FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
ゆのきろく、します


日本有数の温泉地の鹿児島県
そして、銭湯が温泉の鹿児島市

もともと温泉好きでしたが、せっかくなので、色々なところに行ってみようなどとゆるく実践中。
・・・というか、単なる温泉バカになりつつある昨今。

温泉ソムリエマスター(温泉分析書・ダイエット・温泉ビューティー)にもなっちゃいました。

たまに遠出や旅行もあるかも。

自分なりの感想と備忘録です。

あくまでも自分の好みと感想の記録ですので、
気になる温泉がある方は、ぜひ、ご自分の肌で感じてみてくださいませ



※価格・営業時間、その他は入浴時のものや主観もあるため、 
 現況と差異がある場合もありますの。ご了承ください。




一覧はこちらでどぞ。

 鹿児島県内ゆのきろく
 鹿児島市内ゆのきろく
 鹿児島県内のなくなったゆ

 旅のゆのきろく(県外のゆのきろく)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




温泉コーナーにちょっとだけ協力させてもらいました

恋する鹿児島


ゆるめぐり連載してました

鹿児島ブランディング情報誌【リージョン】



お勧めブログとして認定されました

トリップアドバイザー鹿児島県の観光・ホテル口コミ情報



記事転載中

(KTSくらぶnikiniki.TV会員として)



協力させていただきました。絶賛発売中♪

ユメグリ鹿児島


スポンサーサイト
湯の川温泉:湯元 啄木亭
190325 湯の川温泉:湯元 啄木亭  

北海道函館市湯川町1丁目18-15




函館で温泉と言えば湯の川温泉でしょう。

啄木亭1

湯の川温泉の中でも、THE温泉ホテルに宿泊。
広いロビーから見事な日本庭園を望める、本当に立派なホテルだった。

啄木亭2


こちらの温泉も展望風呂と称し、最上階へ位置する。

広々とした脱衣室には、脱衣棚が並ぶ。
ロッカーはあったかなあ・・・。
アメニティーもとっても充実。化粧コーナーも数がありこれはありがたい。

浴室は大きな窓に面してそれは見事。
函館山や競馬所なども望める。

啄木亭3


サウナや露天風呂もあり。
露天風呂も景色がいいよー。

さて、泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」。
海岸線よろしく塩泉だけども、お肌の角質の修復が望めるカルシウムが豊富。
まあ、それ以外の金属系のイオンも多めなんだけど、
無色透明で、析出物などはほとんどない。(ちょっと塩の塊みたいのはあったかな)

総成分8000mg超のなかなか元気な湯なのだが、海水に入ってるような印象。
嗚呼、気持ちいいねえ・・・というお湯。(なんじゃそりゃ)

遊び疲れ、冷えた体には嬉しいお湯。
ぐっすり眠ることもできた。

今回は、アテンドの旅だったので、あまりコアな温泉はお預け。
道南は、行ってみたい温泉の宝庫なのだ。
また機会を改めて、今度は湯めぐりの旅に行くこととしよう。

しかし、相変わらず北海道の旅は、美味しいものばかりで太っちゃう・・・。

(成分表)
啄木亭


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ











知内温泉:ユートピア和楽園 知内温泉旅館
190325 知内温泉:ユートピア和楽園 知内温泉旅館  

北海道上磯郡知内町湯ノ里284




函館から松前方面に向けてドライブな一日。
入ってみたい温泉マップ(というのを作ってるアホな私)の中で通り道にあったので、立ち寄ってみるの巻。

知内1


知内温泉、なんと北海道さいこの歴史をもつそうだ。
かつては松前藩の湯治場。そして今に至る。なるほど。

知内2


立ち寄りを行っているこちらのお宿、「秘湯を守る会」のお宿なんだね。

立ち寄りは460円。
フロントにいた若いお宿の男性とても感じの良い方だった。

浴室は3つある。
「上の湯」「下の湯」そして「露天風呂」(混浴)。
5つの源泉がありすべてかけ流し。泉質も違うそうだ。
この料金ですべて入れるというから凄い。

時間が限られていたので一つだけ入ろうと思い
「どこがおすすめですか?」と聞いたら「上の湯がゆっくり入れるかもしれません」とのこと。

一応、全部散策(笑)


