プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
せせらぎの湯 花水木
120530 せせらぎの湯 花水木

鹿児島県日置市伊集院町大田2768



平日に鹿児島市外の温泉。
なんとかなるものだと思えば、巾も広がる。 ←!


以前、何度か行った事のある伊集院町の「花水木」。
久しぶりすぎて、すっかり思い出せずにいたけども、
かなり山道を走っていき、山奥にあるところ。


DSCN1619.jpg

川沿いの風光明媚なところにあって、物産館・そーめん流し・バイキングレストランなどもある。
温泉のとなりには、マッサージなどのコーナーもあった模様。
休日は人も多いんだろうなあ。
本日は、平日の中途半端な時間?なので、人は少なし。

DSCN1621.jpg

脱衣室は、ちょっとこあがりな休憩スペースもある。
鍵付きのロッカーは別途あった。(有料だったような)
ドライヤーは2分100円。

浴室に入るとすぐに洗い場。

DSCN1622.jpg

なんとも雑然

シャワーも移動式で、お湯は温泉が出てくる。
使いやすく綺麗な洗い場。


浴槽は源泉掛け流し
熱めとぬるめに仕切られており、ぬるめのほうにはジェットと電気風呂がある。

DSCN1627.jpg

DSCN1628.jpg


別に水風呂とサウナ。
サウナはロッキーサウナと書かれていた。遠赤外線に近いのかな?でも低温らしい。
TVはないがゆっくり目のスペースで、庭が眺められるのがイイ!

あとはこれ。

DSCN1630.jpg

座り湯?というのかな?
足湯に浸かると、背中にも温泉が流れるもの。
これ、気持ちいいし、ゆっくり出来るよね。


泉質は、少し硫黄の香りと味がする。
そして、ぬめりは結構ある、とっても気持のよいお湯。
(シルバーのリングが黒くなった・・・)
透明の綺麗なお湯。

ううー。
来た甲斐があった・・・本当に気持イイ!

もっと気持ちいいのが、こちら。


DSCN1633.jpg

露天風呂!
下には川が流れていて、お湯の注ぐ音と川のせせらぎしか聞こえない贅沢。

お湯も、内湯よりも露天の方が、新鮮でとろみが強い気がした。
むっちゃ気持イイ!



また、機会があったら来たい泉質。

本日もよいお湯でした。



この日、集団っぽかったけど、関西弁の二十歳くらいの女性達がいた。
若いって素晴らしいんだけど・・・。

大きい声でしゃべり、風呂に飛び込み、タオルは湯船でしぼり、
挙句には湯船の中で、長い髪の毛を洗い出す始末。

目がテンだった。
マナーは守らなきゃね・・・・。
でも、注意も出来ない私が一番いけないのかもしれないね

まあ、台風のようにあっと言う間に去って行ったけど



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
吉野温泉
120528 吉野温泉

鹿児島県鹿児島市下田町691−8



吉野に行くのってとっても久しぶり・・・。
養護学校を過ぎたこの界隈、すっかり開けちゃってびっくり。
こちら、養護学校移転地のとなりにある。住宅街の中。

DSCN1606.jpg

駐車場も広く、ひっきりなしに人が入っていく。
地元密着温泉なんだろうね。

DSCN1618.jpg

建物は新しく、売店や食堂もあって、芦刈温泉・たぬき湯などと近い施設。

脱衣場も広い。

DSCN1616.jpg

ドライヤーは20円。
鍵付きの脱衣棚はなく、鍵付きのロッカーは100円。(これが高く感じる貧乏人)


浴室は、広い!

