FC2ブログ
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
ゆるりと綴る あくまで主観の温泉備忘録と温泉徒然。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ゆのきろく
自分の行った温泉記録です。主に鹿児島の温泉と旅の記録。
ゆのきろく、します


日本有数の温泉地の鹿児島県
そして、銭湯が温泉の鹿児島市

もともと温泉好きでしたが、せっかくなので、色々なところに行ってみようなどとゆるく実践中。
・・・というか、単なる温泉バカになりつつある昨今。

二つ星温泉ソムリエ になっちゃいました。
 温泉ソムリエマスター(温泉分析書、ダイエット・温泉ビューティー、地域活性化)
 温泉ソムリエアンバサダー



ちょこちょこと遠出や旅行もしてます。

自分なりの感想と備忘録です。

あくまでも自分の好みと感想の記録ですので、
気になる温泉がある方は、ぜひ、ご自分の肌で感じてみてくださいませ。



※価格・営業時間、その他は入浴時のものや主観もあるため、 
 現況と差異がある場合もありますの。ご了承ください。




一覧はこちらでどぞ。

 鹿児島県内ゆのきろく
 鹿児島市内ゆのきろく
 鹿児島県内のなくなったゆ

 全国のゆのきろく(県外のゆのきろく)





ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ




温泉コーナーにちょっとだけ協力させてもらいました

恋する鹿児島


ゆるめぐり連載してました

鹿児島ブランディング情報誌【リージョン】



お勧めブログとして認定されました

トリップアドバイザー鹿児島県の観光・ホテル口コミ情報



記事転載中

(KTSくらぶnikiniki.TV会員として)



協力させていただきました。絶賛発売中♪

ユメグリ鹿児島


スポンサーサイト
天然温泉 ホテル自治会館
190715 天然温泉 ホテル自治会館

鹿児島県鹿児島市鴨池新町7−4





先日の温泉ソムリエセミナーの会場は、鹿児島県庁の目の前のこの施設だった。

400人入るホールから12人と少人数の会議室がある施設なのだが、
実はビジネスホテルであることを知らない人も多い。
でね、しかも、自家源泉の温泉までついているというのだから、すごい。

個人的には、とても利用しやすい立地なので、施設自体は良く利用するのだが、
ホテルには泊まったことが、ない。

そう。
宿泊しないと入れない温泉なのだ・・・!(いわゆる、「のみ不可」)

だが、この日、施設を利用したこともあり、なんと見学させていただくことに・・・!
嬉しい!

温泉は6階にある。

自治1

左右の浴室は、日替わりで男女が入れ替わるのだそうだ。
まずは広い方の浴室へ。

自治2


想像していたよりも、ずっと綺麗で広く、素敵だった!

脱衣室には鍵付きの脱衣棚が並ぶ。

自治3

浴槽の案内もばっちり。

加水加温循環消毒すべてあり(笑)
ただ、上がり湯だけは少しの消毒のみらしい。

浴室も広々!

自治4

この規模のホテルで、この浴室の大きさはなかなかのものだと思う!

洗い場は10くらいありアメニティー付き。
ブース状に個別化してあるのは、ホテルならでは。

奥に弧を描いた浴槽があり。

むっちゃいい・・・。
立ち寄りしてくれないかなあ・・・。

泉質は「ナトリウム-塩化物温泉」。
総成分12000kg越えの、なかなかガツンとくるであろうお湯。
なめてみると、はっきりした塩味と少々のえぐみを呈するお湯。

近くにある「真砂温泉」とは、違うお湯。
どちらかといえば「サンロイヤルホテル」に近いのではと思う。

いやー。いいなあー。デーリーユースで利用したい。



小さいながら、露天風呂もあった。

自治5

近くのビルから、見えるかも(笑)


次に、小さい方の浴室に移動。
小さいとはいえ、十分な広さがある脱衣室。

浴室も、結構広い!

自治6


全然テイストが違うのがいい。

ガラスブロックから差し込む光は美しく、それだけでもそそられる。

こちらは露天はないが、こっちもいいなあ・・・。



自宅から利用しやすい位置に、この設備。
うーん。立ち寄り湯があったら、私、結構行くだろうなあ・・・・。

見学させてくださってありがとうございました。
私たちがあまりにも「すごい!広い!」言ってたので、「これで広いの?」とおっしゃられてしまいました(笑)
広いよ。私が見たビジネスホテルの浴室では広い方だと思う!