まず下の湯。
奥へ廊下をつるつるつると結構歩いていくとある。

知内3


コンパクトな脱衣室には、脱衣棚とロッカーあり。

知内5

知内4


浴室もまずまずコンパクトながら、なんともいい感じの雰囲気。

知内6


浴槽は二つに仕切られ、なんともアーティスティックな析出付着物が湯の良さを物語る。
お湯はそこそこ熱かった。
泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
重曹泉+塩泉といった感じなのだが、金属系のイオンもまずまず多いからかなあ、この色は。
感覚としてはうっすらとした土類系の印象が強かった。


そして、近くにある混浴の露天風呂へ。

知内7


ラッキーなことに人はいなかったので、写真だけ。

知内8

素敵です。
だが、脱衣所もすべて「見えます」。
やや茶褐色といえども、濁り湯ではないので、中に入っても「見えます」
ハードルの高い混浴だ。私には無理や・・・・。


それから「上の湯」へ行き、ゆっくりと入浴することに。

知内9

下の湯より総じて広い。
脱衣室には脱衣棚が並ぶ。

浴室は石積みがされた壁を望む、大きな浴槽が一つ。

知内10


緑がかった茶褐色のお湯が美しい。色からして絶対好きなお湯だもん。

洗い場は5つくらいあったかな。
アメニティーはなし。

見てちょうだいよ、この析出物。

知内11


もうキュンキュンしちゃうよね。

こちらの泉質も「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」。
下の湯よりやや温度が高いが成分は少なめ。


いや、まあ、入る分には結構熱かったよ。
頑張って湯口まで行って触ったけど、まあ熱かった。
けどいいお湯。

色に反して、そうガッツリ系のお湯でもなく、気持ちよく入れる。
重曹の甘さよりは、しっかりした出汁のような塩分のほうを感じるお湯。
浴感は土類系と思いつつも、そのあたりは、塩泉だなといった印象。

知内12


今回の函館(界隈)で入った3つの温泉の中では一番好きなお湯だった。
お宿の方もいい方だったしね。

旅の途中、良い湯をいただきました。

(成分表)
下の湯
知内下
上の湯
知内上


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

ラビスタ函館ベイ
190324 ラビスタ函館ベイ

北海道函館市豊川町12-6




甥っ子姪っ子の小学校卒業記念スペシャルとして、家族一同で函館旅行へ。
桜の開花が始まりつつあったこの日の函館は寒かった・・・。
雪がふっておったよ・・・。

函館は10年振りくらい。
すでに忘れつつある記憶の中、ベタベタな観光から。

ベイ1

金森倉庫群。
寒いので、室内はありがたいぜ。

近くに足湯があったが、冬季はやってない・・・。

ベイ2

さて、そんな函館の一泊目は、金森倉庫の隣に位置するこちらの大きなホテル。

ベイ3

ネットの口コミサイトいくつかで「朝食の美味しいホテル」で一位を獲ったホテルだそうだ。
(それで決めた次第。朝食大事よ。)

ベイ7

いやー。確かに、どれも外れ無しのバイキングで美味しかった。



それはさておき。


温泉があると思ってなかったのだが、あるとのこと。
最上階の展望露天風呂に喜々として向かうの巻。

おや。

ベイ4

残念なことにぶれた写真しかない私の記録・・・とほほ。

浴室内は撮影禁止だったので、写真はなし。
人も多かったしね。とても無理。
(脱衣所前の写真ですらこれだからね・・・とほほ)

ベイ5


「海峡の湯」と謳われた温泉は、
全く期待していなかった(ないとすら思ってた)私には、唸るほどのなかなか温泉だった。

脱衣所は脱衣棚が並ぶ。
ロッカーはなかったように思うけど・・・嗚呼、記憶が定かではない。
ホテルなので、アメニティーは完ぺきに完備。

まず浴室に入って驚いたのは、湯の色。
柔らかめのはっきりした錆色のお湯。
(温泉に入れると思ってなかった上に)きれいな色でテンションがあがる。

浴室は、思ったよりは広くない。
が、設備はとても整っていて、かけ湯もちゃんとしていたのがポイント高し。

洗い場が12か所くらいかな。
隔て板がついている個割タイプで高級感漂う。

サウナは乾式(遠赤外線)と湿式(ミスト)と二つあった。(入ってはないけど)