DSCN1609.jpg

洗い場も30くらいはあったかな。
固定式のシャワー。

源泉が入ってきていると思われる岩風呂があり、
それに繋がって、タイルの機能湯(電気風呂・うたせなど)。
それとは別に気泡湯と書かれた寝風呂や水風呂がある。これも大きい。
そして、ぬる湯のプール!
・・・すっかり子供の遊び場になっていたけど(笑) ←でも一気に去っていった。

サウナは、これも広くて綺麗な遠赤外線(TV付き)と、ミストサウナの二種類。
このミストサウナ、私、結構好き~♪

DSCN1607.jpg

お湯は、少し塩味のするぬめりが少ーーーしだけあるかないかの、優しいお湯。
お肌がしっとりとなる気持の良いお湯だった。
岩風呂はちょうど良い温度だった。(が、ぬるゆ好きには熱いのかもね)

あ、ちなみに、飲料なし(爆) ←飲んだし。

お湯は悪くないし、施設も綺麗で、日々の入浴としては贅沢な感じかも。
ただ、プールからの塩素臭が充満していて、ちょいと気にはなったけど。

人が多くても、広いので、ゆっくりできるのがいいね。


本日も良いお湯でした。




ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

健康の駅 フォンタナの丘かもう
120527 健康の駅 フォンタナの丘かもう

鹿児島県姶良市蒲生町久末434−1



この朝、散歩していたら、桜島の降灰の洗礼にあった・・・。
髪の毛や首まで、ざっくざく

灰がないところで、ゆっくり洗い流そう!と。

で、市比野温泉に行こうと思い、高速に乗ったら、
鹿児島北ICで下りる予定が、通り過ぎてしまった・・・ ←よくある。←性格らしい。

仕方ないので(?)姶良ICへ下りて蒲生方面へ。
目に留まったので、本日のお湯はこちらにすることに。
(どこにでも温泉があるのがいいね、鹿児島県。)

DSCN1587.jpg

とても巨大な施設。
レストランや物産館、宿泊施設もあるっぽい。
去年オープンとか。まだ新しい。
駐車場も凄い広い~♪

DSCN1588.jpg

温泉はその施設の一角。
その前に物産館的な売店で、思わず見てしまった。
美味しそうなもの沢山あったよ

温泉は、500円。
ちょっと高めに感じる貧乏人。

DSCN1597.jpg

まだ新しいからね。
とても綺麗な脱衣室。
ロッカーの鍵は、靴箱の鍵と交換で渡される。
冷水のサービスも嬉しい。ドライヤーは無料も嬉しい。

浴室の脱衣場は、高めの仕切りがあって、個室っぽい感じ。
こういの、女性は嬉しいのかも。
アメニティーも設置されていた。(が、持参。)

DSCN1590.jpg

DSCN1596.jpg

洗い場にこもっていると、浴槽周りは、ほぼ無人(笑)
それなりに人はいたのだが、写真は撮れた(笑)

大きな浴槽は二つに仕切ってあり、あつゆとぬるゆに別れていた。
別途水風呂と、遠赤外線の綺麗なサウナがあった。(TVはなし)

DSCN1593.jpg

広い露天風呂もあり。
これも熱さを分けて二つあり。
いや、いいやね。ここは、灰(桜島の火山灰)も降らなくて気持いい。

DSCN1592.jpg

姫湯という陶器のお風呂もあった。
微妙に、体にフィットして、入り心地が良かった


お湯は、少し塩味のする優しい感じのお湯。
ぬめりはほとんどないけど、しっとりする。
じゃんじゃか!という程ではなかったけど、循環ではない掛け流し。

施設にはふんだんに木を使ってあって、浴室もしかり。
まだまだ新しいからだと思うけど、木の香りがして気持ちよかった。

良いお湯だったけど、
湯治場のような、劇的!感激!なお湯(どんなお湯よ)を求めていたこの日は、
ちょっと物足りなかったかな。

でも、ちょうど良い温度で、とてもよいお湯だった。


休日の長湯。
汗もたっぷりかいたので、ついつい買ってしまった。

DSCN1598.jpg


運転して帰らなくちゃいけないもーん。
でも飲みたいもーん。

・・・こういう便利な呑み物(?)はありがたいですね


150409 再訪

ランチバイキングを食べに行った。
ランチだけだと1300円。入浴だけだと500円。
セットだと1500円、お得じゃん!!ってことで風呂まで入る←は?

