プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
入来温泉:アゼロ湯
130128 入来温泉:アゼロ湯

鹿児島県薩摩川内市入来町副田6179




紫垣湯で聞き耳立てて、その足で、駆けつけてみた。
・・・といっても、100mも離れていないが。

DSCN3470.jpg


なんだか、道路工事もしていた。
道路拡張するのか?そのせいなのか?


DSCN3466.jpg

もったいないなあ・・・と思える良いお湯だった。



こちらも150円と安価。


脱衣室は、こんなかんじ。
ドライヤーなどはない。

DSCN3469.jpg

浴室は、紫垣湯よりも広い。
おなじく、かけ湯を洗い場にする方式。

DSCN3463.jpg

面白いなあ。
こういうの初めてだけど、シャワーがなくても使いやすいの。
これ結構好きよ。

DSCN3464.jpg

浴槽は大きいものと、小さいものと二つ。
小さい方はかなり熱く、「熱いです。入らないでください」とまで書いてある^^;
源泉そのままっぽい。
50度くらいかなあ。こんな熱いお湯がこの湯量とは贅沢。

芋洗状態だった紫垣湯と比べ、こちらは、ほとんど人がいなかった。
なんでだろう??
熱いからかなあ。

お湯は、ここもかなりいいお湯。

ほとんどお隣なのに、泉質が違う。
こちらは、鉄分の味はほとんどせず、塩気のある濃厚な味。
とろみぬめりがないのは同じだが、こちらのほうが優しく感じる浴感だと思った。
そして、同じく、色も緑褐色。


ぽかぽかが続く、この時期には嬉しい温まるお湯。
だけど、ぬるいのが好きな人は苦手なのかな。


レトロ感もあって、個人的にとても好きな温泉なんだけどなあ。
なんかもったいない。

でも最後に入れて良かったです。

本日も良いお湯三昧で、ありがとうございました。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
入来温泉:柴垣湯
130128 入来温泉:柴垣湯

鹿児島県薩摩川内市入来町副田6208




仕事の帰りに、初・入来温泉郷。

こちらの温泉郷で歴史のある公衆浴場のこちらへ。

DSCN3457.jpg

入湯料は、150円とリーズナブル

時間のせいかもしれないが、びっくりするくらい人が多かった


脱衣室は、鍵なしの棚が並ぶ。
真ん中に長椅子があり、お年寄りはそこに座りながら脱衣。

ドライヤーは無料であり。


浴室は、真ん中に四角い浴槽が一つある。

その左右にかかり湯があり、そこを洗い場としてしようしていた。
へー。これがこの辺のスタイルなのかなあ。

DSCN3459.jpg

直接洗面器をつけずに、洗い桶を使う。



なんせ、芋洗状態に人が多く、洗い場の確保どころか、湯船に入るのもやっと
ご近所に大人気の温泉みたい。

お湯は、緑黄色っぽいお湯。浴室内に鉄分の香りが充満。
味は、鉄分と塩味のする濃厚な味がする。
とろみやつるみなどはなく、結構しっかした浴感があった。

割と温度は高めの温まるお湯。

DSCN3458.jpg

好き系のお湯です


人は多いけど、お湯は綺麗。
というのも、もったいないくらいの湯量でかけ流し。んで、新鮮。

いいお湯ら~。



狭い浴室で、人はごった返し、ちょいと落ち着かなかったけど
ご近所さんらしき方々の話に耳を傾けていると、
どうやら、すぐそばの「アゼロ湯」が今月いっぱい(あと3日!)で閉店するんだって!

こりゃ、いかなくちゃ!


・・・ということへ、急いで2湯目へ・・・。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


城山長寿泉
130126  城山長寿泉

鹿児島県鹿児島市城山20-1




何回か行ったが改装中だったこちら。
最近通ったらやっていたようだったので、再来。

DSCN3452.jpg

城山の西郷さんの洞窟の目の前。
バス停の前でもあるので、観光客もたくさん歩いていた。


さて、温泉。

鹿児島市の共通温泉券は使えないが、一般と同じ390円。
フロントで払って、男女に分かれる。


脱衣室は割と広め。
鍵付きの脱衣棚、鍵が使えないようにしてある。
貴重品は番台に預けましょ。

DSCN3456.jpg

ドライヤーは20円で貸出をしている模様。



浴室は、思っていたよりはコンパクト。

DSCN3453.jpg

岩風呂風で、結構いい感じ。

熱めのお湯が入る浴槽と、機能浴(といっても機能してるのは打たせ程度)のある
ぬるめの浴槽が並ぶ。
その横に、水風呂がある。
サウナもあった。(多分遠赤外線)しかしながら利用せず。

