FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
薩摩黒温泉 山華
191119 薩摩黒温泉 山華

鹿児島県鹿児島市上竜尾町22−5




昨年末の話になってしまうのだが、鹿児島市内に新たな家族湯がオープン!
ご縁があり、オープン前に見学&入浴させていただけることに!

山華1

倉を感じさせる和風の建物はなんとも素敵。

入り口にある、この苔アートも素晴らしく見ごたえあり。

山華2

もともと高名な方の別荘があり、そちらに泉源があったのだとか。
その土地を譲り受け、この家族湯をオープンしたそうだ。

建物は新築だが、敷地内の至るところに、その名残であろう石垣や庭の造形を見ることができる。
そんな中、ここで生まれ育ったという鶏さんたちがポテポテと散歩している様はなんとも可愛らしい。

内部も、和風の体ながら、大胆な造り。

山華3

山華4

ロビーは、まだ可動していなかったこの日は、無駄に広いスペースにも見えたが、
これがいい感じで、くつろげる空間になっていくんだろうな。

フロントでお部屋を選ぶ。
室は8室。
どれも違う体をなしており、広い休憩室のあるもの、サウナのあるもの、など様々だが、
どのお部屋も一律4000円。

鹿児島市民である私としては、
高速代など車代もかからずに近場で家族湯にいけるこの値段は、高いとは思わないのだが、いかがだろう。

フロントからいったん外へ出て、渡り廊下へ続く各室へ。

山華5

この日は、ほぼすべての部屋を見学させていただいた。

一挙に。

山華6

山華7

山華8

山華9




・・・とまあ、どこもなかなか素敵。

で、私たちは、広い和室のついている「椛(もみじ)」のお部屋でお湯を頂くことに。

山華10

各室トイレもついていて、蛇口から出る水も飲用許可のある地下水だそうで、これも美味い。
ドライヤーあり。

泉質は「単純温泉」。
pH8.2のアルカリ性でつるつるする。
重曹の成分もおおいので、そのせいもあると思う。
単純温泉ながら単純ではないのが、いいと思わせるお湯。
メタケイ酸も多めなので、間違いなく美肌の湯。

特記すべきは、お湯の色。

濃い目の琥珀色、そうモール泉なのだ。
鹿児島市にものクオリティーのお湯とは、本当に奥が深いなと思わせる鹿児島の温泉!

山華11

石をくりぬいた露天も素敵。

これは昨年末の話だけども、実は、この後も数回伺っている。
近場で家族湯、しかもなかなかの良泉ということで、私としては気に入っている。

こういう新規の温泉施設ができるのは嬉しいなあ。


(成分表)
山華


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



やすまる温泉
140810 やすまる温泉

鹿児島県鹿児島市東佐多町2108




去年かな、一般開放されると聞いていたが、私が行こうとしたときにはまだ営業してなかったので、
そのまま行っていなかった施設。で、やっと行ってみる。

鹿児島市といえども旧吉田町。
田園風景広がるなんとも気持ちの良い場所にあった。
有村医院の敷地内。病院が経営している模様。

IMG_3128.jpg

湯小屋?は、外に発券機が置いてあり、入湯料300円を支払う。
中に入ると無人で、箱に券を入れ、男女分かれる。

脱衣所は、ごくごく簡素。

IMG_3134.jpg

明るくて清潔な印象。
4つくらいは小さなロッカーもあった。ドライヤーは見当たらず。
脱衣棚などはなく、ところどころ置かれたベンチの上に脱衣籠を置いて脱衣するスタイルらしい。

浴室も、まずまずコンパクトながら、ハイサイドライト(天窓)がついていて、なんとも明るい。

IMG_3140.jpg

浴槽は大きなものが一つ。
さすが病院が経営しているだけあって、スロープ、手すりと優しいつくり。

その浴槽に、深さの違う個所があり、様々な使い方ができそう。

IMG_3143.jpg

洗い場は4つ。
これも手すりが設置。

泉質は「単純温泉」。

入る前に成分表を見たのだが、概ね「塩化物泉、重曹泉(ナトリウムー炭酸水素塩泉)」といったところ。
だが、硫黄の成分がごくわずかに含まれているので、
「ちょっとだけ硫黄の味がするかもなあ」と思っていたら、確かにする。

IMG_3141.jpg

浴槽のお湯は少し黄味がかっており、浴槽は赤茶けている。
吐湯口のお湯は、透明で少し熱めに感じる。
甘味のある重曹の味と、ほんのり硫黄の味と香り。正直、美味しい^^

つるつるした浴感で「来てよかったなあ」と思えるようなとても気持ちの良いお湯。
お湯が新鮮だからなのか、入った感じは「単純温泉」という感じはしなかった。
(しかし、「単純」という言葉はアレだね・・・単純じゃないものばかりなのに 笑)

時間のせいか、終始貸切の贅沢だった。
時間をかけて、ゆっくりじっくり堪能させていただいた。

本日も良いお湯をいただきました。

(成分表)
やすまる温泉


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

永盛温泉
130730 永盛温泉

鹿児島県鹿児島市西佐多町3227−1




吉田町(というよりほとんど姶良)の風光明媚な田園地帯にあるこちらへ。

DSCN4176.jpg

かなり(びっくりするくらいの)猫しゃん達がお出迎えしてくれた(笑)