ちなみにランチバイキング、美味しかった!
ここはまた食べに行かなくちゃ!

改めて入浴しても、やっぱりいいなあと思う。
自分の感覚って、成分表読めようが読めなかろうが変わらないみたい。(当たり前か)

泉質が「ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」ということが判明。

重曹泉(炭酸水素塩泉)系だと思ってただけにちょっと驚いた。
鹿児島では珍しい硫酸塩泉。
飲めば確かに芒硝味がほのかにする。(なんかわかってきたぞ!)

(成分表)
IMG_5436.jpg

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


湯の華温泉
120526 湯の華温泉

鹿児島県鹿児島市小山田町3807




DSCN1575.jpg

3号線沿いの麺どころさつまに隣接してあるこちら。
気になっていたのだが、初めての入湯。

小山田って言っても殆ど郡山だね。

甲突川沿いの風光明媚なところにある。
眺めがよいにゃ。

DSCN1586.jpg

駐車場から地下?へ下り、川沿いから入る。
このツボはなんでしょう?

DSCN1578.jpg

中途半端な時間だったのに、結構人が絶え間なく訪れていた。
その中で、人がいない隙に写真を撮る。(だいぶ上手くなった)

DSCN1580.jpg

鍵付きの脱衣はなし。(あ、鍵付きのロッカーはあったけど、使われていない模様)
明るい脱衣室。
ドライヤーは見当たらなかった。

と。
浴室へのドアを見ると。

DSCN1579.jpg

えー!
閉店しちゃうの???
まだ入ってないのに!

というわけで入る。


DSCN1585.jpg

DSCN1581.jpg

浴槽は広めのものと小さいのがある。(ちと温度が違う)
そして小さい水風呂がひとつ。
サウナもあったみたいだけど、故障中とのこと。残念。

壁には手書きの看板があって、昭和な感じが良い。
多分実際に昭和だよね、書かれたのは。
だって電話番号(市外局番号)が昔のだったもん。

泉質は、無味無臭ちょいと黄褐色のお湯。
ぬめりが、少しだけある。
轟温泉(郡山温泉)に近いかな。近くだもんね。

贅沢な掛け流しで結構な湯量。
お湯はぬるめなので、長くゆっくり入っている方が多かった。(私もか)

ゆるめだけど、じんわりと汗の出てくる、とても良いお湯だった。
市内でも結構良いランクだと思うよー(あくまでも主観)

結構人気があるように見えたけどなあ・・・。
こういう良い温泉がなくなってしまうのは、寂しいものだ。



テルマエロマエ・風呂ブーム?
ここ3ヶ月くらいかな。
行く先々の温泉の殆どに、映画「テルマエロマエ」のポスターが貼ってある。
見てるだけで面白いこのポスター。
(是非拡大して見てちょ)

風呂ブームくるか?
一度は見てみたいこの映画。

DSCN1571.jpg


DSCN1570.jpg



大黒温泉
120524 大黒温泉

鹿児島県鹿児島市伊敷8丁目22−20



やっと仕事がひと段落!
行かねば!温泉!

はいかむり(桜島の火山灰が凄いです、鹿児島市内)の中、国道3号線沿いの大黒温泉。
一見、営業してるのか分からないけど、坂を下って裏に行くと、車も沢山止まってる。

DSCN1563.jpg


入ったときは、沢山の利用者に驚いたが、
ここが長湯女の真骨頂。
・・・最後は一人になった(苦笑)

