プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市比野温泉:グリーンランド市比野ふれあい館
180421 市比野温泉:グリーンランド市比野ふれあい館

鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野2233




市比野温泉でもう一湯。
スーパー銭湯系の施設、前を通り、「あれ?私、まだここ、行ったことなくね?」と思った次第。
で、立ち寄る。

広い敷地の中では、グランドゴルフ場やレストラン、コインランドリーもある。
改修したのか、やや新しめできれいな印象。

ふれあい館1

入湯料400円(だったかな)を発券機で支払い、女湯へ。

脱衣所も広く、鍵付きのロッカーと脱衣棚が並ぶ。
脱衣室内にトイレもあり、ドライヤーもあり。

浴室もね、やっぱり広いよ。

ふれあい館2

ふれあい館3

大きな窓に面して、いろいろな浴槽がある。
素敵な露天風呂もあったよ。
サウナもあった。一日ゆっくりできそうな充実の設え。

洗い場も15くらいあったかなー。

スーパー系だろ、と高をくくっていたのだが、さすがの市比野温泉。お湯はいい!
消毒のにおいなどはせずに、つるとろのお湯は十分に堪能できる。

アメニティー(リンスインシャンプー・ボディーソープ)もあったし、これはコスパいいかも。


がっつり髪の毛まで洗い、すっぴんで帰るの巻。

いやはや。やはり温泉は気持ちが良い。

(成分表)
・・・探してない・・・

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト
市比野温泉:湯宿弁天
180422 市比野温泉:湯宿弁天

鹿児島県薩摩川内市樋脇町市比野2562-7




約一か月前のことになってしまった。
ドライブがてら、新しくなった?温泉へ行ってみる。

市比野温泉の老舗和菓子屋弁天堂さんが移転オープン。
その移転先が、元温泉旅館「割烹旅館 紫月荘」で、改装して使用している。

弁天1

で、ありがたいことに、150円で温泉を解放してくださっているのだ。
(入浴料ではなく「清掃協力金」となっていた。それもいい表現ね。)

弁天2

お菓子屋の店舗にも続くスペースは、素敵な休憩コーナーにもなるカフェコーナーに。
お風呂上りに、お菓子で栄養補給もいいね!(私は甘いものはあまりいただかないので、あれですが^^;)

浴室は廊下を歩いていくとある。

途中にあるこういった照明とかが、昭和レトロでぐっとくる。

弁天3

浴室の入り口。

弁天4

脱衣室は、脱衣棚が並ぶ簡素なつくり。
ロッカーなどはない。
ドライヤーもなかった気がすんだよね。(覚えてない・・・)

弁天5

浴室は、波を打った形の横長の浴槽が一つ。

弁天6

いいね、こういうシンプルで清潔感があるのはとても好きだ。
少し高めの窓からは、しっかり採光もとれていて、結構明るい。

洗い場は3つほど。

弁天7

ちゃんとシャワーもある。うれしい。

泉質は、市比野よろしくの「アルカリ性単純温泉」。
pH9.5、炭酸イオン39mg、つるつるしないわけないだろう的な成分にそぐわず、つるとろのお湯。
この日はやや熱めにも感じるお湯は、もうなんとも気持ちが良い。

のんびり遠出して温泉に入るのも久しぶりだったこの日。
やっぱり気持ちいいやね・・・。

弁天8

廃業したお宿を、こうやって再利用しているのはとても嬉しい。
さらに、ちょっと温泉入って、ちょっとゆっくりできるカフェなどがある。
そういった温泉街はいいなと思う。

温泉街にぜひカフェスペースを(笑)

良いお湯をいただきました。


(成分表)
弁天

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



入来温泉:家族湯ふちさき
171201 入来温泉:家族湯ふちさき

鹿児島県薩摩川内市入来町副田6075




以前、入来温泉が区画整理でガラガラポン(ご破産にして願いましては的な)になる前に、
ホテルふちさき」としてこの界隈に旅館があった。

写真でみる湯船は可愛らしいひょうたん型で、それを縁取る入来温泉宜しくの赤茶けた析出物はそれは見事だった。
いつかは行ってみたいな、行かなくちゃね、と思っていたのだが、
私が訪れたときには、時既に遅し、もう営業はしていなかった。
結局、入浴することが叶わなかった施設の一つ。

その建物は区画整理とともに解体され、今はその源泉を使って、2室のみの家族湯を経営されている。

ふちさき1

ぱっと見、温泉施設ってわからないかもね。
でも可愛らしい看板がある。

ふちさき2

女将さんがいい人だから、と聞いていたのだが、本当に良い人だった。
女将さんって感じがする、上品さがありそれでいて可愛らしく、人好きのする方。

時間外だったのだが、快く入浴させてくださった。

入湯料は一部屋1000円(一時間)。
何人入ってもこれってことだから、安いよね。←でも一人で入った(笑)

ドアを開けると、浴室は2つ。
脱衣室も浴室も、割りと広めなので、これは子供連れの方にもうれしいかも。

ふちさき3

洗面化粧台があり、その引き出しにドライヤーも無料で完備。(嬉しい)

ふちさき4

浴室には、洗い場は2つ。(あれ、ひとつだったかな)

