プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
あくまで主観の温泉備忘録。
ダイエット&美肌なるか?!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆのきろく、します


日本有数の温泉地の鹿児島県
そして、銭湯が温泉の鹿児島市

もともと温泉好きでしたが、せっかくなので、色々なところに行ってみようなどとゆるく実践中。
・・・というか、単なる温泉バカになりつつある昨今。

温泉ソムリエマスター(温泉分析書・ダイエット・温泉ビューティー)にもなっちゃいました。

たまに遠出や旅行もあるかも。

自分なりの感想と備忘録です。

あくまでも自分の好みと感想の記録ですので、
気になる温泉がある方は、ぜひ、ご自分の肌で感じてみてくださいませ



※価格・営業時間、その他は入浴時のものや主観もあるため、 
 現況と差異がある場合もありますの。ご了承ください。




一覧はこちらでどぞ。

 鹿児島県内ゆのきろく
 鹿児島市内ゆのきろく
 鹿児島県内のなくなったゆ

 旅のゆのきろく





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




温泉コーナーにちょっとだけ協力させてもらいました

恋する鹿児島


ゆるめぐり連載してました

鹿児島ブランディング情報誌【リージョン】



お勧めブログとして認定されました

トリップアドバイザー鹿児島県の観光・ホテル口コミ情報



記事転載中

(KTSくらぶnikiniki.TV会員として)



協力させていただきました。絶賛発売中♪

ユメグリ鹿児島


スポンサーサイト
ふれあいセンターわくわく川辺

180120 ふれあいセンターわくわく川辺




以前のゆのきろく → ☆☆☆




南薩での仕事帰り、さあ、今日はどこの温泉に入って帰ろうかなと考えられるのは、とても幸せなこと。

すっごく久しぶりの来訪になったが、良い印象だったこちらへ伺う。
温泉ソムリエになる前に行ったきりだからね、成分表を見たかったというのもある(笑)

夕方の時間だったが、まずまずの人。
ちょうど、家族連れが多く帰るところだったので、いい時間だったのかも。

スーパー系の温泉施設ではあるのだが、やっぱり、私ここのお湯好きだと再認識。

わくわく2

以前は、ほんのりと硫黄の卵臭がしたように記憶してるのだが、今回はそれはなかった。
しかしながら、つるっとする気持ちの良いお湯。

成分表をみて、「あら」!と。

泉質は「単純硫黄泉」なんだね!
川辺はつるとろな「単純温泉」が多いので、ずっとそうだと思ってたけど。
ということは、前回硫黄の香りを感じたのは、あながち間違いではなかったんだ。

まあ、成分ほど、硫化水素(硫黄)は感じないが、それでもいいお湯だなと思う。

設備も整ってるしね。
ドライヤーも、ガッツのあるのが無料だし、そういうのはまた行くきっかけに、すごくなる。

露天も独り占めでした^^

わくわく1

いいお湯に入れて満足。

(成分表)
わくわく

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


霧島温泉:いやしの里松苑
180109  霧島温泉:いやしの里松苑

鹿児島県霧島市牧園町高千穂3930




年末年始の疲れが出たころ、ちょいと近場の温泉旅館にお泊りなど。
霧島丸尾温泉街のど真ん中にあるこちらの旅館へ。

松1

この日は、ちらりちらりと雪も降っており、その分、湯気が幻想的で素敵な日だった。

りっぱだけど小さなお宿。
こぢんまちとした和風の旅館が好感が持てる。
本館と離れとあるそうだが、今回は一泊12000円程度の本館へ。

松2

お部屋は2階に5部屋。
THE温泉宿なお部屋。

松3

窓の外からは、新しくできた橋が見事に見え、
温泉の噴気もまたいい感じで見える。

松4

お部屋と同じ階に、貸し切り湯があったので、まずはそちらに。

松5

脱衣所にはタオルが積まれ、使い放題!←その表現はやめなはれ。

化粧水などのアメニティーはないが、浴室にシャンプーなどはある。

松6

露天風呂でっせ。
いい感じ♡

続いて、大浴場へ。

脱衣室には脱衣棚がならび、こちらもタオルが積んである。
トイレと洗面所があり、ドライヤーもあった。

松7

ありがたいことに終始貸し切りの大浴場。
(立ち寄り湯はやってないようです)