DSCN1573.jpg

入り口を入るとすぐに男女別れて、真ん中に番台がある。

DSCN1572.jpg

普通の感じの脱衣所。
鹿児島市の温泉銭湯のちと古めのスタンダードかな。
ドライヤーは3分30円。鍵付きの脱衣棚あり。


DSCN1568.jpg
DSCN1567.jpg

浴室は、そう広くはないかな。
真ん中に源泉の注がれる浴槽は二つに仕切られている。
横に、他三つの浴槽があるのだが、これは電気風呂・水風呂・あとひとつは不明?
擁壁の下にあるからだと思うが、壁が斜めなのは、ちょっと面白かった。

洗い場にはシャワーなし。

お湯は、ちょっと硫黄の臭いがする気がした。
飲んでみると、硫黄と鉄の味が少し。

石鹸が残ってる?と勘違いしちゃうくらいぬめりがある、こりゃ優しいまったりしたお湯。
熱くもなくぬるくもない温度で(私には)それが贅沢に掛け流し。

鹿児島市内のどこの温泉ともまた違う泉質。

いやーこりゃ、気持ちいいわ。
しかも、汗が出やすいときた。(冬はいいね)

人が多い理由に納得。
これはいいお湯。

水風呂の水(地下水)もペットボトルに入れて持ち帰る人が多かった。
とっても気持ちの良い水風呂だったにょ。


通りかかったら、入って帰りたくなるような温泉。
本日も久しぶりによいお湯でした。


成分表
大黒温泉


130918のゆのきろく ☆☆☆
みょうばん温泉
120516 みょうばん温泉

以前のゆのきろく 




客先に打ち合わせの帰り、通り道にあったみょうばん温泉に寄った。
私の中の市内温泉では上位にランクインするこちら。

今夜はゆっくりしてから帰ろう・・・。


いつも人が多い印象があるが、時間が比較的遅かったせいか、人がとても少なかった。
よって、一枚ぱしゃり。

DSCN1508.jpg

古くてもやっぱりここはお湯が良い。

この日は、いつもよりお湯が熱めだったように思う。
時間はなかったけど、貴重な癒しの時間。

本日もよいお湯でした。


二軒茶屋温泉・湯の川温泉
時間がとれない・・・
温泉行っても、ちゃちゃっと行くくらい><

早くゆっくりしたいものです・・・


120512 二軒茶屋温泉

今まで行った中で一番多かったかも。
といっても、やっぱりここはゆっくりできる・・・。



120514 湯の川温泉

慈眼寺温泉に行こうと思ったら、あいにくの休み(以前もあったな・・。)
いつも多い湯の川温泉。

ここは近所のおばちゃんたちの社交場ですな。



今月いっぱいは、多分こんな感じT-T
慈眼寺温泉
120511 慈眼寺温泉

以前のゆのきろく


ゴールデンウィーク明けたら、仕事が次から次で、時間がとれない・・・


週末くらいは、と、やっと数日振りの温泉は慈眼寺温泉。
相変わらず人は多かったけど、ゆっくりできた・・・。


しばらくは温泉は、あんまり行けないかもな

時間があったら、少しだけでも行きたいものだ。
5月いっぱいは、慈眼寺温泉と二軒茶屋温泉の率が高くなるものと思われる・・・


日当山温泉:富士の湯
120506 富士の湯 

鹿児島県霧島市隼人町姫城2丁目163




思い出の温泉めぐり 第四弾

子供の頃、父が勤めていた会社の社長さんの別荘が、霧島市の日当山温泉にあった。
広々とした木造の邸宅に、広めのお風呂はガラス貼りで庭が見えた。
そのままお金をとっても良い程度の広さのある贅沢な温泉だった。

そんな素敵な別荘を、何回か家族でお借りしたことがある。
温泉水で作る、母の料理も美味しかったし、贅沢なお風呂は、子供には恰好の遊び場だった。


お湯は無色透明であふれ出していることしか覚えてないけど。


そんな贅沢がうらやましい。
そんな別荘をもてる殿方は、どこかにおらぬものか・・・



当然人様の別荘のお風呂はお借りすることができないので、
日当山温泉の中のこちらを迷った挙句にセレクト。(いや、初めてなんでどこがいいかわかんなくて)

DSCN1485.jpg

入湯料は300円。
もっと安いところも沢山あったけどね。


脱衣所はそんなに広くなく、ドライヤーもなし。鍵つきロッカーがあり。

そして浴室。
入ってまずは広さに驚く。
小さな温泉かと思ったのに、洗い場も多くて広い!