DSCN3454.jpg

無色透明無味無臭・・・と言っていいのかな。
でも少しだけ塩味のような独特な味がするような、そして、少しだけ黄色っぽいお湯。

加温加水消毒なしの、湯量豊富なかけ流し。
少し、とろみというか、肌触りのよいつるつるしたお湯。

これは、いいなあ・・・。

どちらかというと、デイリーユースの毎日入りたくなる優しいお湯だ。
近所なら、このお湯に入らないと一日が終わらないと言いたくなるお湯だと思う。


ぽかぽかで帰宅。

本日も良いお湯でした。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ





吹上温泉:福住温泉旅館
130120 吹上温泉:福住温泉旅館

鹿児島県日置市吹上町湯之浦2515



本日はこちら。

DSCN3390.jpg


こぢんまりとした温泉旅館の立ち寄り湯。

浴室自体も思ったよりこぢんまち。

脱衣室には無料でドライヤーあり。
有料のロッカーは脱衣室前にあり。

洗い場は5箇所でシャワー付き。
だが、常時埋まるほど、本日は人が多かった。

浴槽は大きいものが一つ。

DSCN3391.jpg

他に水風呂とサウナがあった。


吐湯口からは湯は出ておらず、浴槽からお湯が溢れ出してはいない。
循環しているわけではなさそうだから、本当に「溜まってるだけ」の状態。

なんでだ?
たまたまかな・・・。

お湯は、私にはややぬるめではあったが、適温。
シャワーからは、吹上温泉よろしくの硫黄の香りがしたが、浴槽からはほとんどしない・・・。
あまり新鮮な感じもなく、湯が濁っている感じもしたなあ・・・。

露天風呂もある。

DSCN3395.jpg

なかなか風情がある。

男性部分とつながっているみたいだったが、その堺から暖かいお湯が出ているっぽかった。
こちらは、ゆでたまごの硫黄臭が漂って、内湯よりも新鮮な感じがした。
お湯も無色透明。すこししっとりつるつるのお湯。

気持ちいいし、温まる

日曜日で人が多かったせいかな、
お湯は綺麗ではなかったし、ちょっと清潔感に欠ける気がしたのが残念だった。

でも、吹上のお湯はいいね(・∀・)

あれだけご近所の人らしき方々が多いのだから、ちょっとのことは、今日だけだと思おう。

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


日の出温泉 きのこの里
130119 日の出温泉 きのこの里

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3698



気分が落ちてる時は、いい湯に入ってゆっくりしたいと思うときもある。

そんな中、気になっていたこちらへ。
途中、よっぽど大好きな安楽温泉に入っていこうと思う気持ちを振り切って(苦笑)

DSCN3368.jpg

妙見温泉・安楽温泉郷を超えて少ししたところにある。
お蕎麦屋さんがやっているらしい。下には喫茶店らしきものもあった。

お蕎麦屋のレジで入湯料200円を支払う。
・・・なんかお蕎麦、美味しそうだったな・・・今度は食べてみよう( ・∀・)


階段を下り、温泉へ。
一度外にでて、男女に分かれている。
途中、別途料金の休憩室もあった。

DSCN3369.jpg

脱衣所は、まずまず縦長でコンパクト。

10円の鍵付きロッカーと脱衣だながいくつか。
ドライヤーはなし。

DSCN3373.jpg

浴室は、ぬるめのお湯と熱めのお湯の二つの浴槽がある。

DSCN3383.jpg

DSCN3385.jpg

天降川に向かって大きな窓があり、この景色がとても素敵。

露天?のデッキに水風呂があり。
これも悪くない( ・∀・)