(成分表)
自治

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



セミナースタッフと、サプライズ認定
190715 セミナースタッフと、なんと!サプライズ認定




去る7月14日に温泉ソムリエセミナー、15日に温泉ソムリエステップアップセミナー(温泉分析表マスター)が行われた。
新潟より、遠間和弘家元を招いてのセミナー。むっちゃ貴重な鹿児島開催。

・・・なのだが、先の大雨情報を受け、直前でキャンセルが相次いだそうだ。
(正直、鹿児島在住であると、え??なんで、これでキャンセル?だいぶ前の話なのに?という印象だったのだが)

それでも、家元は、一人でも参加者がいるのであれば、行きますよと言ってくださり・・・・
なんと嬉しいことだ・・・T-T

で、少人数となったが、開かれたセミナーでスタッフとしてお手伝いした次第。

アンバサダー

鹿児島県庁前のとても良い会場だった。
結局、丸二日、スタッフながらも、後ろでずっとセミナーを拝聴した。

いや。
もう。
改めて勉強になったから!


私が知っているなかでは、家元以上に話の上手な人はいない。
温泉に興味がなくても(え?)、この話術は色々な勉強になるし、必聴だ。




さて、その日の夜は、「温泉ソムリエ@鹿児島 ノンカタ」。
「ノンカタ」とは、鹿児島弁で「呑み会」のこと。

新旧入り乱れて、そりゃあ楽しい呑み会の席での話。  ←あ、私、幹事でした。


いきなり家元から名前が呼ばれ、
「温泉ソムリエアンバサダーに認定します!」


・・・(@ ̄□ ̄@;)!!


いや、もう、全然知らなかったから、(そりゃそうだ、サプライズだったらしい)
びっくりして
びっくりして
びっくりして・・・。

67354818_2336388516442244_2909835902043815936_n.jpg
(どうせぼかすんだから、ぼけた写真を使う)

温泉ソムリエアンバサダーはwikiによると

「メディア、またはメディアに匹敵する波及力のある組織等を通して、
温泉ソムリエの肩書きにて温泉ソムリエ協会が提唱する
「温泉の魅力」と「正しい入浴法」を継続的に広めることができる者」

とのこと。

温泉ソムリエのライセンスの中でもハードルが高く、誰にでもなれるものではない。(のに、なぜ私?)
六三四師範が推薦してくれたとのことなのだが、前日も全然そんな素振りみせなかったじゃないかー(;゚Д゚)・・・!

驚きました。そりゃ、もう。

もう、メディア関係者でもなく、タレントでもない私が、アンバサダーなどという過ぎたライセンスを頂き、
ますます精進して、頑張っていこうと決意を新たに・・・って、なにができるんだろうか・・・トホホ。

だが、周りのみんなが「納得だよ!」ととても喜んでくれて、それを聞いていたら、単純に私も嬉しかった。

鹿児島メンバー、いい人ばかりだ。

66843355_2349002868546144_3181912962029846528_n.jpg

今後も、鹿児島の温泉のために、できることがあったら協力していきたいな、と思う。

annann.jpg

というわけで、
私、温泉ソムリエアンバサダーになっちゃいました!

ひゃーー💦



ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ

極楽温泉 匠の宿
190712 極楽温泉 匠の宿

宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田7449




宮崎の湯之元温泉のすぐ近くの、極楽温泉もいい温泉だよ、と聞き、行ってみるの巻。

本当に近いところにあった。
宿泊もできるし、食事もできるし、なんかいい感じの風情。

極楽1

立ち寄り温泉は、入湯料400円。

飲泉もある。これは貴重!
飲んだ感じは、土類系でありながらもすっきりした感じ。

極楽2

別棟で、男女分かれる。

極楽3

脱衣所は、こぎれいな体で、脱衣棚が並ぶ。
奥に鍵付きのロッカーもあり。
ドライヤーも無料であり。ありがたい。

極楽4


さて、入浴。

洗い場は6つくらいだったかな。
アメニティー付き。

感じのよい浴槽が一つ。

極楽5

これ、一枚石をくりぬいてるよね?すごいなあ。

浴槽には、赤茶けたお湯が張られている。
うーん。いい色♡

温度は適温だが、この温泉の源泉の温度は19度とのことなので、これは沸かし湯。

嬉しいことに、ちゃあんと、源泉を提供している浴槽が奥にある。

極楽6

超高濃度炭酸泉」との表記あり。
(厳密には違うのだろうけど、まあ、すごさを感じていいよね!)

極楽7

さて、泉質名は「単純鉄(Ⅱ)冷鉱泉」(ん?単純含鉄・・・かな。いや違うよね・・・調べよう・・・)

貴重な泉質と言ってもよく、かつ個性もしっかり放っている、むっちゃ気持ちよいお湯。
鉄泉と言っても、錆色のつきにくい二価鉄がが主体なので、源泉浴槽は無色透明。

極楽9

ちょっと泡がついてるの、わかるかなあ?