DSCN1487.jpg

DSCN1491.jpg

浴槽は、大きなぬるめのものと、小さめの熱めのものがあり、水風呂も隣にある。
浅い寝湯らしきものが、別途あった。

遠赤外線のサウナもあり。
広くて綺麗でTVあり。いやはや。

お湯は、ほんのり鉄分の味がするかな・・・?でも殆ど無味。
ほぼ無色透明無味無臭のお湯。


ここもいいお湯よ~

さすがに歴史のある温泉街。
ぬめりがありしっとりしてて、肌に優しい感じの気持の良いお湯。
やっぱり違うわー(なにが?)

そして、露天風呂もあり。

DSCN1490.jpg

ここもぬるめと熱めと二つあって、いい感じだった。
贅沢な感じがするよね。


ゴールデンウィークというのもあるかもしれないが、近所の人も多いご様子。
割と人が多く、途切れなかったが、浴室が広いので、ごった返している感じがなかった。

本当に良いお湯。
ゴールデンウィーク最終日もいいお湯に浸かれて本当に満足。


この辺も温泉街で、地元の方々は普通に温泉に入る模様。(いいな、こんな良いお湯)
車で走っていたら、洗面器を持って歩いている人を結構見かけた。

こういうの、なんか、いいよね。



紫尾温泉:紫尾区営大衆浴場
120505 紫尾温泉・紫尾区営大衆浴場

鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾2165



「実は鹿児島県内で、紫尾温泉が一番好きかもしれない」といい続けて長かった私。
現在は、どこかと問われると、いいお湯がありすぎて答えられない
だが、私が圧倒的に好きな泉質であることは確か。(宮之城温泉も好きよ)

で、

思い出の温泉めぐり 第三弾

・・・というほど、でもないかもだけど。(あいかわらずしょぼい)


以前、友人達とこちらの温泉に訪れたことがある。
そのときは、まだ、この区営の大衆浴場は、古い建物だった。

真ん中に浴槽があり、それを囲むようにシャワーもない洗い場があった。
その蛇口からでるお湯が、とても良かったことに驚いたことを忘れない。

もっと忘れられないのは、浴槽のお湯がとっても熱かったこと
こちらの源泉は50度くらいだそうだから、多分、源泉そのままなんじゃないか?と思うくらい熱かった。
いまだかつて、あんなに熱いお湯のお風呂には入ったことがない。

普通に入っておられる方がいらしたので、私も普通に浸かってみた。
が、しばらくするとその耐えられない熱さに思わず声が出てしまった。←若干鈍い。

あちーーーーッ!!!!

その声は、天井を介して男湯の方までも聞こえたらしく、男女問わず、大爆笑(恥)

そんな思い出の(爆)温泉。

その当時、近所の方とおぼしめき方が「ここのお湯のこの熱さに慣れたら、他が入れないのよね」
とおっしゃっていたのが印象に残ってる。
熱かったけど、驚くほど良いお湯だった。
忘れられない温泉の一つ。




それ以来も紫尾温泉は大好きだけど、今回はあえて同じ場所に新しくなった区営の大衆浴場へ。
(新しくなったと言っても、もう10年くらいたってるのかな?)