松8

洗い場が5つくらいだったかな。

浴槽は、大きな浴槽と、「ぬるゆ」と書かれた小さな浴槽がある。
ぬるゆもそんなにぬるくはなかったけどね。

熱いな!と思い、ではまずは露天に入ろうと、露天風呂へ。

松9

(むっちゃ青っぽく撮れているではないか!)

黒い目隠しには戸がついており、

松10

開けると景色が見えるのだよ!

寒い日だったせいか、外気温で少し冷まされた露天風呂がとても気持ちよかった。
十分に温まってから、内湯に入ると、これもこれで気持ちよいのよ。

泉質は「単純硫黄泉」。

霧島はこの界隈独特の硫黄泉で(主観です)
甘みのある卵臭というよりは、ちょっと鼻につく酸味のようなえぐみのような香りがするのが特徴。
・・・というか、この香りをかぐと、「ああ、霧島の硫黄泉だなあ」と思う私。

ほんのり白い湯の花がういていて、硫黄のゆで卵臭はほんのりするけども、味は無味、透明。
とろみやつるつるもほとんどないが、床を白く染める析出物がなんともぐっとくる。

ついでに、夕食。
部屋食でした。
(実は、部屋食でないほうが好きです、私は。でも、部屋食しかなかったのですけどね)

松11

おいしかったなー。満足でした。

これまた蛇足ですが、ビールが「西郷どんどん!」

松12

NHK大河ドラマ「西郷どん」も始まり、鹿児島はますます熱いです!
楽しみな一年ですなー。

(成分表)

松

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

ひかりの郷
171227 ひかりの郷

鹿児島県出水市高尾野町大久保 5591




年も開けちゃいました。
このブログ、2012年の1月に始めまして、早6年めに突入しました。

当時、仕事の後輩に

「そんなに毎日温泉行ってるなら、ブログとか書いたらどうです?ゆはなさんのセクシーショット付きで!」

と言われ、そかそか、ブログ、いいかも!と思ったのがきっかけ。
無論、世間のお目汚しになるセクシーショットなどはないけどさ(苦笑)

以降、温泉ソムリエ取ったり色々温泉関係でご縁もいただき、感謝しきりです(なにに?)

どうぞ、本年も、この愚ブログ「ゆのきろく」をどうぞ宜しくお願いいたします。(たまに見てね、くらいで)




さて、そんな新年早々、昨年末に行ったゆのきろく。

出水市高尾野に新しくできた施設。
・・・と行っても、オープンして一年半たつけど(笑)

何回か来訪したのだが、いつものパターンで定休日だったりと、入浴に至ってなかったのだが、
今回、仕事で出水方面来訪の際、寄ったら開いてた♡

DSC_2445.jpg


こちら「ひかりの郷」。福祉施設・・・というか福祉推進施設というのかな、それに併設された温泉が一般開放もされている。
入湯料は390円。
発券機で購入し、受付に渡す。

やや施設の方の説明が、長すぎて煩わしい印象を受けたが(こらこら)、
それくらい施設について丁寧に説明をしてくださる。

福祉関連の施設という印象はあまりなく、広々とした空間に明るい光が差し込む気持ちのよい空間だった。

DSC_2459.jpg

昼食も摂れるとのことで、昼食も。
ワンプレートランチ。すごい量だった・・・。満足。

DSC_2461.jpg


さて、温泉。

一回の入浴人数を制限しているそうで、別棟の浴室へ行く際に履き替えるスリッパの数がその制限人数だそうだ。
とはいえ、30人分くらいあったかな・・・。
浴室の大きさから行っても、さほど気になる人数ではないかも。

スリッパを履き替え、別棟の浴室へ。

DSC_2446.jpg

脱衣室は脱衣棚のみ。
浴室が広い分、やや狭めには感じるけど、ドライヤーもあるし、もう充分。

DSC_2448.jpg

浴室は、サウナがついているものとそうでないものと2つあり、
一ヶ月置きに男女で交代になるそうだ。
この日は、サウナのある方だった。

DSC_2451.jpg


洗い場は10くらい。
アメニティーは完備。


DSC_2456.jpg

浴室の2面は大きなガラス戸でなんとも明るい。

時間が時間だったからね。
私、終始貸し切りの贅沢!