二酸化炭素泉(炭酸泉)にはならないけど、726mgとなかなかの量。
それでいて、源泉温度が低いし、鮮度も高いからちゃんと泡を感じられるってことなんだと思う。

いやーん。素晴らしい。

水風呂バリに冷たい源泉浴槽と、加温した浴槽と、交互に入浴すると、
もう気持ちよすぎて、エンドレス入浴!


露天風呂もある。

極楽8

こちらも加温してあるので、いい感じに茶褐色。
これもこれで、気持ちいいのだ♡

ふらっと来訪してみたが、想像していたよりも何倍も好きなお湯で、嬉しいったらありゃしない。
県境界隈にも、まだまだいい温泉沢山ありそう。行脚しなくては。

梅雨の晴れ間の素敵時間。
いいお湯を頂きました。

(成分表)
極楽


ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ



黄金崎不老ふ死温泉
190701 黄金崎不老ふ死温泉

青森県西津軽郡深浦町舮作下清滝15−1





これまた、私、ずっと行きたいと思ってた温泉。
念願叶って、立ち寄り入浴で行ってみる。

不老不死1

ああ、これ見ただけで感無量。(まだだ)


先ずは建物の中に入り、発券機で入浴券を購入。

不老不死2

日帰りは600円。湯あみ着がレンタルで200円。

こちら、混浴だと聞いているが、女湯もあるらしい・・・。
この瞬間ではシステムがいまいち判っていなかったため、発券機の前で悩みに悩んで、湯あみ着もレンタルしてみた。


フロントに行き、説明を聞く。


露天風呂にいくには、まずは、内湯で体を洗ってから、また着替えて、外に出て、露天風呂に行くそうだ。
露天風呂は女湯混浴とあるとのこと。
(あれ?湯あみ着、いらなくね?まあいいや。)

一度外に出るので、印?を腕につけた。

不老不死3

先ずは内湯。

不老不死4


貸切だぜ!

脱衣所は脱衣棚が並ぶ。
明るくて綺麗。
ドライヤーも完備。

浴室は、洗い場が20くらいはあったかなー・・・。
アメニティーも完備。(宿泊もあるもんね)

浴槽は大きなものが一つ。

不老不死5

むー。
テンション上がる色だぜ。

不老不死7

気持ちいい♡

不老不死6


泉質は「含鉄-ナトリウム-塩化物塩泉」。(塩化物温泉でいいかな)

うん。レア泉質入りまくりの旅。
なんと贅沢。

総成分量 250000mg超のガッツリ温泉。
とはいえ、さらっとした浴感が気持ちよく、程よい温かさ。(加水あり)

ぎりぎり鉄泉の20mgに加え、強めの塩湯に隠れてるけど、
マグネシウム、カルシウム、硫酸、炭酸水素各イオンは1000mgを超えている。


うーん。この後の運転大丈夫か?私(笑)


強烈な塩味が勝つので、他の成分の味はわからなかった。


もう内湯だけでも満喫。
だが、火照る体にまた服をまとい、いざ、念願の露天風呂へ!

不老不死8

一度外に出る。

正面に見えるのが露天風呂だ。

不老不死9

右側が混浴の露天風呂で、左側が女性の露天風呂。

女性の露天風呂に入る。
露天風呂は写真撮影禁止なので、なしね。

どーんと日本海を見る・・・というかむしろ日本海しか見えないロケーション。
そこに作られた浴槽の中の温泉は、見事な茶褐色。

色のコントラストが映える。

熱くなったら座って潮風でほてりを覚まし、また入浴する。


うーん。至福のひととき。


女性の露天風呂は、円形でやや小さめ。
それでも素敵なロケーション。


ここも満喫して上がると、混浴の方から、一人の男性が出てきた。

 「こちらの混浴、今、誰か入ってらっしゃいます?」

男性「俺だけだったよ。誰もいないよ。一緒に入る?」


いえいえいえい・・・

そう言いながら立ち去る男性を尻目に、
「ラッキー!」と心の中で叫びつつ、混浴風呂へ。

うーん。これよ、これ。

ひょうたん型の浴槽に見事な茶褐色の温泉、そして、バックに広がる日本海。
いや、絶景。

内湯に貼られていた注意書きの張り紙だが、こんな感じ。

不老不死10


嗚呼、感無量♡



(というわけでね、せっかくのレンタル湯あみ着は使わず・・・)

旅先で良い湯を頂きまくり。
嗚呼、しばらくはこの余韻に浸れるわ・・・。


(成分表)
不老不死

ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