DSCN3387.jpg


お湯は、少し黄緑かかった炭酸水素塩泉のお湯。

DSCN3376.jpg

味は鉄分のような酸味強いような塩味のような。
安楽温泉などのように強くはない。

が、吐湯口は、錆色に染まり、少しだけ塩分のような湯の花が。

とろみなどはないが、不思議と吸い付くような感覚のお湯だった。


安楽温泉塩浸温泉とも近いようで、全く違うの。

この川沿いは本当に不思議ワールド。
このみの泉質のオンパレードだ。


DSCN3389.jpg


優しくてゆっくり浸かれるいいお湯だった。

ご近所らしき方々がひっきりなしに入ってらした。
こんな良いお湯に200円で入れるなら、来ちゃうよね、近くだと。羨ましい。

身もココロもリラックスで、本日も良いお湯でした。


成分表
きのこ2
きのこ1

竹迫温泉
130108 竹迫温泉

以前のゆのきろく → 




前回行ったとき、「改装にはいる」(実際は建て替え)と聞いており、
2日にオープンしたと聞きつけ、早速行ってみる。

鹿児島市で一番古い温泉銭湯。
残念な変貌を遂げてませんように・・・ドキドキ。

DSCN3342.jpg

屋根の形は大幅に変わったが、思っていたより圧迫感のない気がした外観。


最初で下足入があり、のれんをくぐって脱衣所があり、
浴室も含めて、間取り自体が以前とそう変わっていない辺りも好感がもてた。

奇をてらってる感もなく、でも、ちょいちょい以前のつくりを彷彿させる部分もあった。

全体としては、いわゆる「鹿児島温泉銭湯スタンダード」の中でもスタンダードな気がして、
わー!すごい!という感じが全くなく妙に落ち着ける部分もあった。

ある意味凄い。
単純に好感がもてた。


下足入。
これ、以前のを使ってるよね。これ好き。

DSCN3364.jpg


脱衣所。
このロッカーももしかしたら前のもの?
それでなくてもちょっとレトロ柄がいいかんじ。

DSCN3361.jpg


洗い場。
以前より数が増えていた。
たしかにいつも洗い場が足りてなかったもんね。
固定式のシャワー・・・スタンダード銭湯だよなあ。

DSCN3347.jpg

浴室。

電気湯と泡風呂が真ん中。
ジャグジーと深めの源泉が奥。
それ以外に水風呂がある。

DSCN3353.jpg

吐湯口。
大好きな石灯籠風のもの。
以前のものと持ってきたんだねー♪
後ろのくりんとしたアールヌーボー的な装飾が見えにくくなったのは少し残念だけど、
覗き込んで、ひとり悦に入るのも、ちょっとした楽しみかも。