DSCN1483.jpg

すっかり美しくなっちゃって。

入り口はベンチもあって、足湯もあって、人がのんびりとおしゃべりしてるのが、
温泉街っぽくてなんだか良かった。

ちなみにこちらの温泉は、200円。
区民(紫尾地区?)の人は100円だそうだ、安い!
(だが、私が以前の古い頃は50円だったんだよね、びっくり)



DSCN1477.jpg

脱衣所は、まずまずコンパクトな方かな。
脱衣棚とは別に、鍵付きのロッカーが無料。ドライヤーは100円。
ベンチが多く配してあって、使いやすいかんじ。

昼過ぎだというのに、ひっきりなしに人が入ってきた。
ごった返すほどではないが、途切れない。
ゴールデンウィークということもあるだろうけど、近所の人も多い感じ。
昼夜問わずに温泉に入る文化なのかなー。素敵。

人が居ないときに、写真をパシャリ。

DSCN1478.jpg

大小二つに仕切られた大きな浴槽を囲むように洗い場(シャワー付)がある。
小さい浴槽は熱めの湯だったが、流石に以前ほど熱くはない。
かけ湯はあるけど、水風呂はなし。無論、サウナもない。

お湯は硫黄の香りと味と少し甘さもある、ちょっと美味しい温泉。(割りと沢山飲んでしまった)
そして、かなりぬめりのあるお湯。これが気持ちいい!
湯の花は黒く、お湯の中に結構浮いてる。
お湯は少し緑がかって見えるけど、湯口のお湯は、薄墨色っぽい。

DSCN1481.jpg

美しい・・。
周りの石が、すすけたように黒ずんでいるのも印象的。


やっぱここのお湯、いいわー・・・。

久し振りに入って、やっぱり大好きな温泉。
建物も天井が高くて開放的で気持ちよかった。

DSCN1479.jpg


お肌もしっとり。
湯上りも気持ちよい、やっぱり最高のお湯。


本日も良いお湯でした。


紫尾の方々、こんな素晴らしいお湯に100円で入れるとは贅沢すぎですー!

桜島マグマ温泉 (国民宿舎 レインボー桜島)
120504 桜島マグマ温泉 (国民宿舎 レインボー桜島)

鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-16



ゴールデンウィーク、桜島フェリーも、垂水フェリーも大混雑。
行きに限りなく並んでいたので、帰りは、ゆっくり温泉でも浸かってから帰ろうか、など。

桜島桟橋の隣の国民宿舎レインボー桜島の立ち寄り湯、桜島マグマ温泉へ。

桜島も綺麗に見えるよか天気。

DSCN1467.jpg

DSCN1472.jpg

様子を見ながら、のんびり風呂でも・・・などと思っていたのだが。


が。


この人の多さって、なに??

ロビーで、入湯料の300円を払ってるときから、やたら人が多いとは思っていたが、
浴室に入ってびっくり。


いもあらい・・・。

えっと・・・

先ずは脱衣室。
脱衣棚は沢山あるけど満杯。
鍵付きのロッカーが別途あり、100円。
ドライヤーは無料で、さすが国民宿舎だけあって、アメニティーも充実。

だが、人が多いので、どうしても汚い><
これ、掃除が云々の話じゃないけど・・・。

旅行客とおぼしめき方々が殆どで、外人さんも数名お目見え。
20くらいある洗い場も、場所とりで並んでる。
そして、一瞬「ここは幼児プールか?」と眩暈がするほどの子供の多さ・・・。

この宿舎に泊まってる人も多いだろうし、観光客も多いみたい。
仕方ないよね・・・GWだもの・・・ヨミが甘かった・・・。

ただ、やっぱり公衆浴場に慣れてない人が多いのは必須で、
そのマナーの悪さが目に付いてしまう。
一度、背中にたっぷり石鹸の泡のついたまま、浴槽に入ろうとしている人がいたので、
流石に、「ちょっとすみません!」と、説明をして、とめた

でもね。

お湯が、本当に良くて、それは、本当に救いだった。

ちょうどいい温度の、源泉かけながし。(加水はしてるみたい)
赤茶けた鉄分たっぷりと言った濁ったお湯。湯の花もたっぷり浮いている。
飲用不可だったが、少しなめてみたら、びっくりするほど濃厚な塩味。
ぬめりととろみがあり、とても気持ちの良いお湯だった。