時間のせいか終始一人だった。
受付もいなかったので、300円置いて勝手に入った。
(300円とかいてあったので)

脱衣所はそこそこ広めで、脱衣だなのみ。

浴室は、浴槽がひとつに、打たせ湯がついているというシンプルなもの。

DSCN4181.jpg

水風呂らしきものがあったけど、水はたまっておらず。

DSCN4182.jpg

洗い場は5つくらいだったかな。
シャワーはなし。
入口の近くに一つだけシャワーがあった。


お湯は、単純温泉。
ごくごく優しいお湯だけど、とってもつるつるして気持ちいい。(PH8.4)

DSCN4184.jpg

無色透明。味もほとんどしなかったかな。


鄙びた感があり、きっとご近所より大事にされている温泉。
じゃんじゃかかけ流しの贅沢もいいよね。


本日もよいお湯でした。

成分表
永盛温泉


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


ゆるり乃湯
130613 ゆるり乃湯

鹿児島県鹿児島市郡山町5494-85




こんなに温泉に行けないとは!!!!
いささか禁断症状の出つつ今日この頃。

たまたま仕事で、郡山町まで行ったので、ここぞと温泉へ行く!


新しくできたと聞いて行きたかったこちらへ。
入来峠の途中、八重山公園内?にある。風光明媚な良いところ


P1130152.jpg


時間のせいか、人が少なかった。
ロビーの発券機で390円の入湯料を支払う。

ロビーにはちょっとの売店と、落ち着いたいい感じの休憩スペースあり。


お風呂は「石」と「木」の風呂があり、週替わりで男女に分かれるそうな。
今日の女子風呂は「木」のお風呂。



脱衣室も木の香りがして綺麗。

P1130163.jpg

まだ新しいとあって、どこも綺麗。
随所に面白くお洒落な作りがしてあり、見るだけでも勉強になる、いや、たのしい^^;


浴室はコンパクトながら、これまた木の香りがして感じが良い。

P1130158.jpg


洗い場は7つ。
シンプルだけど使いやすい作りで、ほほーと感心するの巻。


浴槽はかかり湯と、大きな浴槽が一つ。
温度が表示されており、40.8度。
最初はぬるく感じるのだが、これくらいがいいかもねー。


お湯は、少しだけ黄みかかった綺麗な透明のお湯。
無味と感じた。

「アルカリ単純温泉」

これまた成分表だけでは語れないなと感じる。
PH9.6と高めで、つるつるとした浴感がとっても気持ちいい。
久しぶりの温泉。
優しいお湯だけど、すっごい気持ちいい~

これまた雰囲気のよい露天風呂もありました。

P1130155.jpg

コンパクトながら水風呂もあり、自分的には満足な施設。

また近くに来たら寄ってみよう。



本日、久しぶりに良いお湯。
満足満足。





161225  の ゆのきろく ☆☆☆

成分表
ゆるり




ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

郡山温泉
121117 郡山温泉

鹿児島県鹿児島市川田町1776




寒くなってきましたね。
いよいよ本格的な温泉シーズン到来

旧郡山町の川沿いにあるこちらの温泉。
かなり久しぶりの利用。

DSCN2946.jpg

温泉旅館の公衆浴場?
宿泊も食事もできる様子。

入湯料は400円。
・・・だが、この日は感謝デーかなにかで?200円だった。(ラッキー

廊下をつるつると歩いていくと、温泉がある。


こちらの温泉、大きく3段に分かれてる。
一番下の内湯と、二番目の内湯と、3段目には露天風呂がある。
どれもドアをでていかなくてはならない。


まず脱衣所。

DSCN2965.jpg

貴重品用のコインロッカーもあり。
ドライヤーは無料。

脱衣だなが並べられたまずまずのスペース。


そして一番下の段の浴室。

DSCN2956.jpg

石張りの大きな浴槽が左手にあり、右手に洗い場が8つほど。

DSCN2957.jpg


一回脱衣室に戻って、別のドアから2段目の浴室へ。

DSCN2962.jpg

下の浴室よりは少しコンパクトで水風呂もある。
洗い場もちゃんとあるんだよ。


そして、そこからドアを出て、3段目の露天風呂へ。

DSCN2952.jpg

趣があって、広い露天風呂。



お湯は、「轟温泉」「裸・楽・良」とほぼ同じような泉質。
(ちなみに轟温泉は、川向いと近し。)

無色透明無味無臭。
ごくごくわずかにぬめりというか、すべすべ感がある。

特記する特徴があるわけではないのだが、しかしながらとても良いお湯。


1、2段目のお湯は結構熱めに感じた。
源泉の温度が42度くらいだから、そんなに熱くないのに、浴槽の湯がこれだけ熱いのは、
本当にダイレクトに源泉が浴槽に入ってるからなんだろうなーと思う。

露天は少しだけぬるくなってて入りやすかった。

DSCN2953.jpg

温まる、とてもよいお湯。
久しぶりだったけども、やっぱり良いなと思う^^


本日も良いお湯でした。


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