露天風呂もあり、その横にまた別棟でサウナがあった。(猫脚の小さな水風呂もあった)

DSC_2453.jpg


泉質は「単純温泉」。

温度が低いので沸かしてあるようだが、なかなか悪くない浴感だった。
主な成分は重曹になるのかな。
ややつるつるしていて、緑透明に濁っても見えるお湯。

味は殆どしないけど、成分表でみると、カルシウムイオンと鉄イオンが少々多めに感じる。
出水界隈って、白い析出物がつくカルシウム多めの温泉とよく出会うので、
その流れだよなーと思いながら入浴。

いやはや、気持ちよかった。
単純温泉が単純でない所以。

施設がしっかりしている分、ゆっくり入れる印象なので、
この界隈に来たら、また入りたいな。

いいお湯をいただきました。

(成分表)
DSC_2449.jpg


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
みょうばんの湯
171224 みょうばんの湯

鹿児島県鹿児島市武1丁目13−25




以前近所に住んでて、毎日通っていたみょうばん温泉

7月に廃業?したのだが、持ち主が変わり、もとの建物を改装して、オープン。

ありがたい話だよね・・・。
もともといつも人が多く、いい温泉だもの。
鹿児島の玄関口・鹿児島中央駅からも一番近い温泉なのでは?

ということで、リニュアルオープンから二日後、かな、ちょいと浸かりに行ってみる。

みょうば1
(ぼけてるがな)

建物はそのままだけども、ファサードは雰囲気良く作られている。

玄関を入ってすぐは、以前はコインランドリーだったのだが(実はこれはこれで好きだった)
綺麗な玄関に。

靴を脱ぎ、鍵付きの下足入へ。
色で男女分かれている。

みょうば2

番台があった部分は、ロビーのように綺麗になっており、ちょっとした休憩スペースも。
下足入の鍵を渡し、脱衣室のロッカーの鍵をもらうシステム。

入湯料は、鹿児島市内の他の銭湯と同じ390円。

脱衣室は、気持ち狭くなったのかな。

みょうば3

しかしながら洗面が増え、結構ガッツのあるドライヤーがなんと無料!これはとても嬉しい。

浴室は、以前の3連楕円のものを残していた。

みょうば4

洗い場は12くらいだったかな。
バックに桧の衝立が作られていた。
シャワーは固定式だけど、全て新しくなってた。

床に桧板は珍しいかな。
できたてなので、桧の香りが漂っていた。

でも、今でも滑りそうだったので、そのうちもっと滑るようになるかもねえ。
(グリーンの人工芝が敷かれる日がきそう (笑))

基本的なものはそのまま使われていたのでほっとした。

なによりも、つるとろの良泉は、健在。
嗚呼、本当にいいお湯だなあ・・・。

みょうば5

湯口が、以前より高い位置から落とされるようになっており、
ちょっとした打たせ湯のようになってた。
ご近所さん達が、これに喜んでいた(笑)

あと、入口付近に「かかりゆ」「あがりゆ」ができていて、これは好感度アップ。(個人的に)

家族湯はなくなったみたいだけど、提携の駐車場は増えた模様。
また近くに行ったら、ちょいと入ることができる、嬉しい。

嗚呼、いいお湯に入れてよかった^^

※一番イケてない外観写真以外は、温泉師範より提供。
 本来は、写真撮影は禁止だそうだにょ。

(成分表)

みょうば


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。