プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
伏目温泉:山川製塩工場跡
170114 伏目温泉:山川製塩工場跡

鹿児島 県 指宿 市 山川 福元 3339




指宿砂蒸温泉三連チャンの最中、合間があったので、こちらに行ってみる。

実は、とても訪れて見たかったところの一つ!
ゆっくり見れて感無量。

伏目1

古い配管からシュンシュンとすごい勢いで温泉が吹き出す。

昭和39年まで、温泉を利用した製塩工場の跡地。
今も、有り余る蒸気を見ることができる、貴重な産業遺産。
温泉も、古いものも大好きな私には、一挙両得な施設。

伏目2
伏目3

なによりも、ここはロケーションが素敵すぎ。

伏目4

今も、塩がびっしりな塩田後の向こうには海。

伏目5

見事なり。

さつま富士:開聞岳をバックに見ることも。

伏目6

指宿の濃厚なミネラルたっぷりな塩。
きっととても美味しかったんだろうなー。

(成分表)
たぶん、ないよ・・・

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
指宿山川 天然砂むし温泉 「砂湯里」 (さゆり)
170114 山川天然砂むし温泉 「砂湯里」 (さゆり)

鹿児島県指宿市山川福元3339−3




指宿市内砂むし温泉三連チャン、砂むし会館砂楽フェニックスホテルに続き、最後の施設はこちら。

さゆり1

山川の海沿いにある市営の砂蒸し施設。

施設の前にはスメがある。
指宿山川界隈にある温泉の上記を利用した蒸し場。
山川っぽくていいね^^

さゆり3

フロントで支払いをして、浴衣とタオルをいただく。

さゆり2

入湯料(砂蒸し)820円。
砂蒸し温泉としては格安じゃないかなー。

スリッパを履き、海岸沿いの砂蒸し場へ。

さゆり4

砂蒸しとしては一番?海に近いそうで、なんともいい感じ。
これ、逆の方から見ると、

さゆり5

さつま富士・開聞岳も見える絶景。

そんな中で本日3回めの砂蒸し温泉。

さゆり6

やっぱりカメラマンさん、すごい。

我々エキストラも仕事?を終え、施設の温泉へ。

さゆり7

2つに仕切られた浴室は、濃い塩湯ながらも透明で綺麗。
お湯としてはこの日ではいちばん好きだったかもしれない。


砂蒸しに3連チャン入って思ったこと。
3箇所とも全く違うの。

砂の重さ、砂の湿り気、砂の暖かさ・・・など。
これは好みが分かれそうだなーと感じた。

私としては、こちらの砂湯里の砂がいちばん好きだった。
だけど、観光客をつれていくなら、やっぱり砂楽かなーという印象。
変わり種で、フェニックスホテルをストックしておきたい感じ。

体力的には疲れたけども、プロのカメラマンさんに撮っていただけ、良い経験だった。
久しぶりに仲間達とわいわいできたのも楽しかったしね。

(成分表)
さらく



指宿温泉:砂むし会館砂楽
170114 指宿温泉:砂むし会館砂楽

鹿児島県指宿市湯の浜5丁目25−18




指宿温泉を代表する、と言っても過言ではないのではないだろうか。
日帰り温泉施設。
何を隠そう初めて行ったのだ。←と言ったらみんなに驚かれるが、基本砂蒸しよりお湯に入りたい人なので(笑)

さらく1

階段をのぼり、広々としたロビーで受付。
砂蒸し1080円。(温泉のみだと610円だそうです。)

実は、この日、温泉師範からのお願いで?砂蒸し温泉の写真撮影のエキストラとして行ったのだ。
(モデルでなくてエキストラ。砂蒸しならと(笑))

知らされてなかったのだが、なんとこの日、一日で、
指宿市内の砂むし温泉3箇所3連チャンでした。

砂蒸しは、三連ちゃん入るものではありません・・・ちかれた。


で、先ずはこちらの施設。

浴衣に着替えて海岸沿いにある砂蒸し場へ。

さらく3

写真を撮って頂いたのは、有名な温泉カメラマンの杉本圭さん!
明るくて、気持ちのよい方だった^^
なんとも貴重な機会。

いつもより長めに砂に入り、熱い熱い・・・。

さらく2

でも砂は、比較的さらりとして気持ちよかったし、なにより砂をかけてくださるベテランのおばさま達がとてもおもしろく素敵!
こういうもてなしの旨さが、さすが指宿温泉だなーと思わされた。


杉本カメラマンより、写真をいただきました^^

さらく4

湯気の感じとか、素敵!