内湯は四角形のものが二つ。
循環のものとかけ流しのもの(と書かれてはいるけど加温だと思う)。

そして露天風呂は一人サイズの陶器風呂、檜風呂、樽風呂が点在。
それから大きな岩風呂があり、そこからは函館の夜景がなかなか綺麗に見える!
いやはや、見事。


泉質は「ナトリウム-塩化物温泉」。
海の近くなので想像通りだが、総成分33000mg超のなかなかごってりな強塩泉。
鉄イオンが9.1mgだから、あとちょっとで鉄泉でもある。
が、湯はサラリとしていて、まろやかな塩味のとても気持ちの良いお湯。
これは何時間でも入っていたくなる気持ちの良いお湯。(でも湯あたりするから気を付けて)


写真がないのが残念だねー。
でもいいお湯に、いい景色だった。


そうそう。
初めての経験?だったのだが、脱衣所の外の休憩場所では、
小さめアイスキャンディーが食べ放題だった。

三種類のアイスがあり、甘味を好んでいただかない私でも、
子供たちと一緒にはしゃいで食べてしまった次第。
いや。湯上りのアイスは美味しいぜ。(ビールの方が美味いけど)

そんな函館界隈の旅行。
いくつか温泉も入ったので、今後はその記録など。

(成分表)
ベイ6


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
熱海温泉:日航亭 大湯
190224  熱海温泉:日航亭 大湯

静岡県熱海市上宿町5−26




間欠泉のすぐ近くにあるこちら。

大湯1

以前は旅館だったそうだが(設えが旅館だもん)今は、日帰りの公衆浴場。
熱海駅からとろとろ観光しながら歩いて、15分くらいかな。(歩くの遅いからね)

向かいには「湯前神社」があり、これまたいい雰囲気。

大湯2


まずはこちらでお参りしてからね。

戦国時代には、この界隈に「熱海大湯本治」があり徳川家康もお気に入りの湯だったとか。
その由緒ある源泉は今でも「出世の湯」と呼ばれるのだそうだ。

大湯3


わくわく。

靴を脱いでからフロントへ行き、入湯料1000円を支払う。
それから廊下に沿って歩き、一度外に出て、湯小屋へ。

大湯4

湯小屋と言っても立派よ。

内湯と露天風呂とあり、それぞれ脱衣所があるが、浴室の中で繋がっている。

脱衣所は脱衣棚と鍵付きの脱衣棚、そしてロッカーあり、
ドライヤーもあった。

大湯6


古い感じだが、清掃が行き届いていて綺麗。

先ずは内湯。
レトロさを感じさせる設えで、個人的にはツボ。

大湯7


もくもくでわかんないけどね。

お湯は結構熱い。
湯口は、その泉質の成分を語れるほどしっかりした析出物がたっぷり。

大湯8

その泉質は「ナトリウム・カルシウム-塩化物泉」。
源泉温度94.5度というから、激熱の上に、なんとまあ、戦国武将向けの湯だことか。(は?)

キズや保湿に効果のある塩分は豊富。
その上「修復」というキーワードがあてはまる「カルシウム」と「メタケイ酸」が多い。
メタケイ酸なんて304mgだよ?凄いと思う。

総成分9000mg超の濃厚な成分でありながら、ガツンとくる浴感ではない。
pHは8.0と水素イオン指数はアルカリ性だが、つるつるというよりはさらり。
熱いのが好きな私には、これはなかなか気持ちの良いお湯。
入る価値があるお湯だった。

お隣の露天風呂へも。

大湯5

露天といっても半露天のような感じかな。
外部の気温も手伝って、こちらは少々内湯よりはぬるめになっていたので、入りやすかった。

またゆっくり来て、色々入ってみたい熱海。
楽しい静岡旅だった!

(成分表)

大湯


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