ただ、私、肌が弱いので、ここまで強い塩泉は、肌がぴりぴりして痛くなる。
それでも気持ちよかったので、長湯してしまった。


浴槽は源泉かけ流しの浴槽と、その隣に、機能湯満載の浴槽が一つ。
この浴槽に殆どの人が入っていたのだが、その機能湯、明らかに、温泉じゃない・・・。

少し寄ってみたら、無色透明のお湯だし、強烈な塩素臭がした。
鉄色に濁ったお湯は、皆さん苦手なのか?
「熱くてはいれない」という声も聞こえてきてたが、普通だったけどなあ・・・。

そんな源泉浴槽。人が居ないので、写真撮っちゃったよ。

DSCN1473.jpg

DSCN1474.jpg

行き来する桜島フェリーがよく見えて、とても良い景色だった。
機能湯と水風呂さえ見なければ(いもあらい・・)、のんびりとした入浴ができる。
(あと耳栓があったら最高。 ←おい)


広めの水風呂(子供プールと化していた・・・)と広めの遠赤外線サウナもあった。
これ、ゴールデンウィークではないときに、また来てもいいな、と思う。
きっとその時は人が少ないであろうことを願う・・・(せめてイモ洗いは避けたい・・・)

文句ばかり言っているが、しかし良いお湯だった。

(成分表)
マグマ

海潟温泉:江洋館
120503 江洋館

鹿児島県垂水市海潟543



思い出の温泉めぐり 第二弾

なるか。 ←おい


実家に帰省する途中に立ち寄った、海潟温泉江洋館

小さい頃、近所の方々とここまで来て、「温泉付き宴会」を何度か行った記憶がある。
(記憶があいまいだったので、帰省して父に確認したら、やっぱりこちらだった)

DSCN1448.jpg


貸切の展望風呂露天風呂があるらしいが、本日は一般浴場へ。

入湯料250円。

相変わらず時間のせいか、最初は独り占めの巻。

DSCN1451.jpg

特記すべきことのない脱衣所。
鍵付きのロッカーはなく、ドライヤーもない。
充分です。

浴室。

桜島が見えない・・・ ←ちょっと期待してた。
まあ、別に良いのですが。
貸切風呂は見えるご様子。

ちなみに、駐車場で撮った桜島。

DSCN1449.jpg

火山灰が向ってきてます・・・。


話が逸れたが、浴室。

DSCN1452.jpg

あふれるばかりのかけ流しの浴槽、隣には電気風呂。
気泡湯もあったが、さすがかけ流し、塩素臭くない。

洗い場は、8つ。うちシャワー付が4つ。

古さは否めない。

DSCN1453.jpg

こんなのも、なんかレトロ。
私が小学校の頃から変わってないんだろうなー。

(父に話したら「相当古くなってただろう?」と言われた)

嬉しいことに水風呂もある。

DSCN1454.jpg
(ぶれた・・・)