DSCN3357.jpg


入り口横の掛け湯。

底のタイルが市松模様!
以前の浴室に使ってあったのと似ているのを見逃さない。
あのタイルも好きだったから、こういうちょっとしたことがうれしかった。

DSCN3358.jpg


あと、木が張ってあるゆったりとした遠赤外線のサウナもあった。
ガラス張りで中が見えていい感じ。


大好きな、少し黄みかかった塩味のするお湯も、変わりない。
泡風呂やジャグジーがあるのに、塩素臭もしない。嗚呼、素敵。


予想以上に、落ち着ける温泉に戻ってくれて、オーナーさんに感謝。

またいこっと♪


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



黒川温泉:旅館壱の井
121222 黒川温泉:旅館壱の井

熊本県阿蘇郡 南小国町大字満願寺黒川6630-1




年末連休の黒川温泉。
宿泊したのはこちらのお宿。

DSCN3252.jpg

黒川温泉の中心部?を散策するにも、200mくらいとちょうどよい距離にある。
だけど、筋を入っている閑静なところなので、静かでとても良い。

黒川温泉には、いくつかの泉質があるっぽい。

こちらの泉質は、昼間に入った共同浴場「地蔵湯」とは違い、
かなり濃厚な硫黄泉だった。


旅館内には、宿泊客のみ使用できる内湯と、家族湯
そして黒川温泉共通の「温泉手形」でも入湯できる露天風呂がある。


家族湯

かなり小さめだけど、お湯は一番濃厚だったように思った。

DSCN3262.jpg

卵の白身を湯に入れたような、大きな湯の花が沢山浮かんでいた。(香りもゆで卵・・・)
ゆのきろく史上、最大級のゆのはな。

しかし少しぬるめだった。

DSCN3265.jpg

アメニティーは完備。
これ、黒川温泉のオリジナルらしい。

DSCN3268.jpg

デザインが超かわいい
使い心地もかなり良かった。
どこかに売っていたかもしれないなあ。



そして内湯

脱衣場も結構広め。

DSCN3254.jpg

大きな窓から明かりが入って、開放的だった。
熱さの違う浴槽がふたつ。

DSCN3257.jpg

すげー湯気だったけどね。
温度は、家族風呂よりずっと適温で快適。



そして、ご自慢の?露天風呂

DSCN3274.jpg

奥行きも結構あり、温度も適温。
かなり快適な感じ。

時間に寄っては、温泉手形利用の人たちが多かったけど、それ以外は少なかった。

DSCN3272.jpg

この湯の花。やっぱりすごい。


がっつりな硫黄泉なので、倦怠感も凄いけど、
これぞ温泉郷に来たという大満足のお湯だった。

旅館の料理も美味しく、宿の方々の対応も良かったにょ。


次は他の泉質にも入ってみたいなあ~


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


かれい川の湯
130105 かれい川の湯

鹿児島県霧島市隼人町嘉例川4471−2




季一湯のとなりにあるこちらの家族湯へ。
電話で予約もできた^^

DSCN3316.jpg


フロントはちょっとした旅館のように素敵。


DSCN3317.jpg


各種お部屋があるが、1200円の水仙というお風呂を利用。
お風呂が並ぶ廊下は狭いが、なんだか素敵。

DSCN3318.jpg


こぢんまりとした脱衣所にはドライヤーが設置。
アメニティーは肌に優しいタイプのモノが貸し出される。
(個人的にはこれがとてもよかった!)

DSCN3319.jpg

お風呂のお湯は、入ったとき空っぽだった。
その都度入れ替えるようだ。これはポイント高し。
お湯が貯まるまで結構待つのかなと思いきや、すぐに溜まった。

こりゃいい。

源泉の温度は49度。
水で薄めることもできるけど、贅沢なかけ流し。

浴室は岩風呂風の浴槽があり、天降川(嘉例川?)がよく見えて景色も良い。

DSCN3322.jpg

洗い場は、ひとつついていた。

露天風呂付きのところではなかったが、この値段でこの風情は、なかなかどうして悪くない。


お湯は、無色透明(少しだけ黄みかかっていた気も)のお湯。
うっすら塩味とも違うような味がし。塩浸温泉に近いような香りがした。
とろみやすべすべ感はない。

季一湯ととなり通しなのに、これまた全く違う泉質!
ここが温泉の面白いところだよね

疲れた体にガッツリ系ではない優しいお湯。
こういった泉質もとても好きだ。

とても寒かったこの日、冷え切っていた足の指までぽっかぽか。

本日の良いお湯でした。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
ゆたか温泉
130102 ゆたか温泉

以前のゆのきろく → ☆彡




年が明け、初温泉は、実家から一番近い?こちらへ。
今年も、温泉三昧の幸せな一年になりますようように。

今回のゆたか温泉。
正月のせいであろう、人がとても多かった!
言葉(方言)の違う方々も多かったので、帰省客なども多かったんだろうな。

前回利用したときは、洋風温泉だったが、今回は和風だった。

DSCN3311.jpg

大きなたぬきさんがいるの。
洋風より落ち着いた印象で、私はこちらのほうが好きだなと思った。

鹿屋市街地特有の上質なとろみのある泉質。
湧出量が豊富というわけではないから、いろいろあるだろうけど、
やっぱり温泉は気持ちいい

露天風呂もあり。
でも内湯のほうが良いお湯だった気がしたかな。

DSCN3313.jpg


年始からよいお湯でした。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

ホテル太平温泉
121230 ホテル太平温泉

以前のゆのきろく → ☆彡




実家に帰省。

姉や甥っ子・姪っ子と太平温泉へ。

年末せいか、前回より人が少なかったような。
そして、プールの利用が少なかったような。

サウナへ入っていた姉に変わり、子守もあったので、
いささかゆっくりはできなかったが、
私のわがままで行かせてもらった年内最後の温泉。

つるつるな良いお湯は相変わらずで、久しぶりの温泉にほっと一息。

そんな年末の温泉ちゃん。

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