけ。

DSCN3684.jpg

以前、足湯は入ったけども、内湯はまだだったので、行ってみる。

ロビーで330円を券売機で支払い、2階の浴室へ。

ちなみに浴室は1階と2階で男女に分かれている。
この日は、2階が女湯。

うふ。眺めが良さそうだぞ。


DSCN3686.jpg

おひるだったので、人はほとんどいなかった。

脱衣所は、広々としていて明るく、脱衣棚の他に鍵付のロッカーもある。
ホテルのように、アメニティーもそろっており、ドライヤーも無料。

道の駅で食事もできるし、何も持たずに立ち寄り湯でも全然OKな感じ!

DSCN3687.jpg

洗い場は10程度。
綺麗で使いやすく、シャワー付き。
こちらもアメニティー完備。

DSCN3690.jpg

浴槽は、海に面して、まさにオーシャンビュー
(ちょっとこの日は天気が怪しかったので、いまいちですが)

DSCN3698.jpg

窓越しに、桜島がうっすら見えるのがわかるかなあ・・・。
天気が良い日だったら、きっとすごい綺麗なはず。


浴槽は大きなオーシャンビューの浴槽と、その奥に歩行浴がある。

そして、露天風呂。

DSCN3692.jpg

小さいながらも、いい感じ。

桜島も見えます。

DSCN3695.jpg


お湯は、無色透明無味無臭ってとこかな。
つるつる感やとろみなどはない。

DSCN3694.jpg

少し吐湯口が錆色になっている。

でも、いいお湯なんだよねー。
流石、外れのない垂水って思ってしまうくらい。
お湯も適温。(ただし、歩行浴はかなりぬるめ)


小さいけども綺麗でTV付のサウナもあり。(水風呂もあり)
桜島が見える位置に、休憩用のベンチも設けてあって、
そう大きくはない温泉だけども、丁寧に作りこんである気がした。


こういう場所での立ち寄り湯は贅沢な気がする。


本日も良いお湯でした。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