お湯は、少しだけ硫黄の香りがするお湯。
無色透明殆ど無味、ちょっと硫黄臭。
ぬめりというよりは、しっとりするお湯。

入ってびっくり。

すげーいいお湯

・・・こういうのに気が付かない、自分の子供時代が恨めしい・・・。


肌がしっとりして、温まる。
冷めにくいようで、休憩中も汗が止まらない。

何度も何度も入りたくなる良いお湯だった。

やっぱ垂水、すげー。
いいお湯の宝庫やー。

これはいつか、絶景の桜島を眺めながらの貸切風呂も経験したいな。

でも、GWなのに、ゆっくりした入浴ができたのは嬉しい。
あとから、ご近所の方と思われる人たちが、沢山ではないが絶え間なく入ってきた。
近所からも愛されてる様子。

こんなのに毎日入ったら、肌ぷりぷりだろうな。
羨ましい限り。

本日も良いお湯でした。

150224のゆのきろく★★★

(成分表)
江洋館

スパルルド
120502 スパルルド

鹿児島県鹿児島市本名町2093-3




人が、薦める温泉からから先ずは行ってみようと思うことがある。
というわけで、旧吉田町にあるスパルルドへ。

・・・流石に旧市街は遠く感じた・・・。

DSCN1443.jpg


こちらの施設、お湯を頻繁に総入れ替えするシステムがあって、それが日本ではこちらだけだとか。
それゆえに「日本一綺麗な温泉」との謳い文句。

入湯料は600円と、お高め。


時間のせいか、私が訪れたときは一人だけだった。
脱衣室は、浴室に比べると広めかな?
鍵付きの脱衣だなはなく、脱衣室の外に、鍵付きのロッカーがあった。
ドライヤーは無料は嬉しい。

浴室は、そう広くない浴槽が二つ。これを一つづつお湯を入れ替えてる模様。
洗い場は使いやすい温度調節もできるシャワー付き。

DSCN1445.jpg

DSCN1446.jpg

DSCN1447.jpg


お湯は、少しだけ塩味のする無臭透明のお湯。
ぬっとりとしたぬめりがあり、気持ちが良い。
少し、熱めなのかな・・・。ゆっくりリラックスして入るお湯という感じはしなかった。

流石に日本一と謳うだけあって、浴槽とそのお湯はとても綺麗だと思う。
お湯も、気持ちの良いお湯だしね。

でも「他の温泉とは違うんです」「ここは凄いんです」ということが至るところに書かれていて、
なんだか、俺様男のうんちくを聞きながら入浴しているようで、
若干うんざりしてリラックスできない。←!

確かにお湯と浴槽は綺麗だけど、
床や壁、シャワーのカランなどに指や爪でこすれば簡単に取れるような水垢やカビが気になるんだけど、
これで日本一って言えるのかな、などと小姑のようなことまで思う始末。

お湯はとても気持ちよかった。

こういう風に思うのは、私のひねくれた性格が邪魔しているだけだと思うけど、
ただただ、良いお湯にゆっくりと浸かりたいだけなんだけどなあ。


二軒茶屋温泉
120501 二軒茶屋温泉

以前のゆのきろく→




暦どおりに普通出勤。
会社が終わったあとに、新規開拓しようかとも思ったが、あいにくの雨。
雨の中、へたくそな運転で慣れない道を運転しないほうがいいかな、と思いなおす。

ここのところ、素晴らしい泉質の温泉ばかり体感してしまったため、
新規開拓で「はずれ」を引きたくないしね・・・。(まあ、どこも気持いいけどさ)


自分的には、利用しやすい場所とそのお湯の良さで、
すっかりお気に入りの二軒茶屋温泉

車を止めて、雨の中傘をささずにいたら、
おばちゃんが、傘を差して迎えに来てくれた

「荷物を持ちながらだとぬれるから、入ってー」

ここのこういう気さくなところが、結構好き。


こちらのお湯、雨の日はお湯の色が代わり、よりお湯が滑らかになるそうな。
・・・と、ねっと情報で仕入れていたので、この日に行った経緯もあったりなかったり。(どっちよ)

いや。確かに!
全然違う!

お湯の色は深い黄緑色は以前より濃さをまして、これは美しかった。
(入ってきた人たちが「今日は綺麗ねえ」と全員言っていた)
そして、前回よりも、お湯がぬるめで、しっとりぬめりが前回よりも増していた。
不思議ー。

掛け流しの天然温泉だから、こうやって日によって違うのかな。
この前のお湯も好きだったけど、断然雨の日の泉質のほうが私は好きだ

ゆっくりゆっくり、至福のとき。



帰り際、着衣してたら、発見。

DSCN1437.jpg

前回は見つけられなかったドライヤー。
20円らしい。



今後もここは、ヘビーユースになってしまう模様。

本日も良いお湯でした。