良い経験になりました。
だけど、この後、まだ2つ砂蒸しです・・・。


あ、ゆのきろく。

砂蒸しで砂だらけになった後は、温泉に入り汗を流す。
入浴施設の脱衣場・温泉は写真撮影許可がでなかったので、写真はなし。

広々とした浴槽に貼られたお湯は、この日寒かったからかな、ややぬるめに感じた。
指宿よろしくの濃い塩湯。
ずっと入っていたいくらい気持ちよかったけど、後が控えてるので、早めに退散。


砂蒸し三昧。がんばりました。
(この次の フェニックスホテルは割愛。以前と同じことをしてみました^^)

(成分表)
さらく

指宿温泉:指宿ベイテラス HOTEL&SPA
161218 指宿ベイテラス HOTEL&SPA

鹿児島県指宿市東方5000




あけましておめでとうございます!
今年ものんびりたくさんのいいお湯に恵まれたらいいな。
そんなあれこれに、お付き合いいただけると嬉しいです^^




まずは、昨年きろくしていなかった分を。

指宿市街地から、つらつらと車で上っていった先にあるこちらのホテル。



なんとまあ立派な施設。

メディポリス1

メディポリス2

こちらのホテルの温泉。
立ち寄り入浴は、2階で受付。

2階まで行く間も立派できょろきょろ。

メディポリス3

入湯料500円を温泉専用のフロントで支払う。

メディポリス4

男女に分かれた浴室へ。

メディポリス5

ちなみに大浴場以外にも、岩盤浴や貸しきり露天風呂など色々あるみたい。


脱衣室は、思ったよりは狭かったけども、それでも充分広くて綺麗。

メディポリス6

縦型の鍵付ロッカーが並び、

メディポリス7

アメニティー、ドライヤーや消毒済みのブラシもあり、さすがホテル。
この日は、運動した後の入浴だったので、ガッツリ洗髪までしたから、こういう設えはうれしい。

浴室に入ると、まずはどーんと素晴らしい景色。

メディポリス8

さすが高台にあるだけある。
指宿の町を一望でき、海まで見える。

この景色だけでも来た甲斐があるというもの。


洗い場は15くらいあったかな。
アメニティーつきだから嬉しい。

サウナや水風呂もあった。

人は少ないけど広々ー。

メディポリス9

お湯は、さすが指宿の濃厚な塩湯。
掛け流しというわけではなさそうだったし、
時間のせいか、湯船は、場所によっては色々浮いてたり沈んでたりしたので、あまり綺麗とはいえないかな。

とはいえ、この景色を見ながらの入浴はたまらない。

メディポリス10

まったり良い時間を過ごした。
本日は指宿菜の花マラソンの日です。
みんながんばってるんだろうなー。

マラソンの後は、塩化物泉がよいそうです。

ランナーさん、是非是非、疲れた後は指宿の素晴らしい温泉で疲れを癒してくださいませ。
まあ、私が言わんでも、皆さんそうされるでしょうけど・・・(笑)

(成分表)
メディポリス

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

岩本漁港漁船員休養施設
160206 漁船員休養施設

鹿児島県指宿市岩本漁港




指宿の今和泉のトンネル手前を海沿いに。
風の強い日は少しだけ怖く感じた港の海沿い。

漁港内にあるこちらの施設は、漁船員専用の宿泊施設だそうだ。

0601.jpg


こちらの施設、浴場は温泉で一般開放されている。

入湯料250円。
まだまだ新しく綺麗な公衆浴場の体。

フロントにはこんなものが。

0603.jpg

こんな綺麗なダイダイ。
ご自由にどうぞ・・・なんて・・・。
ほっこりしてしまった^^

男女に分かれた浴場は、ご近所の方々で賑わっていた。

「今日は寒いからいつもより早く来たの」という人が多かった。

脱衣室は脱衣棚が並ぶ。
ロッカーはなし。
ドライヤーは無料であり。

浴室は、10人は入れそうな浴槽が一つ。
洗い場はシャワー付きのものが5つ。

0602.jpg

無色透明のお湯は、気持よく掛け流されていた。
加温加水ありとの表記があったが、この日は加水はしていない模様。

うっすらと塩味のするお湯は、「単純温泉」。
つるつるとろとろというよりは、サラリとした浴感。
これが、なんというか絶妙に気持ちの良いもので、しばし悦に入る。


ここは、お湯も良かったが、利用者が良かった。

声を掛け合って、背中を流し合って、それでいて構い過ぎず、気持ちの良い挨拶を交わす。
一人ひとりが、洗い場を使い終わったら綺麗にしてから、椅子、洗面器を片付ける。
当たり前のことが当たり前になされていて、本当に見ていて気持ちが良かった。


一人のおばあちゃんが、私に丁寧に温泉の使い方を教えてくださった。


上がるときは、シャワーで流さずにね、
こうして湯口の綺麗なお湯をとって、それで流して上がるといいよ。
これで顔も洗って、頭も流すの。
そうしたら、髪の毛もつるつるになるし、お肌もしっとり綺麗になるのよ。


見ていたら、みなさんそうしてから上がっていた。


これ、温泉ソムリエとしては当たり前のこと。
せっかくの温泉成分をシャワーで流さずに、体にまとって上がったほうが良い。

それを当たり前にやっているここの方達は凄いなと思った。

そうなんですね!すごいですね!」と、
言われるとおりにしてから上がりました(笑)

ポカポカが続く気持ちの良いお湯だった。
こういうのが近所にあるといいな、と思える、毎日入りたくなるようなお気に入りの湯^^


(成分表)
指宿漁協



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