ふちさき5

施設自体がまだ新しいからね、シャワーも使いやすい。

浴槽は大きなものが一つ。

ふちさき6

小さな湯口にある湯だまりで一旦お湯を冷まし、大きな浴槽へ注がれる。

熱めのお湯の入来温泉。
中でも濃厚なこの界隈のお湯。
やっぱりいいなあ・・・。

泉質は「ナトリウム-塩化物温泉」。
金属系のイオン、とくにカルシウムイオンの多めな、個性のある塩湯。
特記すべきは、鉄イオンが多めなことかなー。
4.2mg。鉄泉には到底満たないけども、この数字って多い方だと思う。

なにげに重曹、芒硝、それから、メタケイ酸も多いから、これ、結構多機能な成分の湯。

色々言っても、冬には嬉しい、ポカポカの湯。

ふちさき7

ぐっとくる、茶褐色の析出物。
うっとり・・・。

「いいお湯でしたー!」と言ってあがると、女将さんが、いろいろなものを準備して待っててくださった。

ご主人の介護をしながらなので、旅館ではなく、この規模の家族湯にしたのだとか。

「この源泉を潰したくなかったの」


うんうん。
いいお湯に入れて私も嬉しい。

心身ともに、気持ちよくなったお湯。
この界隈、家族湯、少ないからね。
ここは、好き。

また行こうっと。

(成分表)
ふちさきa
ふちさきb




ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



ホテルオートリ 白和温泉
170402 ホテルオートリ白和温泉

鹿児島県薩摩川内市白和町1−20




久しぶりに薩摩川内市まで、ひとっ風呂浴びに行くの巻き。

川内駅から近い市街地にあるホテルオートリに併設する公衆浴場「白和の湯」。

白和1

思わずツボってしまうくらいの、いい感じのレトロな建物。

広めのフロントにある下足入も、いい感じ。

白和3

フロント?番台?で300円支払い、左右に男女分かれて浴室へ。

脱衣室は、脱衣棚が並ぶ。
ロッカーなし。ドライヤーなし。

建物は古いのだが、掃除が行き届いていてなんとも気持ちよく使える。

浴室は、浴槽が2つ。

白和4

湯気もくもく。

大きな適温の浴槽の横に、小さな「ぬるゆ」と書かれた浴槽がある。
かなりぬるめの水風呂といった感じの温度だが、これが源泉の浴槽らしい。

ちゃんと泉温が低くても、こうやって源泉の浴槽があるってのが、本当にいい。

白和5

湯気で見難いけどさ。
丸い窓が並び、様々な形のタイルが貼られていて、いい感じなレトロ。

洗い場は、シャワー付きが3つ、シャワーなしが4つ。だったと思う。
真ん中に、かけ湯用の丸い浴槽がある。これも源泉らしい。

白和7


泉質は単純温泉。
源泉温度37度とぬるめ。これをうまく利用しているなという印象。

やや塩分と重曹の成分が多めのごくごく優しいお湯。
ちょっとだけ重曹の甘みがするようなしないような、限りなく無色透明無味無臭。

しかし、いいなあと思わせるお湯だった。
ゆっくり何度も入れる好きなお湯。

白和6


ご近所の方らしき人たちがひっきりなしに訪れていた。
だけども、みんなマナーがすごく良くって、だからか、どこもとても綺麗で気持ちが良かった。


裏?表?のホテルの入口に源泉があった。

白和2

近くを通ったら、また利用したいなー。


成分表
白和
 
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

川内高城温泉:癒し湯宿しもぞの
160430 川内高城温泉:癒し湯宿しもぞの

鹿児島県薩摩川内市湯田町6477−1




ゴールデンウィークも仕事!の予定だったが、
ぽっこり空いた一日は、のんびりゆめぐりドライブDAY。

とても良い天気で、ぢっとしていられなかった^^;

久しぶりの川内高城温泉。

taki.jpg

やっぱりこのレトロな町並み、素晴らしい。

今回は、こちらの温泉では一番新しい?てか、去年リニュアルオープンしたこちらのお宿のお湯をいただく。

しもぞの1

中は、ちゃんとレトロな湯治のお宿。

お宿のご主人がとても良い方で、気持ちが良い。
帰り際には、タオルとコーヒーを頂き「またきてね」って。
ゲンキンな私は、また行っちゃうよ(笑)

さて、250円支払い、奥にある浴場へ。

しもぞの2

男女分かれる。

脱衣室は、コンパクト。
以前なら、せま!って思ったかもだけど、こういう体が、湯治宿っぽくて、今は好きになった。
ドライヤーなどはないよ。

しもぞの3

浴室は、「高城温泉だな」と思わせる、二層式の浴槽。
高城はこのパターン、多いよね。

しもぞの4

洗い場はシャワー付が1箇所。
レトロなタイルに、ふわーとした気持ちになる。

しもぞの5

注がれるお湯は、激熱の単純硫黄泉。
透き通るほど美しい透明感に、とろりとして、こっくりとした硫黄の味と香りのするお湯。

やっぱ、いいなー。

夏こそ温泉!といつも言っている私にとって、
これからの時期も温泉の楽しい季節。
夏に温泉に入ると、べたついた汗をかかなくなるよ。

是非に。

(成分表)
しもぞの

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。